* * menu
閉じる

旅行コスパ旅行コスパ

2022.09.28

全国旅行割 最新情報!10月11日開始 ”いま”準備すべきこと

writer : 編集部

10月11日開始で現在調整中!全国を対象とした観光需要喚起策「全国旅行割(全国旅行支援)」についての詳細や最新情報をまとめました。

全国旅行割とは、政府の財政支援を受けて各都道府県が実施している「県民割」の全国版のこと。

宿泊料金に対しての割引支援が中心で、飛行機や新幹線を使ったり、旅行客が少ない平日に旅行をすると補助額が上乗せされます。旅行中に使える地域クーポン券も合わせると、1人あたり1泊あたりの補助額は最大で11,000円となるので県民割より4,000円多くなります。

全国旅行割の受付開始時期や対象となる都道府県、詳しいルールなどが政府より正式に発表され次第、お知らせします。

なお、ジェイトリップツアーではメルマガ会員様を対象に「先行販売」を実施いたします。ご登録がまだの方はこの機会にご登録ください。

J-TRIPメールマガジンで最新情報を配信中

全国旅行割はどれくらいおトク?

旅行代金の40%相当が割引され(交通付旅行の場合、1泊あたりの上限8,000円)、GoToトラベルのように、現地で使える地域クーポン券(平日は3,000円分、休日1,000円分)が付与される予定です。

全国旅行割
割引率 40
割引上限額
(1人1泊あたり)
交通付 8,000
その他 5,000
クーポン券
(1人1泊あたり)
平日 3,000
休日 1,000
対象 全国の都道府県からの旅行
※各都道府県からの申し出があれば、当該都道府県を目的地とする旅行を支援対象から除外する
条件 「ワクチン接種歴3回」または、
「PCR検査等の陰性結果」など

最大で受けられる1泊あたりの補助額は、交通付の平日旅行で11,000円(割引8,000円+クーポン3,000円)となります。

開始時期はいつ?

日本時間9月22日の夜、アメリカを訪問中の岸田総理が現地で記者会見を行い、10月11日より全国旅行割(全国旅行支援)を開始すると述べました。

また、9月26日午前の会見で斉藤国土交通大臣が観光庁としても10月11日から全国旅行割を開始する意向であると述べ、さらに現在実施中の県民割(地域観光事業支援)については10月10日宿泊分(10月11日チェックアウト分)まで延長すると発表しました。

全国旅行割は、10月11日宿泊分からの開始となるでしょう。

ただし、準備ができた都道府県から開始されるので、開始時期は少しばらつきがあるかもしれません。

同時に新型コロナウイルスの水際対策も緩和されるため、海外から日本を訪れる外国人観光客の増加が予想されます。人気がある旅行先の予約は争奪戦になりそうです…。

開始前に予約するなら

全国旅行割の開始が確定すれば、予約が殺到し、人気の日程や人気のホテルから売り切れてしまうことが予想されます。また、GoToトラベルや県民割などの傾向から、航空会社やホテルが料金を値上げし、ツアー料金が高くなる可能性もあります。
旅行する日程が決まっている場合は、開始前のご予約がおすすめ。

ただし、予約を取り直しせずに、あとから割引を適用できるかについては事務局からの正式発表をお待ちください。
全国旅行割対象プランへの乗り換えのために、キャンセルが相次ぐと旅行会社やホテルで混乱が生じます。すでに予約済みの方は正式発表があるまで待った方がいいでしょう。

しかし、開始されない場合や条件を満たさない場合は割引が受けられないので注意が必要です。連休や年末年始など、繁忙期は対象外となる可能性もあります。また地域クーポンはご宿泊のホテルでの受け渡しとなるためホテルが全国旅行割に参画し、クーポンの配布に対応しているかどうかの確認も必要です。

先の日程の旅行を予約済みの方は、申し込んだ旅行会社が全国旅行割に参画する予定があるかどうか、予約したホテルが全国旅行割に参画しているかどうかを確認しておきましょう。

ジェイトリップツアーは、全国旅行割に参画し販売準備を現在すすめております。

メリット
・希望の日程、ホテルの予約が取りやすい
・安い?(始まれば値上げが予想されます)
デメリット
・旅行先や日程によっては割引支援を受けられない可能性あり

開始後に予約するなら

確実に全国旅行割(全国旅行支援)を活用して旅行を予約したい場合は、正式発表を待ちましょう。
各旅行会社に割り当てられる予算には限りがあるので、売り切れてしまった場合には予約できないので注意が必要です。

