* * menu
閉じる

予約の方法予約の方法

2022.11.28

全国旅行支援 12月27日まで延長!2023年1月以降の延長は?予約済みの旅行のあとから割引は?

writer : 編集部

政府の財政支援を受けて、各都道府県が実施している「全国旅行支援」。
現在、12月20日宿泊分までが対象で、まもなく12月27日宿泊分(12月28日チェックアウト分)まで同じルールのまま延長される予定です。

2023年1月以降も延長予定と発表がありましたが、対象期間や開始日についての発表はまだありません。
しかし、割引額の引き下げはすでに決定しているようです(最大40% → 20%)。

気になる「あとから割引」ですが…適用できるかどうか、こちらもまだ発表がありません。
適用条件等も含め、正式発表を待ちましょう。

この記事では、全国旅行支援についての最新情報を更新しています。

現在実施中の全国旅行支援、各旅行会社や都道府県ごとに対応が違い混乱してしまったり…わかりづらいと感じた方も多いのでは…。
延長時にスムーズに割引支援を受けるためにはどうすればいいのか…予約サイト選びの参考にしてください。

ジェイトリップツアーでは、全国旅行支援の最新情報をメールマガジンで配信しております。また、全国旅行支援延長時には、メルマガ会員様を対象に”先行予約”の実施を予定しております。
ご登録がまだの方は、この機会にぜひご登録ください。

全国旅行支援とは

「全国旅行支援」とは、政府が実施している全国を対象とした観光需要喚起策です。
10月11日~12月20日宿泊分までの旅行が対象で(東京都は10月20日~)、割引を受けるには、本人確認書類に加え、ワクチン3回接種証明やPCR等の検査陰性証明の提示が必要です。

飛行機やJRなどの交通付き旅行の場合、40%割引、1泊あたり最大8,000円の割引が適用されます。つまり、1泊あたり20,000円以下の場合は40%割引となり、20,001円以上は一律で8,000円の割引となります。

宿泊のみの場合も40%割引が適用されますが、1泊あたりの最大割引額が5,000円となります。1泊あたり12,500円以下の場合は40%割引となり、12,501円以上は一律で5,000円の割引が適用されることになります。

11月25日の閣議後の記者会見で斉藤鉄夫国土交通相が、年内の全国旅行支援は同じルールのまま、12月27日宿泊分(12月28日チェックアウト分)まで延長予定であることを発表しました。

予約済みの旅行が「あとから割引」の対象になるかどうかについては、まだ正式発表がありませんので、続報を待ちましょう。

【関連記事】 いまさら聞けない「全国旅行支援」とは?最新情報まとめ

2023年以降の全国旅行支援

対象期間や受付開始日についての発表はまだありませんが、割引額の引き下げについての発表がありました。

飛行機やJRなどの交通付き旅行の場合、20%割引に引き下げ1泊あたり最大5,000円の割引が適用されます。1泊あたり25,000円以下の場合は20%割引となり、25,001円以上は一律で5,000円の割引となります。

宿泊のみの場合も20%割引が適用され、1泊あたりの最大割引額が3,000円に引き下げとなります。1泊あたり15,000円以下の場合は20%割引となり、15,001円以上は一律で3,000円の割引が適用されることになります。

また地域クーポンの金額についても平日3,000円分から2000円分となります。

全国旅行支援の利用条件である、ワクチン3回接種証明やPCR等の検査陰性証明の提示は引き続き必要となるようです。

受付開始日や対象期間の発表はまだありませんので、続報を待ちましょう。

いつ延長されるのか

全国旅行支援の開始は、9月22日(日本時間22日深夜)ニューヨーク市内で行われた記者会見で岸田首相が発表しました。

開始19日前に発表されたことになりますが、この時点では開始時期についての発表のみで、詳細についての発表はありませんでした。

11月25日に、2023年以降の延長について発表がありましたが、同様に詳細はまだ発表されていません。
11月25日の19日後は、12月14日なので、ひとまずはこのあたりに何かしらの発表があるか注意しておきましょう。

ギリギリの発表だと現場で混乱も

対象となる宿泊日は10月11日からでしたが、受付を開始したのも10月11日当日以降。やはり開始直後は予約できなかった…という方も多かったようです。

あとから割引についても、実際に割引が適用されたのは10月11日当日以降だったのでギリギリまで適用されるかどうかわからない、手続きが間に合わなかったという方もいました。

旅行予約サイトによっては準備期間が短すぎて間に合わなかったり、ホテルチェックイン時に配布される地域クーポンが間に合わなかったり。
さらには都道府県によってルールが違うので現場では混乱…なにより予約者泣かせでした。

2023年以降は、割引額の引き下げ等、制度が少し変わるので、新たに準備が必要となるでしょう。

あとから割引は?

