* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.12.21

ちりめん山椒の名店「やよい」
はなれのカフェも超おしゃれ

writer : 砂野加代子

「やよい」本店
八坂神社の南楼門から南へ50mほど歩いたところ、高台寺、清水寺に向かう道沿いにある「やよい」本店は、京の手土産の定番・ちりめん山椒の人気店です。温かいご飯のお供や、酒の肴にぴったりのちりめん山椒は、昔ながらの京のお惣菜。おみやげや自宅用に買いたい、こだわりの京佃煮がそろいます。純和風の店舗の奥にあるはなれには、和と北欧のテイストが融合したおしゃなカフェもあります。やよいならではの「お茶漬け膳」、おじゃこを使った「パスタ」など、京都らしいやさしいメニューが人気。和のスイーツで、ほっこりと一息つくのもおすすめです。

京佃煮のおみやげならおまかせ

数寄屋造の店内
ほっこりできるコーナー
京都の伝統的な建築である数寄屋造の店内は、味わいのある趣に満ちています。奥行きの深い京都ならではの空間も魅力。店舗の奥にある坪庭を眺めながら、ほっこりできるコーナーもあります。坪庭の井戸の水を引き入れた小さな川も流れています。
おいしい京佃煮
試食
看板商品の「おじゃこ」はもちろん、「おこぶさん」や「ごぼうさん」「いわし美人」など、おいしい京佃煮がずらり。どれも、徹底して素材からこだわった手作りの逸品ばかりです。試食ができるのもうれしいですね。

雅な味の「おじゃこ」

おじゃこ
やよいでは、看板商品であるちりめん山椒のことを「おじゃこ」と呼んでいます。徹底しておいしい素材にこだわり、九州・四国産のちりめん、兵庫県丹波産の実山椒を厳選。大量生産は行わず、丁寧な手作業で作っています。
清酒をたっぷり使い、多めの調味料で蒸し炊きに近い状態で炊き上げるので、やよいの「おじゃこ」は、ふっくら、しっとり、ぱらぱらの仕上がり。実山椒の辛味も絶妙で、上品でやさしいお味です。
おじゃこのアップ

落ち着いた北欧調のカフェでくつろぐ

カフェ
ぜひゆっくりと利用したいのが、和と北欧のモダンな雰囲気が両方味わえるおしゃれなカフェ。店舗奥のはなれにあるので、まさに隠れ家のようなくつろぎ空間です。北欧を代表する家具ブランドJ.L.Molre(ジェイエルムラー)の美しい椅子や、louis poulsen(ルイスポールセン)の照明など、洗練された北欧デザインが和の雰囲気と馴染み、あたたかくて居心地の良い空間になっています。
壁面の飾り棚
壁面の飾り棚にはiittala(イッタラ)のオブジェが。

大満足のお茶漬け膳やパスタ

お茶漬け膳
お茶漬け
「お茶漬け膳」(デザート付1,390円)は平日10食、土日・祝日20食限定の人気メニュー。やよいの佃煮の盛り合わせと季節ごとの手作りおばんざいを、土鍋で炊き上げた熱々のご飯と一緒にいただくことができます。土鍋のご飯はお茶碗二杯半ぐらいあり、ボリュームもたっぷり。そのままいただくもよし、特製だしをかけていただくもよし。おいしい「和のご飯」を堪能できます。11時までの朝メニュー「じゃこ粥」(620円要予約)、13時からのメニュー「おじゃこの炊き込みご飯」(800円)もおすすめです。
おじゃこパスタ
おじゃこがたっぷり入った「おじゃこパスタ」(クリームソース1390円)も新鮮な美味しさ。パスタに合うワインやビールもあります。
おうす山椒ケーキ
お干菓子付の抹茶や、抹茶と山椒の組み合わせが絶妙な「おうす山椒ケーキ」、抹茶とほうじ茶の自家製ゼリーに小豆を添えた「茶々ゼリーパフェ」など、和のスイーツも見逃せません。

スマートポイント

  • やよいならではの味と、洗練された雰囲気を楽しめるカフェは、通りから奥まったはなれにある穴場スポット。
  • 祇園界隈のお茶屋さんのお土産にも使われる「おじゃこ」。本店限定商品もあるので、ゆっくりやよい本店を訪れたい。
  • 季節を彩る期間限定商品もお楽しみに。12月は葡萄豆(丹波黒大豆のワイン煮)、1〜2月はゆずちりめん、たらこ茶漬けなど。販売期間などは要チェック。

ライターのおすすめ

やよいの「おじゃこ」は、我が家も常備しているお気に入り。取材時にバターを塗ったパンにふりかけてトーストしても美味しいと教えていただき、やってみたら美味しかった! チーズをトッピングしてもgoodです。

砂野加代子

エディター&ライター。学生時代から生活の中心はほぼ京都。近頃つくづく「大人の京都は楽しいなぁ〜」と思う。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0