* menu
閉じる

観光観光

2016.07.08

サーファーの聖地とされる海
ノースショアの穴場観光地巡り

writer : 編集部

ハワイの中でも有数の人気観光エリアがオアフ島北西に位置するノースショアです。
ノースショアは北海岸の海沿いの地域を指すので、美しい海が多く含まれていることが特徴的です。ノースショアは世界屈指のサーファーに人気の海であり、度々サーフィンの大会なども開かれています。
また、ノースショアの中心の街であるハレイワは、オールドハワイの雰囲気が残るのんびりとした時間が流れる街です。ハレイワは世界中の多くのサーファーに愛されている街です。
ハレイワの街
そんなノースショアエリアの定番観光地から穴場スポットまでをまとめて紹介します。この記事で紹介する内容は約半日ほどで回れるコースです。
ノースショアへの行き方としては、日本人でもレンタカーを借りて訪れる人が多いです。各旅行会社から多くの観光ツアーバスも出ていますので、好みの内容があれば参加してみましょう。

ハワイ屈指のスピリチュアルスポットに立ち寄ろう!

まずワイキキ中心部から出発し、パールシティも超え、北西に車で50分ほど進みます。
クカニロコ・バースストーンという聖なるスポットに辿り着きます。ここはまだ海岸沿いではなく、オアフ島中心に位置する場所です。いわば、ワイキキからノースショアの海岸へのドライブ中に通る場所となりますので是非立ち寄りたいスポットです。次のドールプランテーションから5分の距離ということも人気の一つです。
ハワイにもいくつかパワースポットと呼ばれる場所が存在しますが、クカニロコ・バースストーンは中でも特に強力なパワースポットとされています。
クカニロコ・バースストーン
辺り一面パイナップル畑で囲まれており、その間に舗装されていないデコボコの赤土の道があります。そこを少し進むと、複数の石だけがあるエリアに辿り着きます。
石だけがあるエリア
昔はハワイ王族がこの場所で出産をしていたとされている、非常にスピリチュアルな場所なのです。そのためにこの石は安産の御利益があるとされており、子宝祈願にも多くの人が集まります。聖なるエネルギーを感じられるということで、安産や子宝の祈願ではない方でも多くの人が立ち寄るスポットです。見渡す限りの辺り一面にパイナップル畑が広がっている光景だけでも圧巻なので見に行く価値ありです。
安産の御利益がある石

絶対外せない!子どもが喜ぶこと間違いなしの超有名観光スポット!

バースストーンから北へ車を5分ほど走らせると、ドールプランテーションが見えます。
ノースショアエリアでもっとも認知度が高い観光地ではないでしょうか?
ドールプランテーション
汽車や迷路などがあり子どもも喜ぶこと間違いなしのスポットなので、家族旅行客にも大人気です。
汽車や迷路のある園内
園内にもパイナップルが植えられており、様々な植物を鑑賞できることも魅力の一つです。
パイナップルが植えられている園内
キャラクターグッズの人形やばらまき用のお土産など店内には多くの、ドールならではの商品があります。中でも圧倒的な人気を誇るものがパイナップル味のソフトクリームです。しっかりパイナップルの味なのにさっぱりしていてアイスとしても食べやすいです。とにかく美味しいです!
パイナップル味のソフトクリーム

コーヒーと石鹸を満喫できる穴場スポット

ドールから海岸に向かって車で10分ほど進むと、ワイアルアコーヒーファクトリーに着きます。コーヒー関連の様々なものが売っているショップといったところです。元々は工場だった場所を改造して使用しているということで独特な雰囲気が漂っています。
ワイアルアコーヒーファクトリー
ワイアルアコーヒーファクトリーでは無料で様々な味、濃度のワイアルア産のコーヒーが試飲できます。飲み比べて自分に合う種類を判断してみましょう。コーヒー好きにはたまらないスポットです。
無料試飲ができるワイアルア産コーヒー
アート作品を落ち着いても見られる部屋もあり、ワイキキの喧騒からかけ離れた空間がそこにはあります。

