* menu
閉じる

観光観光

2016.07.08

まるで都会の中のオアシス!
子供も大喜びのホノルル動物園

writer : 編集部

動物園入口
ハワイの人気観光地の1つとなっているホノルル動物園。ショッピングモールなど室内の見所が多いワイキキの中で、自然と触れ合え、子供も大満足な観光スポットです。
園内には900種類以上の動物が生息し、ハワイ固有種も見学することができます。動物が自然に近い状態でのびのびと飼育されていることもホノルル動物園ならではの魅力です。
生息動物

都会の中にたたずむ動物の楽園

まずホノルル動物園の魅力の1つとして、アクセスの良さがあげられます。
ワイキキ観光の中心となるロイヤルハワイセンターやワイキキビーチからも徒歩15分ほどという好立地に膨大な土地を有しています。
ハワイでもっとも有名なストリートであるカラカウア通りをビーチ沿いに西に進み、カパフル通りで左に曲がると、すぐ右手にホノルル動物園があります。
ビーチ沿いの道を歩くのも気持ちいいので、行くまでの道もおすすめです。
カラカウア通り
カピオラニ公園内にあるので、施設の目の前にも芝生の広場が広がっており、多くの子供たちの遊び場になっています。
カピオラニ公園
通りを挟んだ真向いには、観光客・ローカルともに人気が高い老舗ハンバーガー屋「Teddy’s Bigger Burgers Waikiki」もあります。園内を歩きお腹をすかせた後に是非食べたいグルメです。
ハンバーガー屋外観

親近感たっぷりの動物達がすぐ近くに!

入場料大人14ドル、子供7ドルを支払い、中に入ると左手にお土産屋さんがあり、すぐに地図がありますので、自分なりの回るルートを決めましょう。
園内地図
日本の動物園と比べて、ゆとりある空間となっており、自然が溢れています。どこまでも広がる青い空の下で周囲を自然に囲まれて、普通に散歩をしているだけでも格別な解放感が感じられます。
園内
大人の足でも、一周見て回るのに1時間ほどはかかるでしょう。
実際に歩いてきながらいろんな動物を見ていきましょう。
ゴリラ
ゴリラは炎天下の下でも活発に動いていました。
腕だけを用いて棒から棒へと飛び移る、我々が想定している一般的なゴリラの動きをしていました。ワイキキ内にあるので、後ろには高いビルがたくさん見えます。
活発に動くゴリラ
こちらはゆっくり日陰でお休み中、愛らしいです。ナマケモノと同じエリア、この真下には亀もいました。
キツネザル
カメ
別のところには大きなカメも。迫力がありますね。
大きなカメ
すべて檻がないので、動物たちを直接に間近で見られます。
人々が歩く道中にも、こんなきれいな色の翼を持つ鳥もいます。
目をこらせば至るところで多種多様な動物を見ることができます。
クジャク

人気ゾーン!アフリカサバンナの世界観を実現!

アフリカサバンナゾーン
ホノルル動物園1番の見せ場は、アフリカサバンナゾーンです。
赤土で作られたこのエリアでは、本当にサバンナにいるような気持ちになれます。もちろんこのエリアにも檻などはなく、この徹底した雰囲気づくりもホノルル動物園の魅力の一つでしょう。
サイ
このエリアには多くの大型動物も生息しており、見ごたえある動物がたくさんいます。ゾウ・キリン・サイ・カバ・ヒヒ・ライオンなど人気動物たちが生き生きと過ごしています。赤土の雰囲気の中で見られる大型動物たちには格別な興奮を覚えるでしょう。
キリンとシマウマ
キリンとシマウマなど異なる動物同士が同じエリアにいる点にも、リアルな大自然を彷彿させられます。もちろんライオンなどは別エリアにいますが。
ペンギン
サバンナエリアにペンギンもいます、子供たちの人気者です。

うれしい設備やサービスも盛りだくさん!

自然あふれるホノルル動物園ですが、自然だけでなく家族旅行向けの便利なサービスや施設もたくさん用意されています。
家族旅行向け施設
アフリカサバンナとは対照的に、子ヤギやニワトリなど可愛らしい動物たちが集まったケイキ・ズー(子ども動物園)というエリアも存在します。小動物がいる柵内に子ども達も入り動物に触れることができます。柵の高さも子どもの目線に合わせ低く設置されており、子連れにうってつけの優しいエリアです。
カフェ
ケイキズーの隣には、パラソルの下でゆっくり休めるカフェもあるので、ここで一休みも可能です。
ホノルル動物園には優しいサービスもたくさんあります。入口の側にあるお土産屋さんでは、車いすと子ども用のカートの貸し出しも行っています。子連れの方や年配の方は、これらを利用すると疲れにくく、より快適に楽しめるでしょう。
レンタルカート
お土産屋にもホノルル動物園限定グッズが多くありますので、チェックしてみてください。入口と出口は同じ場所で、帰る間際にもお土産屋を通りますので、購入するなら回り終わった後の方が良いでしょう。

ホノルル動物園は屋根が少なく午後は日差しが非常に強いので、午前中に訪れるのがおすすめです。午後になると暑くて、午前よりも動物もばてて動きにくくなります。

スポット詳細

PR
PR

記事検索

ツアー検索

0