10月11日から開始された全国旅行支援では条件を満たす場合、すでにご予約済みの旅行であっても割引支援を適用できました。

2023年以降の全国旅行支援の実施は未定で、あとから割引を適用できるかどうかも未定です。

前回の注意点としては、予約サイトが販売を開始する期間からしか適用できなかった…ということです。

例えば、
A予約サイトで10月21日の東京旅行を予約している

A予約サイトは準備が間に合わず、10月24日から東京都の全国旅行支援を販売開始する

この場合、A予約サイトで予約した10月21日の東京旅行は割引支援の対象外となりました。
各都道府県から販売をしていいと許可が出るまで、また予約サイトで販売の準備が整うまでは対象にはなりませんでした。

旅行会社や予約サイトごとに対応が異なっていたので、先の日程の旅行を検討中の方は “予約サイト名 + あとから割引” で検索してどのような対応をしていたのか調べてみましょう。
10月11日からの旅行を「あとから割引」の対象にしていた予約サイトは、延長時も対応が早いと予想できます。
ページ下部のリンクにも予約サイトをまとめているのでチェックしてみてください。

ちなみに…
ジェイトリップツアーでは、お客さまに安心してご予約いただけるよう、「スピーディ」かつ「スムーズ」な対応を目指しています。

全国旅行支援の開始および、あとから割引の適用が正式発表された後、あとから割引の対象となるご旅行をお持ちのお客さまへは「お支払い済の旅行代金」と「割引後の旅行代金」の差額を、全国旅行支援の利用に同意いただいた後、最短2営業日以内に返金手続きを行いました。

また、独自の取り組みとして、キャンセル料が実質0円になる「 安心キャンセルサポート 」を実施しています。

全国旅行支援の延長はまだ正式発表されていないため、予約した後に割引対象外となる可能性も…。
予約後に全国旅行支援の対象外になったから、と旅行をキャンセルしたい場合は、どうしても規定のキャンセル料がかかってしまいます。

ジェイトリップでは、2023年3月31日出発までの旅行を対象に、取消時にかかるキャンセル料を全額Jマイルポイントで還元する「 安心キャンセルサポート 」をMY-TRIP会員特典(無料)向けに実施中。
開始前でも安心して予約できるポイントになるのではないでしょうか。

ジェイトリップツアー

予約サイトまとめ

現在、全国旅行支援の対象プランを販売している旅行会社は、おそらく全国旅行支援が延長された時にも対象プランを販売するものと考えられます。

「あとから割引」が適用されるかどうかまだわからなくても、少なくとも今の時点で全国旅行支援のプランを販売している旅行会社や予約サイトで予約するほうが、適用される可能性は高くなるでしょう。

下記のリンクは、予約サイトごとの全国旅行支援のあとから割引に関するページや予約ページへ遷移します。

 予約サイト 販売状況
ジェイトリップ 販売中
JALパック 販売中
ANAトラベラーズ 販売中
ANAスカイツアーズ 販売中
スカイパックツアーズ 販売中
JR東海ツアーズ 販売中
一休.com 販売中
じゃらんnet 販売中
楽天トラベル 販売中
Yahoo!トラベル 販売中
JTB 販売中
るるぶトラベル 販売中
HIS 販売中
日本旅行 販売中
近畿日本ツーリスト 販売中
読売旅行 販売中
エアトリ 販売中
東武トップツアーズ 販売中
Relux 明記せず
ゆこゆこネット 販売中
クラブツーリズム
販売中
ジャンボツアーズ 販売中

JALで行く!国内ツアーは格安旅行のJ-TRIP

  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする
  • この記事をシェアする
  • Facebookロゴ
  • Twitterロゴ
  • LINEロゴ
  • Pinterestロゴ
  • リンクをコピーする

記事検索

ツアー検索

303+