* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.12.06

品ぞろえ豊富な元町の果物屋
フルーツショップサンワ

writer : 並河智子

フルーツショップサンワ
創業半世紀を超える店が多く立ち並ぶ元町商店街。その中に、地元・神戸の人はもちろん、観光客からも愛される果物屋「フルーツショップサンワ」があります。創業は昭和30年、当時は高級品だった台湾バナナの専門店として誕生しました。国内、海外から取り寄せる50種類以上の新鮮な果物のほか、天津甘栗や、生ジュース、ナッツやドライフルーツなど品ぞろえ豊富。気さくな店員さんとのやり取りや、レトロさを感じる昔のままの店構えにも心が和みます。

果物屋ならではのフレッシュジュース

フルーツジュース
名物の一つが、店の前にジューサーがずらりと並ぶ生フルーツジュース(220円~)。キウイ、スイカ、メロン、マンゴーなど、常時8種類ほどの味が楽しめます。材料は、果物と水、氷、少しのシロップだけ。店の商品の中から、完熟した果物を選んで作るので、素材の甘さが生きています。果物屋だからこそできる生ジュースです。
生オレンジのジュース
こちらはシロップも入らない、100%果物だけを使った、生オレンジ(330円)。濃い甘さと酸っぱさが、体を元気にしてくれそうです。
店員さん
店前にある装置で、店員さんが手絞りしてくれます。まさにできたて、フレッシュな味わいです。

じっくり焼いた、甘い天津甘栗

天津甘栗
創業当時から焼き続けている天津甘栗。お祭りの屋台ではよく見かけるものの、常時買えるところは珍しくなりました。大きなガス窯を使って、1時間かけてじっくり焼く天津甘栗は、素朴で自然な甘さ。一度水洗いをして浮いてきた栗を捨て、中身がしっかり詰まった品質のよい栗だけを焼いています。
グラム数で買える天津甘栗
225g(540円)から1,500g(3,240円)までと、6種類のグラム数で買えるのも嬉しいところ。毎日のおやつにと、1年を通して通う常連さんもいる定番の人気商品です。

めったに手に入らない果物も充実

トロピカルフルーツ
リンゴやみかん、梨などの定番の果物のほか、グァバやシークアーサー、パパイヤなどのトロピカルフルーツや、海外の珍しい果物もたくさんあります。その一つがフィリピン産のヤシの実(650円)。2ヵ所ほど穴を開け、ストローを刺して、ジュースとして飲みます。
ドリアン
5月~10月頃の季節限定で店頭に並ぶのは、果物の王様と言われるドリアン(8500円)。強烈な匂いがしますが、果肉は甘みがあって濃厚な味わいで、一度食べればやみつきになるとか。こういった珍しい果物は、外国人や、「海外で食べたあの味が忘れられない!」と購入するお客さんが多いそうです。

レトロな買い物袋もかわいい

レトロな買い物袋
店構えと同じく、レトロな雰囲気が魅力的なのが、商品を入れてもらう買い物袋。こちらも創業時から変わらないデザインだそうですが、手書きのイラストや文字がいい味を出しています。ちょっとした手土産に、天津甘栗や果物を買って行くのも喜ばれそうですね。

スマートポイント

  • 元町商店街の中にある、昭和30年創業の果物屋さん。新鮮な果物がリーズナブルな価格で買え、国内産のものから、海外の珍しい商品まで品揃えも豊富。ナッツやドライフルーツもある。
  • 名物の生フルーツジュースは、完熟した果物を使って作るから、素材そのものの甘さが際立つ。買い物途中のエネルギー補給にぴったり。
  • 天津甘栗は、1時間かけてガス窯でじっくり焼く。下ごしらえに一手間かけて、いい栗だけを焼いている。素朴な甘さは、いくつでも食べたくなる味。

ライターのおすすめ

店構えや、買い物袋のレトロさが、とにかくかわいくてツボでした!店員さんもとても気さくで、楽しく栄養補給&買い物ができるスポットです。

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+