* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.03.18

ヴォーリス建築の洋館カフェ
クラシカルな魅力「ゴスペル」

writer : 砂野加代子

白い洋館
「哲学の道」から一筋入った鹿ヶ谷通りに、ツタのからまる、とんがり屋根の白い洋館があります。お城のようなお洒落な洋館は、ヴォーリス建築事務所設計で、もともとはオーナーの伯父さまの住居として建てられたもの。当時から人が集まることが多かったという2階のリビングが、現在はカフェになっています。「ホームパーティで友達や家族をもてなすような雰囲気を大切にしたい」というオーナーのおもてなしの心が、随所に感じられる「ゴスペル」。おしゃれなお家に遊びに訪れた感覚でくつろげる、非日常の極上空間です。
入り口
入り口はこちら。
木の階段
歴史を感じさせる木の階段にむかえられて、2階に上がります。

特別感のある優雅で静かな時間

アンティークで統一された店内
2階に上がると、そこは明るくオープンなカフェ。1920年代のアンティークで統一された店内は、うっとりするような優雅な空間です。
キッチン
ドイツSIEMATIC製のキッチンでは、取材時にちょうど、レモンケーキと、チェリーチョコのケーキが焼きあがったところ。店中が美味しいにおいに包まれていました。
スピーカーとJAZZレコードのコレクション
そして、特筆すべきは、オーディオファンにはたまらないJBLパラゴンのスピーカーの存在です。スピーカーの上に並べられたJAZZレコードのコレクションは、約4000枚。幻の銘機といわれるパラゴンから流れる、ゆったりとしたJAZZの調べは心地よく、オーディオファンならずとも魅せられます。

オープンなのに個室感がある居心地の良さ

ゆったりと配置されたテーブル
広い店内には、テーブルがゆったりと配置され、オープンな空間なのに、それぞれ個室にいるような感覚さえ覚えます。というのも、各テーブルの椅子の高さが違い、視線が合わないように考えられているのです。
とんがり屋根の下のテーブル
とんがり屋根の下は、まさに特別な小部屋。
窓際のテーブル席
窓際のテーブル席も、外の景色を楽しみながらゆったりと過ごすことができます。店内にあるチェコのPETROFのピアノを使って、サロンコンサートが行われることもあるそうです。
奥のソファ席
奥のソファ席。居心地が良すぎて時間を忘れてしまいそう。

英国風ティータイムを楽しむ

ボリュームのあるスコン
「ゴスペル」のメニューは、オーナーが家族や友達に食べさせたいと思う、素材にこだわった手作りのものばかり。ボリュームのあるスコンは、伯母様直伝のイギリス流。外はかりかり、中はふんわり。(紅茶・コーヒー・ハーブティーセット1300円)
えびグラタン
本日のランチは1350円。えびグラタンは、こっくりとしたやさしいホワイトソースが人気です。2時間以上炒めて甘みを出した玉ねぎと、15種類のスパイスを煮込んだ特製カレーや、手作りハンバーグもファンの多い一品です。
ハーブティー
敷地内の庭で育てたハーブをブレンドした、飲みやすい自家製ハーブティもおすすめ。(さわやかな「シトラスブレンド」900円)
パイントグラスで飲む冷たいレーベンブロイビールや、ギネスビール、ワインなど、ゴスペルならではアルコールメニューも楽しめます。

ゴスペルで感じる京都の四季

暖炉
ゴスペルの冬は、暖炉に火が入り、なんともいえない温もりに包まれます。「京都の冬は雪も降ります。ぱちぱち薪の燃える音を聞きながら、暖炉で温まってください」とオーナー。
春になると、外壁をつたうツタの葉も青々と元気を取り戻します。気候の良い春や秋には、窓が開け放たれ、風を感じながらのティータイムも楽しめます。ハーブガーデンも夏は元気。四季折々のゴスペルの魅力を楽しみに訪れてみてください。

スマートポイント

  • 銀閣寺、哲学の道からすぐの、閑静な住宅街の中にある洋館カフェ。散策途中のコーヒータイムにぜひ立ち寄りたい。あたたかい紅茶、ハーブティは、たっぷり飲めるポットサービス。夜は暗めの照明で更に大人の雰囲気。
  • チョコレートケーキやレモンケーキなど、焼き菓子はテイクアウトできるものもあり。自分用のおやつや、お土産にどうぞ。
  • 1階には、アンティーク雑貨と古書を扱う店「迷子」もあり。コーヒーも飲める。蓄音機があったりと、ちょっとおもしろい空間。合わせてのぞいてみたい。

ライターのおすすめ

「京都で学生時代を過ごした両親の、思い出の場所だと聞いて来ました」と訪れる修学旅行生もいるとか。ゴスペルとは、“GOOD SPELL(良い知らせ)”。開店35年の老舗の“変わらない魅力“は、素敵です!

砂野加代子

エディター&ライター。学生時代から生活の中心はほぼ京都。近頃つくづく「大人の京都は楽しいなぁ〜」と思う。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

4+