* menu
閉じる

お土産お土産

2016.06.04

京都を感じられるお菓子屋さん
といえば「マールブランシュ」

writer : 砂野加代子

_DSC_1172 (1)
「京都のお菓子屋さん」といえば一番に名前を思い浮かべる人も多い、京都スイーツを代表する銘店「京都北山マールブランシュ」。マールブランシュが掲げるおいしさの考え方は、「京都クオリティ」。徹底的に素材にこだわり、京都の感性と、京都に根付いた匠の技で生み出されるのは、五感に響く洋菓子です。
_茶の菓 イメージ㈰
まちがいなく喜ばれる、京都土産の定番になっているお濃茶ラングドシャ「茶の菓」。お濃茶のほろ苦い香りと、お抹茶本来の甘みが感じられるラングドシャに、たっぷりの特製ホワイトチョコレートをはさんだ一品は、和と洋が合わさった「THE 京都」の上品な味わい。お土産にはもちろん、自分用にもしっかり買っておきたいお菓子です。

やっぱり、北山本店に行きたい!

_北山本店 内観
1982年に北山通りにオープンした北山本店では、生ケーキも焼き菓子も、マールブランシュのすべての商品がそろいます。本店スタッフがコンシェルジュとして、丁寧におもてなし。マールブランシュのショコラトリー「加加阿365祇園店」のショップインショップも併設しているので、祇園店で販売されている可愛いスティックチョコレート(当たり付き!)なども購入することができます。ゆっくりと贈り物などの相談ができるコンシェルジュルームも設けられていて、とても上質な空間が広がっています。

サロンでゆっくりお茶を楽しむ

_本店 桜
北山店のショーケースには、定番のケーキをはじめ、四季折々に季節を感じさせるケーキが次々と登場し、常時10種類以上のケーキが並んでいます。ケーキを選び、季節の花がディスプレーされたサロンで、ゆっくりティータイムを過ごすのがおすすめ。ケーキ柄の椅子があったりと、至るところにおもてなしの心が感じられます。

_DSC_1168
_IMG_5654
ここでしか食べられない、北山本店限定のケーキもおすすめ。和束産宇治茶のお紅茶ババロア、美山産有精卵の苺ショートケーキ、丹波産ほっこり黒豆きなこショートケーキなど、どれも文句なしの美味しさです。
_IMG_0208_s
_有精卵ショート
_07C9786_s
ケーキのおともには、ぜひキャンドルの灯で温めながら楽しむ、7種類のフルーツが入ったフルーツティーを。見た目も、香りも、味も、幸せ気分をアップしてくれるにちがいありません。
_IMG_5658

北山本店限定! 新しいモンブランデザート登場

_U2A0292_s
開店以来、愛され続けてたきた看板メニューの「モンブラン」。この春、北山本店サロン限定メニューとして、モンブランデザートが新登場しました。
風味付けに使うラム酒を3種類の厳選された銘柄から選べ、目の前で、こだわりのマロンクリームをたっぷりと絞り出して仕上げてもらえるという、とびきりフレッシュで贅沢な一皿です。もちろんノンアルコールのシロップもあるので、車の方もOK。特別感満載の「モンブラン・オートクチュール」は税込1296円。季節限定四季のモンブランデザートも同時に新登場し、夏には冷たいかき氷のモンブランメニューも登場するそう。モンブラン好きにはたまらない、目が離せない展開になりそうです。
シルエット

京都駅みやこみちでもマールブランシュカフェタイム!

_マールカフェ店内写真_生茶の菓
京都駅近鉄名店街みやこみちでも、マールブランシュのケーキでカフェタイムを楽しむことができます。お濃茶ラングドシャ「茶の菓」などのお土産を買うこともでき、新幹線や電車の時間に合わせて、自分のリズムでゆったり過ごすことができると好評です。京都らしいオリジナルのおしゃれな鉄瓶で出てくるお茶も人気です。

(写真(ケーキ・店内等):マールブランシュ提供)

スマートポイント

  • 繊細な季節の移ろいを感じさせる「季節限定ケーキ」が次々新しく登場してくるので、要チェック。訪れるたびに新しいケーキとの出会いがあります。季節ごとのカフェのしつらいも楽しみ。
  • 贈り物や、発送について相談したい人は、併設のコンシェルジュルームへ。買いたい商品が決まっている場合は、事前に予約しておけば、コンシェルジュルームで受け取りもできます。
  • 5月〜販売の、ショコラトリー加加阿365祇園店のアイスキャンディーも大人気。マロン&ホワイトチョコレート味など注目の新フレーバーも。大当たり棒もあり、5000円相当の詰め合わせのプレゼントがあるそう。

ライターのおすすめ

昔から、マールブランシュのおしゃれなモンブランが大好き。新登場の「モンブラン・オートクチュール」もおすすめ。お濃茶ボンボンラングドシャ「茶の菓 佇古礼糖」も絶品!

砂野加代子

エディター&ライター。学生時代から生活の中心はほぼ京都。近頃つくづく「大人の京都は楽しいなぁ〜」と思う。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+