* menu
閉じる

お土産お土産

2016.08.16

SIONEの器で味わう薬膳茶
京都で人気の陶板画作家のお店

writer : 江角悠子

♡ 0 / 936 views

外観銀閣寺へと続く哲学の道近くの路地に佇む「SIONE京都銀閣寺本店」。ここは京都在住で今注目の若手陶板画作家・河原尚子さんの作品が並ぶショールームです。河原さんが手掛ける作品のコンセプトは「読む器」。デザインには一つひとつ物語が込められており、繊細な黄金色の線が生み出すラインの美しさには思わず目を奪われます。自分用はもちろん、大切な誰かに贈りたくなるようなプレートやタンブラー、豆皿など、置いてある作品は購入することも可能です。以前は旅館だったという建物をリノベーションした空間にはカフェも併設。河原さんの手掛けた器で純国産の厳選素材だけを使った貴重な薬膳茶を楽しむこともできます。

ギャラリースペースで美しい器を眺めて選んで…

ギャラリースペース
うつわ
すっきりと見やすく並べられた作品の前に立つのが、河原尚子さん。彼女は京都で6代続く茶陶の窯元「真葛焼」に生まれ、佐賀有田での修行を経て、2005年から陶板画作家としての活動をスタートさせました。作品を手掛ける際はまず物語が生まれ、その物語から着想を得てデザインを描くのだそう。本の形をした箱に物語とプレートが収まったPOTTERY BOOK「器の本」は大切な人への贈り物に、京野菜など京都をテーマにした作品はお土産にも良さそうです。

特製デザインの器で飲む、純国産の薬膳茶

カフェ空間
ギャラリー奥が、旅館の風情ある趣を残したカフェ空間。坪庭を望む広々としたお座敷で、こだわりの薬膳茶がいただけます。
薬膳茶
薬膳茶の材料
薬膳茶は、冷えとり、インナービューティ、デトックスをテーマに配合された3種(各950円)。使われているのは全て国産天然食材という貴重な純国産薬膳茶で、例えばインナービューティのお茶には高い抗酸化力を持つ「長命草」、ほのかな酸味のハイビスカスなどが入っています。中に入っている菊の花に合わせた器のデザインも可愛らしい! 冷えとりのお茶は、薬膳の代表的食材「生姜」や「陳皮」、香ばしい「黒豆」が入っているほか、身体を温めてくれる「オレンジ」のドライフルーツもセットになっています。

薬膳茶と一緒に味わいたいスイーツ

スイーツプレート
ベイクドチーズケーキ
薬膳茶と一緒に楽しみたい「SIONEスイーツプレート」(680円)は、本日のケーキ、和菓子、お口直しの3種あれこれ味わえてお得な一皿。和菓子は和菓子創作ユニット「日菓」として活躍していた杉山早陽子さんが手掛ける「御菓子丸」によるもの。この日は、風の余韻をイメージした琥珀。食べるのがもったいないほどの可愛らしさでした。あっさりとした薬膳茶にもよく合う濃厚なベイクドチーズケーキ(550円)もおすすめ。(ドリンクとセットで注文すると100円引きに)
飾り物
畳の上に置いてあるのは座布団ではなく、まるで身体が包みこまれるようなビッグクッション。カフェの壁際や床の間にも「SIONE」の器が飾ってあり、美しい器を眺めつつ、ゆったり過ごせる至福の空間となっています。

スマートポイント

  • 陶板画作家・河原尚子さんのお皿は、料理が映えるデザインとしても知られ、京都で人気のレストランでも使われるほど。一つひとつのデザインに込められた物語に触れてみてください。
  • 河原尚子さんオリジナル「SIONE」の器で、まだまだ珍しい純国産薬膳茶を味わうことができます。実際に河原さんの器を使って気に行ったら、ショールームで購入することも可能。
  • 銀閣寺からもアクセスしやすい場所にあり、旅館をリノベーションした空間は、静かで広々。旅の途中にホッと一息つける、とっておきの一軒です。

ライターのおすすめ

大手百貨店で展示会を開くほど人気の「SIONE」直営店。美しく繊細な線、そしてデザインに込められた物語。ぜひ間近でその美しさ、ストーリーを体感してみてください。

江角悠子

広島出身。主に京都関連のガイドブックで記事を執筆するフリーライター。大好きな京都を思い入れたっぷりに紹介します。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0