* menu
閉じる

べんり情報べんり情報

2016.07.12

日本とハワイの時差は19時間!
時差ぼけ防止や計算方法まとめ

writer : 編集部

海外旅行に行くときに気になるのは、時差。
日本からハワイに行くときの「時差の計算方法がよくわからない。」、「時差ぼけ防止方法は?」といった疑問にお答えします!
ハワイのビーチ
ハワイと日本の時差
ハワイと日本の時差は19時間で、日本の方が進んでいます。
ハワイにサマータイムはないので、時差を考えるときに考慮は必要ありません。

【日本時間→ハワイ時間の計算】
-19時間なので、5時間後の昨日。
日本時間に5時間足して、日付を前日にする。
日本時間→ハワイ時間の早見表
日本時間→ハワイ時間の早見表
【ハワイ時間→日本時間の計算】
+19時間なので、5時間前の明日。
ハワイ時間から5時間引いて、日付を翌日に。

ハワイ時間→日本時間の早見表
ハワイ時間→日本時間の早見表
【時差ぼけ対策】
往路(日本→ハワイ)
日本からハワイ(ホノルル)へ行く、直行便の飛行機の出発は夕方~夜で、現地時間の朝~お昼ぐらいに到着します。
なので、時差ぼけを防ぐには、機内ではしっかり寝ることが大事になります。
飛行時間は6時間半~7時間半ぐらいで、しっかり寝れば
元気な状態で、観光をスタートできます。

復路(ハワイ→日本)
ハワイ →日本
ハワイ(ホノルル)から日本へ帰る、直行便の飛行機は朝~お昼ぐらいの出発が多く、日本時間の夕方~夜(翌日)に着きます。
夕方~夜ぐらいに日本に到着するので、機内でぐっすり寝てしまうとその日の夜に寝られなくなるかもしれません。
なので、時差ぼけを防ぐには、往路とは逆であまり寝ないことをおすすめします。

「時差を考えずにハワイに行ったら、着いた途端に眠たかった。」、「帰国したら昼夜逆転してしまった。」
といったことがないように、時差をマスターして海外旅行を楽しみましょう!

PR
PR

記事検索

ツアー検索

2+