* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.08.18

新感覚スイーツを年中楽しめる
グリーンシェイブアイス

writer : 磯本歌見

ふわふわ食感が特徴の台湾式かき氷専門店「グリーンシェイブアイス」。2017年5月にオープンしたこの店の看板メニューは2種類の「エスプーマかき氷」。京都の抹茶を使った甘さ控えめの「抹茶」と、ヨーグルトベースの氷にチーズ入りのソースをかけた「チーズティラミス」が大人気です。そのほか、マンゴーやイチゴなどのフレーバーアイスなども用意しています。

カジュアルな雰囲気の店内

台湾式かき氷専門店「グリーンシェイブアイス」外観
カジュアルな店内
カウンター席
日本ではかき氷を「クラッシュドアイス」という横文字で表現することが多いですが、欧米でかき氷は「シェイブアイス」が一般的。それをそのまま店名として使っているこのお店。かき氷をスイーツとして年中楽しんでいただきたいという思いがこもっています。
シンボルボードの黒板に描かれたフォトジェニックなチョークアート
お店は中崎町西部にあり、JR大阪駅、各線梅田駅からも徒歩圏内というロケーションも自慢です。店内はカジュアルな雰囲気で、シンボルボードの黒板に描かれた絵は、チョークアート。まさにフォトジェニックで、この看板とスイーツを一緒に撮って帰るお客さんも多いそうです。

京都・宇治の厳選の抹茶を使用

こちらの人気のツートップは、エスプーマの「抹茶」と「チーズティラミス」(各980円)。「エスプーマ」とは、氷自体に味が付いたものを専用の機械で削り、独自の工夫として、亜酸化窒素を使ってあらゆる食材をムースのような泡状にする調理法のこと。
京都・宇治の抹茶だけで作られている人気の抹茶
「抹茶」は、京都・宇治の抹茶だけで作られている氷をベースに、二層のコーティングソース、そしてその上に抹茶のエスプーマ、抹茶のパウダーをトッピングした一品です。ふわふわのかき氷は、抹茶の味が濃く、パリパリ食感の抹茶チョコ入りで、甘み控えめの大人の味わいです。こちらの抹茶、オーナーが京都のあらゆるお茶を飲んでやっと見つけた厳選のもの。最も深みのある逸品をセレクトしました。

ヨーグルト×チーズの格別な味わい

チーズティラミス
「チーズティラミス」は、ベースのかき氷はヨーグルト味。そこにニュージーランド直送の濃厚なチーズのふわふわエスプーマがかかっています。そして、ティラミスの風味付けとしてソースとパウダーをトッピングしています。

どれもおいしくてボリューム感抜群

マンゴーの「フレーバーアイス」
このほかにも、「フレーバーアイス」(780円)として、マンゴー、イチゴ、フルーツヨーグルトの3種類があります。マンゴーとイチゴは、それぞれの味付き氷を削ったものに、ダイナミックに果実をトッピングしたもの。フルーツヨーグルトは、果実とヨーグルトの味付きかき氷です。
フローズンドリンク「カフェチョコ」
フローズンドリンク「ミックスベリー」
また、フローズンドリンク(580円)は、かき氷をミキサーにかけてフローズン状にしたもの。こちらは、ミックスベリー、マンゴー、カフェチョコ、パインがそろっています。
 ドリンクもありますよ。ミルクティーと抹茶をタピオカ入りかバジルシード入りか選ぶことができ、計4種類からセレクトできます。

年齢を問わず女子率高し

グリーンシェイブアイスは、お客さんの85%が女子という女子率の高いお店。10~30代が中心層ですが、看板商品が抹茶ということで、40~50代の大人女子にも支持されているそうです。
女性2人だと違うメニュを2種類オーダーしてシェアするというケースが多く、メニューが2つそろうまで待って写真を撮る人がほとんどだとか。見た目のボリューム感にまずは歓声が上がり、食べてまた「おいしい~」という歓声が上がるそうです。将来的には、果実系や野菜のエスプーマが増えていく予定だそう。ますます楽しみですね。

スマートポイント

  • Facebook、Twitter、instagramのいずれかをシェアすると、すべての商品が100~200円オフの友割価格になる。例えばエスプーマ「抹茶」通常980円のところ、友割価格780円など。
  • オープン直後から13時くらいまでは割とすいているので利用しやすい。
  • フローズンドリンクは500ml入りとかなりのボリューム感がある。大きいうえにホイップものるのでお得感もある。

ライターのおすすめ

エスプーマの抹茶はとにかく濃厚。エスプーマの部分はふわふわの新感覚で、トッピングにも抹茶パウダーがかかっています。抹茶好きにはたまらないおいしさの逸品です。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

4+