* menu
閉じる

観光観光

2016.07.11

ディープな街チャイナタウンで
本格「飲茶」をお得に楽しむ

writer : 編集部

テーブルとティーセット
チャイナタウンはリゾート地というイメージが強いハワイの中で、一風変わった景色が見られるエリアです。ワイキキやその他のエリアとは明らかに異なる雰囲気を楽しめること間違いなしです!
ビーチとは違った活気あふれるカオスな雰囲気を楽しむだけでも価値はありますが、チャイナタウン人気の1番の秘訣は飲茶でしょう。美味しくて、ボリュームたっぷりの点心を低価格で楽しめます。

チャイナタウンの歴史を紐解く

チャイナタウン
チャイナタウンはダウンタウンの西側一帯にある中国人街です。チャイナタウンが形成されたのは19世紀です。19世紀に中国から多くの移民がハワイの地に来るようになり、その中国移民の人々によってダウンタウンと道を隔てた隣に作られました。
 ホノルル港に近いこともあって、かつては船員の歓楽街ともなっておりました。当時は治安も悪化し、危険地域とされ一般人からは避けられるようになってしまいましたが、1980年代後半から市が主体となり治安回復に努めました。実際に監視カメラやライトも設置され治安は大きく回復し人気観光地となりました。
中国寺院風ビル
今では人気中華店も多く、たくさんの飲食店がありますが、チャイナタウンに最初にできた中華レストランは1882年創業の「ウー・ファット」です。チャイナタウンのみならず、ホノルルの中でももっとも古いレストランです。お店は閉店してしまっていますが、店が入っていた中国寺院風ビル(ウー・ファット・ビルディング)の1階では雑貨店や中華食材店が営業しており見にいく観光客も多いです。

住んでいる人も多く、野菜・果物・肉・魚などを扱う市場や飲食店はもちろん、雑貨店、衣料店など生活感あふれるお店がぎっしりと立ち並んでいます。鶏や豚の頭、カラフルな魚などが無造作に並べられた様子は日本人には馴染みはなく驚くことでしょう。チャイナタウンはアメリカの歴史的遺産保護地区にも指定されています。

視覚も味覚も楽しめる本格中華の飲茶

本格飲茶
チャイナタウンと言えばグルメ!本格飲茶を低価格で体験できます。
飲茶とは、蒸し餃子やシューマイなど様々な点心(ディムサム)から好きな物を選んでお茶を飲みながら食べる習慣のことです。ワゴンカーで点心を運んできてくれる店も多く雰囲気から中華気分も高まります。
レジェンドシーフードの飲茶
中でも人気が高いレジェンドシーフードはランチタイムには行列ができるほどです。プリプリの身のエビなど、蒸たてほやほやの飲茶をとてもお得に楽しめます。
レジェンドシーフード外観
コンドミニアムなどに長期滞在している方は調理用の食材を買いに行くのも良いでしょう!無造作に並べられており見た目は良くないですが、野菜、果物、肉などをスーパーより低価格で購入することができます。特にマウナケアマーケットプレイスは見物です。豚の顔、カエルや熱帯魚がところ狭しと並べられおり、他では見られない光景が広がっております。
生花を販売しているお店も多いのでハワイならではの花を購入してみるのもおすすめです。

アクセスも便利な繁華街

ワイキキ中心部からチャイナタウンへは、ザバスで簡単に行くことができます。
所要時間は35分ほどです。どれだけの区間乗っても一律2.5ドルなのである程度の距離のある区間はお得ですね。本数も5~10分ごとに一本はあるので便利です。バスはカラカウア通りの一般北側の通りであるクヒオ通りから乗ることをおすすめします。西側に行くので西側に進むバスに乗ります。
ザバス
そんな便利なチャイナタウンですが、街歩きや買い物は朝、または日中にした方が良いでしょう。朝早くに開店して15時頃には閉まるお店が多いです。
近年だいぶ治安も良くなったとは言え、夜遅くになると、やはり酔っ払いやホームレスを見かけることも多く、少し不穏な空気が流れています。十分に気をつけましょう。

スポット詳細

PR
PR

記事検索

ツアー検索

6+