* menu
閉じる

お土産お土産

2017.01.18

お寺+デザイン+カフェ?
佛光寺境内のおしゃれスポット

writer : 砂野加代子

D&DEPARTMENT外観
京都の中心部・四条烏丸からほど近い真宗佛光寺派本山「佛光寺」の境内に、2014年の秋、おしゃれなライフスタイルショップとカフェがオープンしました。このビックリな組み合わせを実現したのは、「ロングライフデザイン」をテーマに、物販・飲食・出版・観光を通して地域らしさを見直す活動を展開する「D&DEPARTMENT」。商品のセレクトには、京都造形芸術大学の学生が関わっています。歴史あるお寺は、まさにロングライフカルチャーの代表格。これ以上ないコラボレーションとロケーションは、感動的です。
佛光寺の境内

コンセプトは「ロングライフデザイン」

D&DEPARTMENT
「D&DEPARTMENT」を創設したのは、デザイン活動家で京都造形芸術大学教授のナガオカケンメイ氏。地域で長く愛され、使い続けられてきたデザイン(ロングライフデザイン)を発掘し、47都道府県に1店舗ずつを目標に、現在11店舗のショップを展開。京都店(D&DEPARTMENT KYOTO by京都造形芸術大学)はその10店舗目で、京都造形芸術大学と佛光寺の三者連携によりオープンしました。ショップにはギャラリーも併設。ワークショップなども行っています。
ショップ
ショップには、京都の工芸品をはじめ、日本全国・世界から選りすぐった日用品や食品、家具まで、ロングセラーの生活道具が所せましと並んでいます。商品には、日本の定番、京都の定番、世界の定番で色分けしたラベルがつけられ、それぞれの「ロングライフ歴」を明記しています。

作り手の思いがこもったこだわりの品ぞろい!

柳宗理のカトラリー、白山陶器の器、鳥獣戯画のお茶碗、京銘竹で作られた箸、京都の老舗のお茶など、魅力的なものが本当にたくさん。自信を持ってセレクトしているので、作り手の思いをお客さんに伝えるスタッフの言葉にも愛が感じられます。
山田繊維の風呂敷
お土産に人気の山田繊維の風呂敷。昔ながらの柄も、インパクトのあるポップな柄もおしゃれ。
食品
京都大原・志ば久の漬物
食品もこだわりの逸品ぞろい。京都大原・志ば久の漬物も売れ筋商品です。
紙袋
紙袋はリサイクル。ショップ前には回収箱も置かれています。紙袋に書かれた店名は全てを隠さないように配慮しながら、D&DEPARTMENTのテープを貼っています。

阿弥陀様に見守られているカフェ

d食堂
「d食堂」は、現在も毎朝7時30分から法話が行われている築140年の茶所を利用しています。縁側や店内からの清澄な境内の眺めも素敵です。
縁側
内観
中に入ると、なんと大きなお仏壇が。どこか懐かしいような、不思議と落ち着く空間。ショップでも取り扱う天童木工の座椅子は、最高の座り心地です。カフェで使われている食器類もショップで購入することができます。

「京都」や「旬」を感じられるメニューが豊富!

京都定食
「京都定食」(1300円、コーヒー&ミニソフトクリーム付き1800円)は、京都の旬の食材をふんだんに使った、一汁三菜の定食。季節によってメニューが変わります。京丹波産コシヒカリ、お味噌、豆腐、お漬物・・・。素材から調味料まで、使っているのは自信のあるこだわりの品ばかり。ヘルシーで体にやさしく、ボリュームもたっぷりです。
クリームあんみつ
「クリームあんみつ」(税込800円)は、デザート一番人気。生麩あんみつに濃厚な抹茶ソフトクリームを絞った極上スイーツ。100円引きでソフトクリームなしのあんみつにもできます(ソフトクリームは季節により味が変わります)。ドリンクメニューも豊富。アルコールもありますよ。

デザインがいっぱい

d design travel
ショップの一角には、D&DEPARTMENT PROJECTが出す、デザインを切り口とした観光ガイドブック「d design travel」も並びます。独自の視点でその土地らしさを紹介していて、京都版も読み応えたっぷりです。
銀杏の大木
ショップ前には銀杏の大木が。秋には金色の絨毯が敷き詰められたような、ロングライフデザインの聖地を感じさせる光景が見られます。

スマートポイント

  • 春は本堂前のしだれ桜がみごと。秋は大きなイチョウの木が美しく色づき、四季折々の佛光寺の姿を楽しめます。商品の入れ替えもあるので、季節を変えてまた訪れてみたい。
  • 「京都定食」のごはん(大盛りプラス100円)は、毎週火曜「季節のまぜごはんの日」。取材日も火曜で、大豆ごはんでした。おうどんメニューは17時までオーダー可。ゆばうどんもおすすめです。
  • 「d食堂」では、毎朝7時30分から説法が行われ、お参りの人が集まります。誰でも参加できるので、早起きして参加するのもおすすめ。いつもと違う朝を過ごして、自分を見つめ直すのもいいかも。

ライターのおすすめ

お寺もお店も人が集まる場所。一見かけはなれたものに見える、デザインやカフェとお寺は実は相性がよくて、落ち着いたおしゃれな空間なのが感動です。お寺って究極のロングライフデザイン、ライブハウスなのですね。

砂野加代子

エディター&ライター。学生時代から生活の中心はほぼ京都。近頃つくづく「大人の京都は楽しいなぁ〜」と思う。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+