* menu
閉じる

旅行コスパ旅行コスパ

2021.12.23

「新たなGoToトラベル」と以前の「GoToトラベル」の違い・変更点は?

writer : 編集部

GoToトラベルの再開が待ち遠しい中、再開後のGoToトラベルについて内容が発表されました。
以前「GoTo 2.0」と呼ばれ適用の条件や内容の見直しが行われ、「新たなGoToトラベル」として内容が発表されました。ここでは新たなGotoトラベルと以前のGoToトラベルと比べて、変更点や注意すべき違いなど最新情報について更新していきます。

※こちらは、公開日が2021年10月22日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

GoToトラベルについておさらい

GoToトラベル事業は2020年7月から実施されており、2020年12月28日から現在に至るまで一斉停止となっております。
新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響を受けた観光業の復興補助の為に実施された、旅行需要を喚起するためのキャンペーンです。
旅行代金の35%が旅行代金から割引(限度額は一人一泊あたり2万円)と、旅行代金の15%分の地域共通クーポンが貰えるというものでした。

新たなGoToトラベルとは?

新たなGoToトラベルとは?
2021年9月末をもって、長らく発出されていた緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が全都道府県で解除され、政府ではGoToトラベルについて、再開時期や内容の見直しが進められてきました。
2021年11月19日に発表された「新たなGoToトラベル」は、当初のGoToトラベルにある問題点の改善や、感染予防対策が盛り込まれました。また、割引率や割引上限額の引き下げ、地域共通クーポンの貰える額などが変更になり、再開後は新しいルールでキャンペーンが運用されます。

■以前のGoToトラベルの問題点■
最大半額相当の支援という事もあり、普段利用しているホテルよりグレードが高いホテルや、最大の割引が活用できる4万円以上の旅行に予約が集中し、割引上限額に満たない比較的安いホテルや宿に支援が行き届きませんでした。
また、土日や連休などの休日に予約が集中した結果、人流の増加につながりました。

そういった点を踏まえて、新しいGoToトラベルではルールや割引率についての変更点があります。

GoToトラベルとの違い・変更点

新たなGoToトラベルでの主な変更点は、割引率、上限額の引き下げ、地域共通クーポンの付与ルールの変更、新たな参加条件の追加となります。

2020年
GoToトラベル
新たな
GoToトラベル
割引率 35% 30%
割引上限額
(宿泊付)
14,000円 交通付き:10,000円
宿泊のみ:7,000円
割引上限額
(日帰り)
7,000円 3,000円
地域共通クーポン 旅行代金の15% 平日:3,000円
休日:1,000円
感染症対策 ・ワクチン・検査パッケージの活用
・旅行後に感染した場合の報告等

割引率・割引額の変更点
以前のGoToトラベルでは割引率は旅行代金の最大35%でしたが、新たなGoToトラベルでは最大30%となります。
また、上限額も以前は宿泊付きが14,000円、日帰りが7,000円でしたが、新たなGoToトラベルでは宿泊付きでも交通費が含まれたパッケージ旅行の場合は10,000円、宿泊のみの場合は7,000円、日帰りは3,000円となります。

地域共通クーポンの変更点
以前のGoToトラベルでは地域共通クーポンは旅行代金の15%でしたが、新たなGoToトラベルでは平日3,000円、休日1,000円と旅行代金に関わらず一律となります。
※「平日」「休日」の定義については改めての発表予定です。
【関連記事】新GoToトラベル「平日」「休日」の定義を旅行のプロが予想!

