* menu
閉じる

服装・持ち物服装・持ち物

2021.09.01

11月の北海道の気温は?
防寒対策バッチリの服装はこれ

writer : 編集部

11月の北海道旅行は服装に一番悩む季節かもしれませんね。
そこで過去の11月の気温をもとに、どんな服装や持ち物を準備すればよいか徹底分析しました。あなたの快適な北海道旅行にお役立てください。

晩秋から初冬へと移り変わる北海道!11月の気温は?

本州では11月は紅葉が見頃になる秋ですが、北海道では街路樹が葉を落とし、冬の気配が感じられる季節です。
上旬には早くも各地で初雪が観測され、ほとんどの地域で平均気温が5℃以下となります。
日中の気温は本州の温暖な地域の真冬に相当する10℃前後、朝晩の気温がマイナスになることも珍しくありません。日照時間は北海道全域で格段に減り、札幌市では一日の平均日照時間が3.3時間となります。11月下旬にはスキー場オープンの話題が聞こえてきて、長く厳しい北国の冬が始まります。

・11月上旬の札幌市の気温と服装

平均気温は7.6℃、一日の最高気温は11.6℃、最低気温は3.5℃です。
2020年11月1日の最高気温は15.4℃、最低気温は6.7℃でした
上旬はまだ晩秋のような陽気の日もありますが、朝晩はかなり冷え込みます。
厚手のコートやダウンジャケット、マフラー、手袋があったほうが安心です。

・11月中旬の札幌市の気温

平均気温は4.5℃、一日の最高気温は7.9℃、最低気温は1.1℃です。
2020年11月15日の最高気温は11.3℃、最低気温は0℃でした。
厚手のコートやダウンジャケット、マフラー、手袋は必須です。
札幌市の市街地でも雪やみぞれがよく降りますが、日中には溶けることが多いので、足元は、ブーツなど防水性がある靴がおすすめです。

・11月下旬の札幌市の気温

平均気温は2.6℃、一日の最高気温は5.9℃、最低気温は-0.6℃です。
2020年の11月30日の最高気温は2.7℃、最低気温は-1.2℃でした。
札幌市の市街地でも雪が降る日が多くなり、日中でも溶けない事もあります。
慣れない雪道ではスニーカーやヒールはキケン。冬用のブーツがおすすめです。

国内旅行はジェイトリップ

・晴天率

2020年の11月で、日中に雨または雪が降らなかった日は札幌市で11日ですが、11月は冬独特の曇天が多いです。

・積雪量

月平均の積雪量は札幌で32cm、函館で27cm、釧路で5cm、旭川では107cmです。
この時期とくに積雪量の多い旭川では、月の半数以上の日に積雪が見られるようになります。

この季節の北海道は、秋から冬に向かって急速に気温が下がるのが特徴。かなり冷え込む日が多く、雪が積もったり溶けたりを繰り返します。
11月下旬には雪が根雪になるところも多くあります。雪道に慣れていない方は、車を運転しての移動は避けた方がいいかもしれませんね。事前に週間天気予報をチェックする際は、気温はもちろん雪の状況も確認することをおススメします。

国内旅行はジェイトリップ

秋の装いでは寒すぎる~!11月の気温に適した服装は?

冬の装い

・朝の服装

気温が氷点下になることも珍しくありません。冬用のあったかインナーをチョイスして防寒力をアップしましょう。

・昼の服装

雪が降り始めるこの季節は、羽織るコートも秋物から冬物にチェンジ。厚手のコートやダウンジャケットが必需品になります。真冬並みの寒さがやってくる下旬には、マフラーや手袋、ニット帽などは必須アイテム。ズボンの下にはヒートテックのタイツなどを履いたほうが快適に過ごせます。
ただし、北海道の屋内は暖房が効いていて、屋外との温度差がかなりあります。
コートの下に、厚手のセーターを着込んでしまうと、屋内では暑くて気持ち悪くなることも…。
厚手のセーターよりも、春秋用のシャツに薄手のセーターやカーディガンを羽織るなど、重ね着で調整できるコーディネートがおすすめです。

・夜の服装

夜は5℃を下回り氷点下になる日もあります。夜の観光に出かける際は、昼間の服装にプラスで分厚い靴下を履くなどして、足元の冷えにも注意しましょう。

11月の北海道は、かなり冷え込む日が多く、雪が積もったり溶けたりを繰り返す日が多くなります。基本的に本州の12月の服装で大丈夫ですが、肌に直接着るインナーやズボンの下にはヒートテックを。首元に入ってくる冷たい風は、タートルネックやマフラーなどで対処しましょう。
また、靴はヒールなどを避け、ブーツや防寒靴を履くのがベスト。アウトドアを予定されている方は、雪に対応するスノトレを準備しておくのもいいですね。
この季節、道産子は慣れているのか、比較的薄着ですが、道外からの方にはこたえる寒さです。ニュースなどに映っている道産子の薄着に惑わされず、しっかり寒さ対策を!トップスを上手く重ね着して寒さ知らずで北海道旅行を楽しみましょう。

・北海道観光にあれば便利な持ち物

道内の各地で雪が降り始めるこの季節、使い捨てカイロは体温を調節してくれる強い味方です。首筋に貼ると、前身が効率よく温まり、暑いときは外しやすいのでおすすめ。また、とくに冷え性の方は、靴下用のカイロもあればなお安心です。
11月中旬~下旬は、雪が積もったり融けたりという中途半端な時期です。シャーベット状の道を歩いて靴が濡れてしまった…なんてことにならないように、足元の防水対策はしっかりと!携帯用の防水スプレーをカバンにしのばせておけば便利ですよ。

この季節ならではのイベントを見逃すな!

全国的に観光シーズンたけなわの11月。北海道にもこの季節ならではの魅力がいっぱいです。中でも、11月中旬前後から開催される「小樽ゆき物語」、1981年から始まった「さっぽろホワイトイルミネーション」など、北海道をロマンチックな雰囲気に包み込むイルミネーションは見ておきたいところ。寒さをおしてでも夜プランに組み込む価値あるイベントです。

※こちらは、公開日が2017年8月14日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

国内旅行はジェイトリップ

PR

記事検索

ツアー検索

34+