* menu
閉じる

旅行コスパ旅行コスパ

2021.10.18

GoTo 2.0最新情報!
ワクチン・陰性証明で早期再開へ

writer : 編集部

9月末で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が全国で解除され、現在停止中のGoToトラベルの再開に期待が高まっています。「GoTo 2.0」の詳細や、再開された場合の内容、再開時期の予想など、GoToトラベルに関する最新情報をお届けします。

GoTo 2.0って?

GoTo 2.0って?
岸田新首相が総裁選の際に「GoTo 2.0という名称を付けて取り組みを進める」と発言されたことから、GoTo 2.0という言葉が注目を浴びています。

GoTo 2.0は、これまでのGoToトラベルのルールや問題点を改善した、新しいGoToトラベルキャンペーンです。
例えば、GoToトラベルでは、高級宿や割引率の高い土日の旅行に予約が集中する、人気の旅行先に偏りが出るなど様々な問題がありました。GoTo 2.0ではそういった問題を改善し、感染症対策も充実させたより良い事業になる事が求められています。

GoTo 2.0での支援内容は?

GoTo 2.0の支援内容については様々な予想がされていますが、どれも噂レベルのもので確定した情報はまだありません。
さらなる感染症対策や、これまで課題であった支援の偏りをなくすために、GoTo 2.0では、現在下記のような案が検討されています。

① 「ワクチン・検査パッケージ」の活用

ワクチン2回の接種証明や、PCR検査の陰性証明を活用する「ワクチン・検査パッケージ」を利用し、証明が出来た人には更なる割引などが検討されています。
GoTo 2.0ではワクチン接種証明やPCR検査の陰性証明にはマイナンバーカードと専用アプリで提示するという案も報道されています。

② 平日支援による需要の分散化

以前のGoToトラベルでは土曜、日曜に旅行者が集中することになりました。感染症予防対策のため、休日と平日の割引率に差を付け、旅行者を分散させるよう検討されています。

③ クーポン券のデジタル化

以前のGoToトラベルキャンペーンでは、地域共通クーポンは紙クーポンと電子クーポンでした。GoTo 2.0では接触回数を減らすためにクーポンのデジタル化が検討されています。

④ 割引率の優遇による支援

■中小企業支援
以前のGoToトラベルでは予約が大手事業者に偏っていました。中小事業者にもメリットがあるような条件になるよう検討されています。
■交通事業者支援
県内旅行、近距離旅行が推奨されていた為、需要が高まっている自動車を利用した旅行に対して支援が検討されています。
■災害被災地支援
近年増えている被災地への復興支援として、被災地への旅行の場合に支援率をアップさせることが検討されています。

⑤ 割引率や割引額の変更

旅行代金の最大50%補助(上限2万円)から、割引率や上限額を下げて、もっと多くの人にGoToトラベルを使ってもらえるように変更することが検討されています。
①②④を利用した場合には以前と同程度の支援が受けられる可能性があります。

GoTo 2.0はいつから開始?

GoTo 2.0はいつから開始?
これまでGoToトラベルの再開目標として、全国の感染状況が「ステージ2」以下になれば制限が緩和されるとありました。全国の緊急事態宣言、まん延防止等重点措置が解除された今、GoToトラベル再開を望む声が多くなっております。

現在観光庁では、10月から11月にかけて「ワクチン・調査パッケージ」の実証実験を行っております。

ワクチン・調査パッケージとは…?

ワクチン2回の接種歴や、PCR検査による陰性証明を活用した新しい感染症対策です。ワクチン接種もしくは検査結果が陰性であるという証明ができる人に対して旅行やホテルなどでお得なサービスが受けられるようになっています。実証実験ではホテルのチェックインの際にワクチン接種証明や陰性結果の提示を行い、コロナの感染状況などの情報を集め検証を行っております。

この実証実験の結果が分かる11月末~年内の開始もあるのでは?といった声も聞かれますが、政府は年内の再開に慎重な姿勢を見せており、まだ再開のめどは立っておりません。

また、10月11日に岸田総理が出演された、テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」にて、「通常の社会経済活動を取り戻すためには、ワクチン接種、経口治療薬が必須。これらを世の中に普及させるには年内いっぱいかかるのではないか」と発言されており、ワクチン接種や陰性結果の証明以外に、経口治療薬の普及もGoTo再開の条件の一つとして検討されているようです。

GoToトラベルの早期の再開が望まれますが、まだ検討すべき内容が多いとみられるGoTo 2.0の動向が注目されています。

予約はいつすればいい?

予約について
GoToトラベルが一斉停止が行われる前のルールでは、GoToトラベル再開後の時点で予約されている記録に関しては、GoToトラベルが適用されるとありました。その為、今も旅行会社各社ではGoToトラベル「あとから割引」適用のプランを出しております。

ジェイトリップではGoTo 2.0としてGoToトラベルが再開する際には、GoTo 2.0の適用条件に当てはまるツアー、日程、参加条件などを満たすご予約に関しては、予約の取り直し不要でGoToトラベルを適用します。
ご予約前に注意事項を確認していただいた上で、ご旅行の検討をお願い致します。

■「あとから割引」はこんな人におすすめ
GoToトラベルの再開が決まると、人気の日程、人気のホテルに予約が殺到し、希望する旅行ができなくなる場合があります。
また、以前のGoToトラベルの際には航空会社やホテルがGoToトラベルの割引を見越して料金の値上げを行い、ツアーの料金が例年より高くなる傾向がありました。

・既に旅行の日程を決めている人
・年末年始や連休など、混みそうな日程での旅行を検討している人
・人気のホテルに泊まりたいと思っている人

など、具体的なプランが決まっている人は「あとから割引」の注意事項を確認していただいた上で、早めの予約がおすすめです。

GoToトラベル予約の注意事項

GoToトラベルの再開日・対象日は現在未定です
政府はGoToトラベル事業の再開については慎重な姿勢を見せており、GoToトラベルの再開時期・対象日はまだ未定となっております。
2020年12月8日に実施された「国民の命と暮らしを守る安心と希望のための総合経済対策」で、GoToトラベル事業の延長の予算が閣議決定されているため、時期は未定ですがGoToトラベルキャンペーンは感染が収まれば必ず再開・延長されます。
ご予約された旅行がGoToトラベル再開前、GoToトラベル対象期間外だった場合に旅行を取り消される場合には、規定通りのキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。

以前のGoToトラベルの内容から大きく異なる場合があります
GoToトラベル事業が再開する際の支援内容や条件などはまだ未定となっております。割引率や割引上限額、地域共通クーポン、対象地域などすべての条件が未定となっており、以前のものと大きく異なる場合がございます。キャンペーンの参加条件・ルール変更により、適用条件に合わない予約に関しては、割引を適用することができません。

割引の適用ができない場合があります
ジェイトリップではGoToトラベル事業の再開が公式発表された後、対象のお客さまへ順次メールで案内を行います。ご旅行の出発日によっては、手続きが間に合わず割引適用ができない可能性がありますので予めご了承をお願い致します。

PR

記事検索

ツアー検索

0