* menu
閉じる

服装・持ち物服装・持ち物

2021.08.16

10月の北海道は秋?冬?
気温・服装・持ち物を分析!

writer : 編集部

10月の北海道は、「今年の初雪はいつごろかな?」と話題が出始め、早い地域では初雪も観測されます。駆け足でやってきた秋の気温も、中旬、下旬になると一気に冬の気温になります。
秋だと思って出かけたら冬だった…なんてこともありますので、服装選びにはとくに気を遣いたいところ!ご提供する情報を参考に、完璧な服装・持ち物で北海道旅行にお出かけくださいね。
北海道らしい牧歌的な雰囲気

国内旅行はジェイトリップ

秋から冬へ!気になる10月の気温を徹底分析!

紅葉が見頃を迎え、イクラ丼などおいしい秋の味覚も楽しむことができる10月の北海道。気温は一気に下がり全域で寒さを増します。北海道各地の最高気温と最低気温は、9℃~10℃ぐらいの温度差があり、昼間の暖かい時間と朝晩の寒い時間でかなり気温が変わってくるのが特徴です。上旬では日中はまだポカポカ暖かい日もありますが、日中からストーブをたき始める家庭もあるとか。とくに山間部や海岸沿いは風が強かったりするので、厚手の服装に加えて、風を防ぐことのできる上着が必要になってきます。

10月の札幌市の平均気温は11.8℃。
例年の10月の最高気温は16.2℃、最低気温は7.5℃です。ちなみに函館市の最低気温は7.4℃、釧路市は5.5℃、旭川市においては3.9℃まで低くなります。
10月下旬には札幌市の平野部でも初雪が降ることがあり、寒い日がかなり増えます。本州では10月はまだ秋ですが、北海道では下旬になる頃には冬だと言ってもいいかもしれませんね。
10月が終わりを告げる頃、日没も一気に早くなり16時30分前後となりますので、観光などで明るい時間帯に訪れたいスポットへは早めに行きましょう。

・10月上旬の札幌市の気温と服装

平均気温は14.0℃、一日の最高気温は18.5℃、最低気温は9.7℃です。
2020年10月1日の最高気温は19.9℃、最低気温は15.1℃でした。
上旬はまだ「秋」ですが、朝晩は10℃以下になることもあります。
冬支度までは必要はありませんが、小さくまとめて袋に収納できるような薄いダウンジャケットをカバンに入れておけば安心です。

・10月中旬の札幌市の気温と服装

平均気温は12.0℃、一日の最高気温は16.4℃、最低気温は7.7℃です。
2020年10月15日の最高気温は13.0℃、最低気温は7.6℃でした。
日によって「秋」だったり「冬」だったりと忙しい時期です。
日中でも寒さを感じますので、薄いダウンジャケットはカバンの中ではなく、着ることになるような気候です。

・10月下旬の札幌市の気温と服装

平均気温9.7℃、一日の最高気温は13.8℃、最低気温は5.5℃です。
2020年10月31日の最高気温は13.4℃、最低気温は6.7℃でした。
「秋」ではなく「初冬」です。朝晩はかなり気温が下がりますので、朝晩に屋外で過ごす場合や、標高が高い場所、風を防ぐような建物が少ない郊外へ行く場合にはコートやダウンジャケットはもちろん、マフラーや手袋など微調整ができるようなアイテムがあると安心です。

・晴天率

10月の北海道は空気がピンと張り詰め、雨も降りやすいのが特徴です。
2016年の10月で一日のうちに雨または雪が降らなかった日は、札幌市で7日、函館市で11日、釧路市では少し増えて19日ありました。

・紫外線

上旬では、まだポカポカ陽気の日もありますが陽射しは弱く、紫外線対策は必要ないと考えて良いでしょう。

・積雪量

10月の平均積雪量は札幌市で2cm、旭川市で3cm、函館市は0cm、釧路市も0cmです。

国内旅行はジェイトリップ

10月の北海道では冬服の出番も!気温に合わせてご準備を!

・朝の服装

朝方はとくに冷え込み、10℃を下回る地域もあります。薄手のコートや薄いダウンなどを着てしっかり寒さ対策をしましょう。

・昼の服装

上旬の日中は長ズボンにパーカーやジャケット、セーターなどで過ごしても大丈夫です。10月下旬になると日中でもさらに気温が下がり寒い日があるので、薄手のダウンや羽織るものを持っておくのが無難です。

・夜の服装

最低気温が氷点まで下がることはありませんが、朝同様冷え込みます。薄手のコートや薄いダウンなどで寒さ対策をしましょう。夜景を見に行く予定のある方は、マフラーや手袋の準備もしておくといいですね。

上旬ではまだポカポカ暖かい日もあったりするので、日中は長ズボンにパーカーやジャケット、セーターなどで過ごしても大丈夫です。
中旬、下旬になると一気に冬が来るような気温になり、ウールコートなど厚手のコートが出番を迎えます。
靴は上旬・中旬はスニーカーなどで問題ありませんが、下旬になると初雪が降る地域があります。初雪が降るといってもそのまま積もることはあまりありませんが、念のため滑り止め付きの靴を用意しておくと安心です。
このように、10月の北海道は9月同様、上旬と下旬で着る服が大きく変わってきます。上旬・中旬は秋と冬の中間ぐらいの服装、下旬は冬の服装と思っていいでしょう。冬服はかさばって荷物になる…とおっしゃる方は、インナーやタイツをヒートテックに変えるなどして体温調節するのもオススメです。
この季節は、少し厚着するぐらいの服装で行って、暑ければ脱ぐ!ぐらいの感覚でいるのがいいかもしれませんね。週間天気予報などで行く日の気温を事前にチェックして、寒さに震えることなく北海道旅行を満喫しましょう。

・北海道観光にあると便利な持ち物

10月の北海道には秋と冬が混在します。手袋・マフラー・ストール・ニットの帽子などをカバンにしのばせておけばとても重宝します。

紅葉にグルメに見どころ満載!

10月の北海道は紅葉の見頃を迎える季節。札幌市周辺で上旬~中旬、旭川市は中旬、知床は上旬、道南は中旬~下旬が目安です。中でも紅葉の名所として知られる定山渓、壁を覆うツタの葉が赤く染まる小樽運河沿いの古い倉庫群はオススメのスポット。自然が織り成す色彩の風景が、あちらこちらで見られるこの季節ならではの北海道をお楽しみください。

国内旅行はジェイトリップ

PR

記事検索

ツアー検索

102+