* menu
閉じる

観光観光

2017.04.14

神戸海洋博物館で知る港町神戸
併設カワサキワールドで体験も

writer : 塚本隆司

企業博物館「カワサキワールド」
世界的にも良港といわれる神戸港。その歴史は古く1300年前にさかのぼる。その港町神戸の誕生から現在・未来を伝える施設が「神戸海洋博物館」だ。神戸生まれの世界的企業・川崎重工グループの企業博物館「カワサキワールド」も併設されている。
小さな子どもから大人まで、乗り物好きには夢のような施設なのだ。

港町神戸の代表的建物「神戸海洋博物館」

神戸海洋博物館とカワサキワールドは一体の施設で入口はひとつ。港町神戸に関する展示の神戸海洋博物館と神戸での造船業を礎に世界的企業へ成長した川崎重工グループの歩みと技術が紹介されている。
帆船をイメージして設計された外観
特徴ある外観は誰もが目にしたことがあるはず。帆船をイメージして設計された外観で、神戸ポートタワーと並ぶそのシルエットは神戸を代表する景観になっている。

展示内容は、神戸の港が生まれた歴史を紹介するコーナーや船好きにはたまらない模型展示がいっぱい。
カワサキワールドには、カワサキのバイクをはじめ、ジェットスキーや航空機、新幹線と、見るだけではなく体験できるコーナーもあり、ワクワクさせてくれる。

エントランスに巨大帆船

巨大な帆船
入口を入ると目に飛び込んでくるのが巨大な帆船。150年前、海外諸国との窓口となるべく開港した神戸港。その時、祝砲を放ったのが英国艦船「ロドニー号」だ。1/8スケールだがそれでも大きく、細部まで復元されている。
真珠と金で造られた帆船模型
1階フロアは、現代から未来に向けての展示で船舶模型などが並ぶ。なかでも、真珠の取扱高日本一の神戸らしく真珠と金で造られた帆船模型は必見。
船首像
海賊など大航海時代をほうふつとさせる展示もある。写真は船首像。航海の安全を願って船首部分にかざられた彫刻だ。
クルーズ客船の船内をイメージしたコーナー
現代の船として思い浮かぶのは豪華客船。クルーズ客船の船内をイメージしたコーナーでは、客船の楽しみ方や過ごし方を紹介。ちなみに写真の手前にある客船模型は、神戸港にも寄港する国内最大のクルーズ船「飛鳥Ⅱ」だ。

神戸港の歴史を知る

2階の展示は港町神戸の歴史を伝えるフロア。神戸開港150年といえども、幕末に海外との門戸を開いてからの話。神戸の歴史に関する展示が並ぶ。
2階の展示
神戸に港が造られたのは、およそ1300年前の奈良時代。その後、港を発展させたのがNHK大河ドラマにもなった「平清盛」。大河ドラマ館内で上映されていた映像などが見られる。

また、神戸といえば忘れてはならない阪神淡路大震災時の記録写真なども掲示されている。

神戸で誕生した川崎重工グループ

カワサキワールド
神戸の港について見学した後は、神戸ゆかりの世界的企業・川崎重工グループの魅力が詰まったカワサキワールドへ。
入口から進むとグループが歩んできた歴史が見られる。
カワサキワールドシアター
まず目にするのが、川崎重工グループの陸・海・空にわたる多様な製品を紹介するカワサキワールドシアター。約14メートルの曲面ワイドスクリーンに映し出される迫力ある映像に、きっと驚くはずだ。
モーターサイクルギャラリー
さらに、Kawasakiのバイクが好きという人には、たまらないモーターサイクルギャラリー。歴代のマシン、レース車などの実車が並ぶ。バイクに興味がない人でも、そのカッコ良さに見とれてしまうだろう。
バイクシミュレーター
身長140センチメートル以上の人には、バイクシミュレーターがおすすめ。レース場の走行体験ができる。

カワサキワールドで、子どもも大人も乗り物体験

0系新幹線の実物展示
乗り物好きにとって、カワサキワールドは楽しくて仕方ないはず。まず、0系新幹線の実物展示が目を引くことだろう。何度も乗ったことのある人は、懐かしさがこみ上げてくるはず。車内客席はもちろん、運転席にも座れる。
普段は体験できない乗り物もある。ヘリコプターの実物展示では、客室内部や操縦室にも入れる。
フライトシミュレーター
神戸空港を離着陸するセスナ機の操縦を体験できるフライトシミュレーターもおもしろい。小学4年生以上なら誰でもパイロット気分が楽しめる。
パフォーマンスロボット
他にもパフォーマンスロボットや鉄道模型コーナーなど「みて、ふれて、体験しよう」というコンセプトを実感。大人も子どもも館内には目を輝かせている人でいっぱいだ。

スマートポイント

  • ブラタモリでタモリさんも納得した神戸港の立地。ここでも神戸が港町として栄えた様子がよく分かるはずだ。
  • カワサキワールドは、川崎重工グループの企業ミュージアムだけあって陸・海・空の乗り物がいっぱい。大人も子どもも楽しいミュージアムだ。
  • 併設のミュージアムショップには、ここでしか買えないお土産もある。一番人気はオリジナル瓦せんべい。

ライターのおすすめ

神戸らしさもあり、ここでしか見られないもの、体験できないものがいっぱい。とても紹介しきれないほど楽しい施設です。

塚本隆司

ご覧頂きありがとうございます。
「行きたい」気持ちが「行こう」に変わった瞬間が今ならうれしいです。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0