* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.01.31

神戸のショコラトリーの先駆け
「ラ・ピエールブランシュ」

writer : 並河智子

ラ・ピエールブランシュ外観
チョコレート色のかわいらしい外観に、アリさんのロゴマークが書かれた黄色い看板。神戸・元町の「ラ・ピエールブランシュ」は、2003年に「本物のチョコレート文化を日本に根付かせたい」という思いで、白井忠志シェフがオープンしたお店です。スイーツ店が立ち並ぶ神戸でも、当時はまだ珍しかったショコラトリー。開業してから10数年が経ち、今ではその先駆けとして、地元の人や観光客に愛されるお店になっています。
店内
こじんまりとした店内には、商品がぎっしりと並びます。ボンボンショコラをはじめ、タルト、焼き菓子、コンフィチュール、期間限定のケーキやアイスクリームなど、見ているだけでうきうきするような幅広い品揃え。2階の工房で、すべての商品を手作りしています。

素材本来の味を大切に作るボンボンショコラ

ボンボンショコラ
店に来たお客さんのほとんどが買い求めるボンボンショコラは、時期によって30~50種類。一口に「チョコレート」と言っても、コーヒーと同じで、原料のカカオによって香り、味、風味もさまざま。素材本来の味を大切に「シンプル、ピュア、ナチュラル」をモットーに、ひとつひとつのショコラを作っています。
ボックス入りのボンボンショコラ
1粒単位で販売していますが、お土産にするならボックス入りを。どれでも好きなショコラを選んで箱詰めしてもらえます。スタッフさんが、一粒ずつ味の説明を丁寧にしてくれるので安心。どれを選べばいいか分からない!という方はお任せで頼めば、酸味のあるもの、フルーツの入ったもの、ミルク系、ビター、お酒の入ったもの…というように、バランス良くチョイスしてくれます。

4個入り(1,450円~)のボックスにこの日選んでもらったのは、左上から時計回りにベネズエラ、カルバドス、フレーズマント、エスカルゴの4つ。

お酒にも、コーヒーにも合う「エマンセ&エギュイット」

エマンセ&エギュイット
持ち運びにおすすめなのは、常温で保存可能な「エマンセ&エギュイット」(1,720円)。コーヒーはもちろん、お酒のお供にも合いそうな大人な味わいのチョコレート菓子です。オレンジ、晩柑など柑橘系の果物を砂糖漬けにしたものに、チョコレートをコーティングしています。しっかりした甘さのあるオレンジにはビターチョコレートを、少し苦味のある晩柑には、やわらかな甘さのミルクチョコレートを合わせて。果物の酸味とさわやかな香りと、チョコレートのハーモニーを楽しめます。

チョコレート好きに食べてほしい「タルト・オ・タラカン」

タルト・オ・タラカン
「タルト・オ・タラカン」(1,500円)は、カカオ分75%のクーベルチュール「タラカン」をふんだんに使用したチョコレートタルト。サクサクのタルト生地にの上に、チョコレートクリームを流しこんで作ります。口溶けがよく、濃厚なのにすっきりしたあと味。チョコレートのおいしさをシンプルに味わうケーキです。台数限定で、売切れがでる日もあるそう。お店で見かけたらぜひ!

魅力的な商品たちは、どれも食べてみたくなる

目移りしてしまうたくさんのお菓子
その他にも、りんごや洋ナシなど季節のフルーツを使ったタルト、バターたっぷりのフランスの伝統菓子など、目移りしてしまうお菓子がたくさん。フルーツと砂糖だけを使った手作りのコンフィチュールも、シェフの商品づくりへの思いが詰まっています。
ギフトボックス
ひとつひとつの商品すべてに、こだわりが見えるラ・ピエールブランシュのお菓子たち。神戸のお土産に、きっと喜ばれます。クッキーやパウンドケーキなどの焼き菓子や、エマンセなど好きな商品を選んで、ギフトボックスに詰めてもらうことも可能です。

スマートポイント

  • 神戸・元町にある「ラ・ピエールブランシュ」は、チョコレート専門店がまだ珍しかった2003年にオープン。ボンボンショコラをはじめ、焼き菓子や生ケーキ、コンフィチュールなど品揃えが充実している。
  • ボンボンショコラは時期によって30~50種類ほど。自家製のプラリネが香ばしい「エスカルゴ」や、りんごの蒸留酒が入った「カルバドス」など。スタッフが一つずつ丁寧に教えてくれるので安心。
  • マドレーヌ、クグロフ、クッキー、ブラウニーなどの焼き菓子はボックスの詰め合わせもある。お歳暮やお中元、プレゼントに発注するお客さんも多い。

ライターのおすすめ

取材の間、午前中にも関わらずお客さんがひっきりなしでした。仕事用の手土産にショコラの詰め合わせをオーダーする人、お気に入りのクッキーをまとめ買いする人…お店の味への信頼が伝わってきました!

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0