コーヒーファクトリーに併設して建てられたものがノースショアソープファクトリーです。
ノースショアソープファクトリー
こちら日本での知名度も非常に高いのですが、その理由が人気TV番組「もやもやさま~ず」で毎年さま~ずが訪れる場所となっているからなのです。お店側でも大きく取り上げており、もやさまコーナーもあります。
毎年さま~ずが訪れる場所
石鹸の工場兼販売所となっており、いろんな種類のボディソープや石鹸があり、無料お試し用の石鹸もおいてあり、女子には堪らないスポットです。
石鹸の工場兼販売所
ガラス越しに石鹸を作っている光景も見ることができます。職人さんも度々ガラスの前のお客さんに笑顔で微笑んでくれ愛想もとっても良かったです。

コーヒーファクトリーとソープファクトリーの目の前の敷地で毎週土曜日の朝8:30~昼過ぎくらいまでの間、ワイアルア・ファーマーズ・マーケットも開催されています。野菜なども安く手に入るということでファーマーズ・マーケットは地元の人に重宝されています。
ハワイで有名なフリフリチキンも売っており、鶏一匹をその場で調理してもらえます。
ワイアルア・ファーマーズ・マーケット

行列必死!?ノースショアの極上アイス

続いての場所はハレイワタウンの中心地となります。
多くのかわいいショップがあるのですが、中でも行列を絶やさないお店があります。
ハワイに住む日本人では知らない人がいないであろう、まつもとシェイブアイスです。
まつもとシェイブアイス
名前の通り松本さんという日系の方のお店なのですが、日本人以外のお客さんも多いです。
オーナーの松本さんが気さくな方で、並んでいるお客さんが暇をしないように自ら店頭に出ていき、お客さんたちと会話をしている光景も頻繁に見られます。片言の日本語で元気に話しかけてくださります。
カラフルなアイス
色んな味が選べるので、カラフルな色合いもテンションを上げてくれます。さくさくな氷が口の中で雪のように溶けていき、とても食べやすいです。

道中にもノースショアならではの魅力が盛りだくさん!

ハレイワタウンから海岸沿いに北へ進むと、ラニアケアビーチが左手に見えます。
その道中にもノースショアならではの見所があります。海岸沿いの道路の標識の1つがサーファー仕様になっているのです。ラニアケアビーチへ向かう車線とは反対側の車線から見える標識となります。降りて撮影している人々もいますが、普通に道路の真ん中なので安全面には最大限気をつけましょう。
標識
ラニアケアビーチの特徴、それは海ガメです!海ガメに非常に高い確率で出会える場所と言われています。砂浜ではなく岩浜になっているため、岩に生えるコケなどを食べに海ガメがやってくるそうです。ビーチで海ガメが見られるっていうのは本当に魅力的ですね。
海ガメ

ガーリックシュリンプの発祥地カフクで本場のエビを堪能

そこから海岸沿いにさらに北へ向かって進むと30分ほどでカフクという街に着きます。
カフクへは多くの人がガーリックシュリンプを求めて訪れます。カフクでエビが養殖されているので、カフクにはたくさんのガーリックシュリンプの名店がありますが、中でも人気の高いジョバンニを紹介します。ジョバンニはカフクの店舗が本店となります。
人気の高いジョバンニ
落書きたっぷりの屋台型の店舗で気分も高まります。
身がぷりぷりのエビをフライパンで炒めて、たっぷりのガーリックと大量のオイルで味付けをした一品です。一度食べるとこの食感と濃厚さがやみつきになります。
ガーリックシュリンプ
隣の車型屋台ではココナッツも売っています。ハワイらしさ満載です。
ココナッツ

カフクから東海岸沿いに南下していくと、乗馬で有名なクアロア・ランチも通ることができます。車で25分ほどで到着します。そこからワイキキ中心部までは車で45分で着きます。
ノースショア地域をぐるっと一周したコースでした。
ワイキキとはまた異なる魅力を持つノースショアに是非足を運んでみてください!
サーフィンをしない人でもかっこいいサーファー姿を見るだけでも新鮮さを感じられるでしょう!

スポット詳細

PR
PR

記事検索

ツアー検索

1+