メリット
・条件等を確認した上で予約できる
デメリット
・即完売する可能性あり

ジェイトリップでは、全国旅行支援の販売開始が確定次第、メルマガ会員様を対象に一般販売に先駆けて先行販売を実施します。メルマガの登録がお済みでないお客様はこの機会にご登録ください。

J-TRIPメールマガジンを登録(無料)

ジェイトリップなら開始前の予約でも安心

ツアーを利用する場合、航空券手配の都合上、予約した日から取消料が発生します。現在ジェイトリップでは、2023年1月10日出発までのツアーを対象にキャンセル料が実質0円になる「安心サポート」を実施しています。取消の際は、規定のキャンセル料が発生しますが、支払ったキャンセル料は全額Jマイルポイントで還元します。

予約した後に、全国旅行割の対象外となりキャンセルしたい場合はこういったキャンペーンを活用しましょう。

現時点で、全国旅行割の対象期間は12月下旬までと発表されています。
ただし、多客時は除外される予定と報道されているので連休や冬休みは除外される可能性が高いでしょう。

準備しておくことは?

現在実施されている県民割をチェック
全国旅行割(全国旅行支援)は各都道府県ごとに実施されるため、利用条件が若干異なります。

現在実施されている「県民割(地域観光事業支援)」の利用条件やルールがそのまま踏襲される可能性が高いので、旅行先の都道府県が県民割を実施しているか確認しておきましょう。地域クーポンが利用できる店舗も同じである可能性が高いので、現地でのアクティビティやお土産を買う場所の目星をつけられるかもしれません。

沖縄県の全国旅行割「おきなわ彩発見NEXT」など、すでに公式サイトができている都道府県もあります。
他にも、鹿児島県のように離島へのツアーは割引支援を上乗せするなど、独自のルールを発表している都道府県も出てきました。

泊まりたいホテルが参画するかチェック
全国旅行割(全国旅行支援)に参画しないホテルは割引・地域クーポン配布の対象外となります。
あらかじめ泊まりたいホテルが全国旅行割に参画予定かどうか確認をしておきましょう。

事務局公式サイトで、参画ホテルの一覧が随時更新されています。
47都道府県情報(全国旅行支援 統一窓口)

ペンションや民宿など規模が小さい宿泊施設は、申請等の手続きが面倒だから…と参画をしないことも考えられるかもしれません。

ワクチン・検査パッケージ
全国旅行割(全国旅行支援)の利用条件のひとつに「ワクチン・検査パッケージ」の利用が義務付けられています。

ワクチン接種歴3回の方は①~③いずれかの書類の提示が必要です(都道府県によって若干異なる可能性あり)。手元にあるか確認をしておきましょう。

①新型コロナウイルスワクチン予防接種済証
②新型コロナウイルスワクチン接種記録書
③新型コロナウイルスワクチン接種証明書

PCR検査・抗原定性検査等を利用される方は、旅行の直前に(方法によって有効期間が異なる)検査する必要があります。
検査費用は基本自己負担となりますが、各都道府県が実施している「検査無料化事業」を利用し、無料で検査を受けることができる場合もあるので、お住まいの都道府県の検査所を確認しておきましょう。

利用する旅行会社を決めておく
GoToトラベルや県民割と同様に、開始直後から予約が殺到する可能性が非常に高いです。
そうなると、どこの旅行会社でも争奪戦になります。
スムーズに予約するために、あらかじめご自身が予約しやすい旅行会社を決めておきましょう。事前に会員登録しておけば、予約時の入力が省略できる場合があります。

J-TRIP会員登録(無料)

予約はジェイトリップで

全国旅行割(全国旅行支援)の対象プランのご予約は、ジェイトリップツアーがおすすめ。
沖縄から北海道まで…人気旅行先を豊富にラインナップ!JALグループの飛行機とホテルをまとめてご予約いただけます。

全国旅行割の販売開始が決まり次第、メルマガ会員様を対象に先行予約を実施いたしますので、メルマガの登録がお済みでないお客様はこの機会にご登録ください。

メルマガ登録

全国旅行割(全国旅行支援)の詳細・正式ルールについては政府からの発表をお待ちください。 正式発表はこれからのため、この記事の内容は決定事項ではありません。

ライターのおすすめ

延期、延期でなかなか始まらない「全国旅行支援」。9月中の受付開始を視野にいれた詳細が徐々に報道されはじめています。最新情報は随時更新予定です!

JALで行く!国内ツアーは格安旅行のJ-TRIP

  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする
  • この記事をシェアする
  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする

記事検索

ツアー検索

1268+