* menu
閉じる

旅行コスパ旅行コスパ

2020.09.01

コンビニでも使える!?
地域共通クーポン加盟店について

writer : 編集部

【2020年9月9日更新】こんにちは!10月1日より利用できるようになると発表のあった地域共通クーポンに関して、いまだに利用可能な取扱店舗が9月8日より登録申請開始となりました。こちらでは、現在出ている情報及びニュースなどの情報でどういったところが取扱店舗になれるのかなど、現時点でわかっている情報についてまとめました。

 

コンビニでも使える!? 地域共通クーポン

コンビニでも使える!? 地域共通クーポン

地域共通クーポンに関して当初から出ている情報として、「旅行中における地域での消費を喚起する観点から、幅広い業種・業態を対象とする予定」というものがあります。”幅広い業種・業態を対象”とありますので、いったいどういった業種が対応になるのだろうという疑問を持っている方も多いのではないでしょうか?

8月28日の沖縄タイムスという新聞社が運営しているWEBサイトに下記のような情報が出ておりました。

クーポンの配布や事業への登録の開始時期、申請方法などの詳細は「未定」が多い。実はコンビニやスーパーなど観光関連でない小売店を含めた幅広い業種が対象となるが、周知も足りていない。

沖縄タイムズ「「配布はいつ?」GoToセットの地域クーポンに期待と困惑」(参照 2020.09.01)

コンビニやスーパーなどの小売店でも使えるとは驚き!但し、周知も足りていないとあるので、実際にコンビニやスーパー自体が申請をしていなければ加盟店にはならない。申請して加盟店となった店舗のみが対象となるわけですが、それでもコンビニに関しては旅行中でも需要が高く、実際、ホテル選びに関してコンビニが近くにあるかという点においては重要なポイントであることは利用されたことがある皆さんならご理解いただけると思います。

 

地域共通クーポンで利用できないものに注意!

地域共通クーポンで利用できないものに注意!

ここで注意しなければならないのは、地域共通クーポンが利用できないものがあるということです。使えないものとしては、各種税金の支払いや宝くじ、水道光熱費などがあげられます。また、換金性の高いものについても対象外となります(QUOカード、金券など)。コンビニが加盟店になったとしてもこれらのものや、今後、GOTOトラベル事務局が対象外とするものについては、利用できませんのでご注意ください。

 

地域共通クーポンはどこで使うべき?

地域共通クーポンはどこで使うべき?

現在、加盟店はまだ公表されていませんが、旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、アクティビティ、交通機関など幅広い業種・業態で利用できるということなので、どこで利用するか迷われる方も多いと思います。

今後、GOTOトラベル事務局の方で、一覧をHPで見れるように準備をしているとのことですが、スマートマガジンでも旅行先でどういったものに利用するのがオススメなのかに関しては、公表され次第、現地調査などで情報を発信してまいります。

せっかく旅行に行くわけですし、どうせなら地元では買えないものや体験できないものに利用する方が思い出にも残るわけなので、旅行先のおすすめの情報を合わせて今後発信してまいります。

 

地域共通クーポンその他の情報

地域共通クーポンその他の情報

スマートマガジンでは、GOTOトラベルに関する様々な情報を発信しております。現在、地域共通クーポンに関する記事がいくつかございますので、下記、関連記事よりご覧ください。

スマートポイント

  • 地域共通クーポンは、お釣りが出ないので、使い方によっては損をする場合もあります。
  • 地域共通クーポンは、旅行先の都道府県+隣接都道府県で利用できますので、周遊旅行でも利用できるのがうれしい。
  • 地域共通クーポンは、1,000円単位で発行(電子・紙)されます。100円単位は四捨五入となるので、存する場合もありますが、最大15%を超える場合もあります。

ライターのおすすめ

北海道や沖縄など旅行先での体験が多いエリアでは、利用先を迷ってしまう方も多いと思います。普段は手が出せなかったオプションなどで利用すると、新たな旅の発見にもつながるので、思いで残る利用をオススメします。

PR

記事検索

ツアー検索

5+