新たなGoToトラベルの内容発表前に噂されていた地域共通クーポンのデジタル一元化については、2021年11月時点の政府からの発表では含まれていませんでしたが、新たに発表があれば更新したいと思います。

感染症対策についての変更点
以前のGoToトラベルでは感染症対策についてのルールはありませんでしたが、新たなGoToトラベルでは「ワクチン・検査パッケージ」の活用、旅行後2週間以内に陽性となった場合の報告や旅行中の行動履歴の記録がルールとして追加されています。

■ ワクチン・調査パッケージとは?
ワクチンの2回以上接種(2回目接種後から14日以上経過)、PCR検査などによる陰性証明などを利用することで感染リスクの少ないことを証明するシステムです。
「ワクチン・検査パッケージ」については【関連記事】「GoTo 2.0」開始前に準備を!ワクチン接種証明書の発行方法は?で詳しく解説しています。

対象期間の変更点
当初のGoToトラベルでは、キャンペーンの対象期間内であれば、繁忙期など人気の日程であっても適用外の日程はありませんでした。新たなGoToトラベルでは旅行需要が高まる春休み期間(3月下旬~4月上旬頃)の旅行は対象外とする方針が、12月8日に観光庁から発表されました。
※まだ正式な除外日は決定しておりません。

新たなGoToトラベル(GoTo 2.0)の予約の仕方は?

GoTo 2.0の予約の仕方は?
新たなGoToトラベル(GoTo 2.0)では、以前と変わらず旅行会社や宿泊予約サイトなどを利用した予約となります。

✓旅行会社でツアー予約
✓大手宿泊予約サイトからホテル・ツアー予約
✓ホテル・宿のホームページから直接予約

上記の変更点でも触れましたが、新たなGoToトラベルでは、交通付きの旅行と宿泊のみの旅行で割引上限額に差がありますので、旅行中のホテル・交通・オプション・アクティビティが全てセットにできる旅行会社のツアーがおすすめの予約方法です。

ジェイトリップでは、新たなGoToトラベル(GoTo 2.0)の適用条件、参加条件などを満たすお客様のご予約に関しては、予約の取り直し不要でGoToトラベルを適用する「あとから割引」にてご予約を受付中です。
GoToトラベルが再開した際には、メールにてご案内を予定しております。また最新情報については公式ホームページにて更新を行っていきます。

■「あとから割引」に向いている人
GoToトラベルの再開が決定した際には、人気の日程、人気のホテルに予約が殺到します。
また前回は、GoToトラベルの開始・再開に合わせ、航空会社やホテルが料金の値上げを行い、ツアーの料金が高くなることもありました。

既に旅行の日程を決めている人や、混みそうな日程での旅行を検討している人、また人気なホテルに泊まりたいと思っている人など、具体的な予定が決まっている人は「あとから割引」の注意事項を確認していただいた上で、早めの予約をおすすめします。最新情報を確認しながら旅行の計画を立ててください。

新たなGoToトラベル予約の注意事項

新たなGoToトラベル(GoTo2.0)について、再開日は未定です
新たなGoToトラベルの再開時期は2022年1月下旬以降となる見込みですが、開始日、終了日はまだ未定となっております。
GoToトラベルの再開前に「あとから割引」を狙ってご予約された旅行が、GoToトラベル再開前であったり、GoToトラベル対象期間外だった場合に旅行を取り消される場合には、規定通りのキャンセル料が発生いたしますのでご注意ください。
GoToトラベルの割引を前提に旅行を計画されている場合は、最新情報を確認し、開始日の決定後までお待ちください。

新たなGoToトラベルでは除外日があります
新たなGoToトラベルでは、旅行需要の高い春休み期間(3月下旬~4月上旬)に除外日が設けられます。まだ正式な日程は決定しておりませんが、予約後に対象外となった場合に取消・変更を希望される場合は規定通りの手数料が発生いたしますのでご注意ください。

割引の適用ができない場合があります
ジェイトリップではGoToトラベル事業の再開が公式発表された後に、GoToトラベル対象のお客さまへ順次メールにて案内を行っていきます。GoToトラベル再開時の条件やご旅行の出発日によっては、手続きが間に合わず割引適用ができない可能性がありますので予めご了承をお願い致します。

PR

記事検索

ツアー検索

1+