* menu
閉じる

旅行コスパ旅行コスパ

2020.01.28

「予約後すぐeチケット発券」と
「出発21日前までキャンセル無料」お得なのはどっち?

writer : 編集部

2020年1月28日から、飛行機の空席状況によって価格が変動する「ダイナミックプライシング(料金変動型)」のツアーが発売されました。同じツアーでも、予約するタイミングによって料金が変わります。

ジェイトリップでは「従来のパッケージツアー(出発21日前までキャンセル無料)」と新しい「料金変動型のパッケージツアー(予約後すぐeチケット発券)」、2つの料金体系のツアー料金をひと目で比較できます。
tour
では一体どちらがお得なのでしょう?

旅行の日程が決まっている場合は安い方を選んでください。ただどちらのツアーにもメリットとデメリットがあるので、ちがいをわかりやすく説明します。

「予約後すぐeチケット発券」はこんな人におすすめ

予約後すぐeチケット発券
・旅行する日程が確定している人
・早めに予約したい人

一度旅行の予約をすれば、取消・変更をしない方におすすめです。
取消・変更にかかる手数料は、タイミングによって異なりますが、出発の55日前であれば1区間あたり500円~です。

メリット

予約後すぐeチケット発券のいいところ

・330日後まで販売

約1年先に出発するツアーの予約ができます。
予約は出発の7日前まで予約することができます。(3月下旬より5日前まで予約可能になります)

・飛行機の空席状況により料金が変動

早めに予約すれば、同じ内容のツアーでも安く予約できます。
しかし、需要が高い人気の日程は混み合うため、予約のタイミングによって料金が高くなることもありますのでデメリットとも言えるかもしれません。

・飛行機の空席があれば予約できます

航空会社のウェブサイトでは空席があるのに、旅行会社に問い合わせをすると同じ便でも「空きがありません」と言われたことはありませんか?
「予約後すぐeチケット発券」のツアーは飛行機に空席がある限り予約できます。

デメリット

予約後すぐeチケット発券の難点

・予約後すぐにキャンセル料が必要

予約完了した時点からキャンセル料がかかります。
ツアーごとにかかるキャンセル料は、商品に記載があります。
しかし出発から55日前の予約であれば、1区間あたり500円~のキャンセル料なので、変更やキャンセルをする場合は、55日前までにすればマシかも…
tour

取消料一例

キャンセル料について >
①予約時に「予約後、取消手数料が発生いたします」の記載のあるプランの場合

「出発21日前までキャンセル無料」はこんな人におすすめ

tour

・旅行の日程が変更やキャンセルする可能性がある人
・お得に予約したい人

出発の21日前までキャンセル料がかからないので、旅行自体を検討中の方におすすめです。

メリット

出発21日前までキャンセル無料のいいところ

・出発の21日前まではキャンセル料がかかりません

旅行の日程が確定しておらず、予約後も変更やキャンセルする可能性がある方におすすめです。
しかし、出発の20日前をきるとキャンセル料がかかるのでご注意を…。

キャンセル料について >
②予約時に「出発21日前までキャンセル無料」の記載のあるプランの場合

デメリット

出発21日前までキャンセル無料の難点

・5~10月、11~4月 など半期ごとに発売

旅行会社のタイミングで発売するので、旅行に行きたい日程が先の場合は、発売されていないかもしれません。
予約は出発の7日前まで予約することができます。

・旅行会社用の空席なければ予約できない

航空会社のウェブサイトでは空席があっても、旅行会社用の空席がなければツアーの予約ができません。

予約のタイミングが大事!

予約するタイミングによって料金が変わるので、メリットとデメリットを理解した上でツアーを予約すれば、かしこく!お得に!旅行に行けます。
あなたにぴったりの格安ツアーが見つかりますように。

PR

記事検索

ツアー検索

2+