* menu
閉じる

服装・持ち物服装・持ち物

2021.09.07

9月 沖縄の気温を侮るな!
旅行の服装・持ち物の決定版

writer : 編集部

暦の上では9月は秋ですが、沖縄県の9月はまだまだ夏。自分が住んでいる地域と同じ感覚で出かけて大失敗…は絶対避けたいもの。
日焼けや気温差で体調を崩すことがないよう、服装や持ち物には十分気をつけたいですね。
ということで、9月の沖縄県の情報をお届けします。あなたの楽しい沖縄旅行にお役立てください。
ビオスの丘09

秋の気温だと思ったら大間違い!沖縄県の9月はまだ夏です!

9月の沖縄県那覇市の気温は、平均気温27.6℃、平均水温は28.5℃。
例年の9月では、最低気温は25.5℃、最高気温は30.4℃です。
降水量は260.5mmと一年間で最も多く、天候の移り変わりが激しいのが特徴です。
これは台風の影響によるもので、9月下旬に入るまでは気温が高く蒸し暑い日が続きます。
台風の接近回数は8月に次いで多いので、もしもの時のことを想定して、室内で過ごせるような工夫をしておくのもいいですね。

雨の沖縄

・9月上旬の沖縄県那覇市の気温

平均気温28.2℃、1日の最高気温は平均31.0℃、最低気温は26.1℃です。
2020年9月1日の朝8時の気温は27.2℃、正午は27.3℃、夜8時は28.6℃でした。

・9月中旬の沖縄県那覇市の気温

平均気温27.8℃、1日の最高気温は平均30.6℃、最低気温は25.7℃です。
2020年9月15日の朝8時の気温は27.3℃、正午は30.2℃、夜8時は28.2℃でした。

・9月下旬の沖縄県那覇市の気温

平均気温26.9℃、1日の最高気温は平均29.6℃、最低気温は24.8℃です。
2020年9月30日の朝8時の気温は26.7℃、正午は28.5℃、夜8時は25.9℃でした。
10月が近づくにつれ、ようやく沖縄でも秋の訪れを感じることができます。

・紫外線

紫外線は夏です!真夏同様に紫外線・日焼け対策が必要です。
日焼けをしたくない方は日焼け止め、日焼けをしたい方はサンオイルが必須です。

日差し

・台風

9月の沖縄県では、8月に次いで2番目に台風が多いです。過去5年間で沖縄県に接近した台風の平均は2回。上陸する数は少ないものの、暴風圏内、強風圏内に入ることも多くあります。

まだまだ真夏といって良いくらい暑い日が続く9月の沖縄県ですが、シルバーウィークが過ぎた頃から徐々に気温が下がり始め、少しは秋を感じる事もあります。朝晩の冷えには十分注意して沖縄旅行を楽しみましょう。

雲

国内旅行はジェイトリップ

知っておきたい9月の沖縄県の気候に合った服装と持ち物!

・観光中の服装と持ち物

9月の沖縄県はまだまだ暑いので、Tシャツと短パンといった真夏の服装で問題ありません。
女性ならワンピースやスカートといった涼し気な装いもいいですね。
日中の陽射しはキツく、サングラスや帽子、日傘などの日焼け対策グッズは手ばなせません。肌を焼きたくない方は、日焼け止めクリームの準備もしておきましょう。

9月の沖縄県

この時期お店や観光施設内では、まだ冷房がガンガン!長袖や羽織りものは必須アイテムです。沖縄県では朝晩の気温差はあまり大きくはありませんが、朝晩に冷えを感じるときは大活躍してくれるので、1枚持って沖縄旅行に出かけたいですね。足元が冷えがちな方は、靴下の準備もしておくとよいでしょう。
また、9月の沖縄県は一年の中で最も雨の多い月。急な雨にも対応できるよう雨具の準備をしておきたいところ。
沖縄県民はあまり傘をさしません。特に台風前後の雨は風もあるので傘をさしても濡れてしまいます…。防水機能があるフード付きの薄手のジャンパーが天候の移り変わりが激しいこの季節の強い味方です。

・海で遊ぶ時の服装と持ち物

9月の海の平均水温は28.5℃と高く、沖縄県ではまだまだ海水浴が楽しめます。
子ども連れの家族旅行なら、浅瀬で生物観察を楽しむのもおすすめです。
真夏と同様にビーチでの日焼けには要注意。サングラスや帽子、日傘はこの時期でも必須アイテムです。日焼け止めクリームはもちろん、泳ぐ際はTシャツやラッシュガードを着て日焼け対策するのをお忘れなく。
ちなみに、沖縄県の海はこの時期でも有毒生物のハブクラゲの活動が盛んです。刺されると激痛が走り、ひどい場合には呼吸困難や心肺停止になるケースも。ラッシュガードなど肌を覆うものは、クラゲ対策にも効果的です。くれぐれも海に入る際は、クラゲ防止ネットの外側には出ないように気をつけましょう。

ラッシュガード

注意点さえ守れば、まだまだ海遊びが楽しい季節!

本州では海水浴のベストシーズンを終えている9月ですが、沖縄ではまだ海遊びが楽しめる暑い夏。
日焼けやクラゲに注意すれば美しい海が存分に堪能できます。その一方で、台風の接近が多いのも事実。台風の前後は海が荒れているので、高なる胸をグッとおさえて海にはいるのは我慢してくださいね。

※こちらは、公開日が2017年5月16日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

国内旅行はジェイトリップ

PR

記事検索

ツアー検索

4+