* menu
閉じる

予約の方法予約の方法

2021.10.26

「GoTo 2.0」開始前に準備を!
ワクチン接種証明書の発行方法は?

writer : 編集部

全国各地で緊急事態宣言の解除や、飲食店の時短要請解除などが進み、いよいよ次はGoToトラベルの再開!と期待が高まっています。
GoToトラベルが再開される際に、新型コロナウイルス感染症ワクチンを2回接種していること、またはPCR検査等で陰性であることを証明できる人を対象に、制限を緩和する「ワクチン・検査パッケージ」を活用した割引支援となる可能性があります。今のうちに「ワクチン・検査パッケージ」とワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行方法について確認しておきましょう。

「ワクチン・検査パッケージ」とは?

「ワクチン・検査パッケージ」とは、新型コロナウイルス感染症のワクチン2回接種完了者や、PCR検査で陰性を確認できた人など、自身の感染や、他人に感染させるリスクが低いとされる人を対象に、制限を緩和しようとする取り組みです。
ワクチン接種希望者への接種が行き渡る2021年11月頃を目処に、GoToトラベルだけでなく、今まで制限されていたイベント等でも「ワクチン・検査パッケージ」が活用されると予想されます。

ワクチン接種証明

ワクチン接種をしないと旅行に行けないの?

ワクチン未接種であっても、国内旅行を申し込むことは可能ですが、今後再開が予定されているGoTo 2.0では、「ワクチン・検査パッケージ」が活用される可能性が高いとされています。
「ワクチン・検査パッケージ」がGoTo 2.0の割引支援を受けるための条件となった場合は、予約の申し込みにワクチン接種証明書または、PCR検査などでの陰性証明書が必要となります。

ワクチン接種証明書はどうやって発行するの?

「ワクチン・検査パッケージ」を利用するために必要なワクチン接種証明書は、現時点では統一されたフォーマットやスマホで提示できるアプリなどはなく、ワクチン接種券の右端の「予防接種済証(臨時)」部分がワクチン接種証明書として利用できます。

ワクチンを接種済みの方は、ワクチン接種時に接種日やワクチンの製造番号が記載されたシールの貼付などがありますので、改めてワクチン接種証明書を発行してもらう必要はありません。

接種券原本を持ち歩くのが不安な方は、コピーを持ち歩くか、携帯電話で接種日、氏名、生年月日、住所が記載された部分が確認できるように写真を撮って持ち歩くなどの方法があります。
もし、ワクチン接種券を無くしてしまった場合は、お住まいの自治体のワクチン接種窓口に、再発行の問い合わせをしましょう。

接種券

デジタル版ワクチン接種証明書やアプリはどうやって入手するの?

現在デジタル庁では12月中旬のアプリ提供を目指して準備が進められています。アプリの利用にはマイナンバーカードの情報と紐付けが必要であるという情報もあります。

マイナンバーカードは、交付申請をしてから市町村の窓口に届くまでに3〜4週間程度かかるようです。
交付通知書が届いた後、市町村の窓口で本人が受け取る必要がありますので、忙しい方は受け取れるまでにさらに時間がかかってしまいます。
マイナンバーカードを持っていない方は、12月中旬のアプリ提供開始に間に合わせるために、今すぐにでも申請をしましょう。
なお、マイナンバーの個人番号通知書のみではアプリの登録はできず、マイナンバーカードが必要となるようです。
「マイナンバーカード総合サイト」はこちら

また、デジタル庁で進められているデジタルワクチン接種証明書の他にも、東京都が発表した「TOKYOワクションアプリ」のように、各自治体が独自にワクチン接種証明書を発行する動きもあります。

東京都の「TOKYOワクションアプリ」は、ワクチン接種記録と身分証を撮影し、事務局が確認の上でワクチン接種証明書が発行される仕組みのようで、2021年11月1日より登録が開始される予定です。
TOKYOワクションアプリ公式ウェブサイトはこちら

特典も期待できる!?

「ワクチン・検査パッケージ」は、GoTo 2.0での利用のほか、飲食店の利用やイベント参加など、今後活用されるケースが増えると予想されます。
割引などの特典を受けられるなどのメリットも期待できますので、ワクチン接種済みの方は上手に利用をしたいですね。

GoTo 2.0開始に備えよう!

GoTo 2.0の内容が決定し、予約が開始されると、人気の日程、人気ホテルに予約が殺到します。
人気が集中すると、旅行代金が値上げされる可能性もあります。

すでに旅行の日程や内容が決まっている場合は、GoTo 2.0の開始が決まる前の予約をおすすめします。
予約済みの旅行でも、GoTo 2.0が開始された場合は「あとから割引」の適用が可能です。

「あとから割引」を期待した事前の予約、GoTo 2.0の開始決定後の予約、いずれの場合も事前にワクチン接種証明書の準備や、PCR検査がどこで受けられるかなどの事前準備をしておくことで、スムーズにGoTo 2.0を利用できるので、ぜひワクチン接種証明書を準備しておきましょう!

スマートポイント

  • 当面は「ワクチン・検査パッケージ」利用時の証明はワクチン接種券が使えそうなので、接種済みの方はすぐにスマホに写真を保存しておくといざというときにすぐ使えます。
  • 「ワクチン・検査パッケージ」は、旅行に限らず飲食店の利用時や、イベント参加時などにも活用が想定されるので、アプリのサービスが始まったらすぐの登録が◎
  • ワクチン未接種の方が「ワクチン・検査パッケージ」を利用する場合は、利用の直前に自費でのPCR検査などが必要なので、検査方法や料金などを事前に確認しておきましょう。
PR

記事検索

ツアー検索

0