* menu
閉じる

関西おもしろ情報関西おもしろ情報

2017.08.19

御朱印、スイーツも楽しみ!
「西国三十三所札所めぐり」

writer : 砂野加代子

33の観音霊場
近年、国内だけでなく海外からも人気を集めている「観音巡礼」。7府県(京都府、大阪府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、岐阜県)に点在する33の観音霊場を参拝する、日本最古の巡礼路「西国三十三所」札所(霊場)めぐりは、2018年に草創1300年を迎えることを記念してさまざまな行事を展開されています。たとえば京都を代表する「清水寺」も、豊臣秀吉が贅を尽くした花見をしたことで知られる「醍醐寺」も、33カ所ある札所のひとつです。観光に訪れて観音菩薩の慈悲深さや美しさを知り、観音巡礼を始める人も多いそう。観音様の功徳はもちろん、1300年の歴史にふれられたり、自分の心と向き合えたり、各地の美味しいものを食べ歩けたりと、巡礼路にはいろいろ素敵なことが待っています。
西国三十三所草創1300年記念事業の成功と世界平和を祈る読経、説明会

(2017年7月、清水寺に於いて西国三十三所草創1300年記念事業の成功と世界平和を祈る読経、説明会が行われました)

西国三十三所札所ってどこ?

西国三十三所ロゴ
西国三十三所は、718(養老2)年、観音菩薩が人々を救うために示したと伝わる観音霊場のルーツです。観音菩薩は33通りの姿に身を変えて人々を救うとされ、その数にあやかり西国三十三所が誕生したといわれています。各寺院は札所と呼ばれ、順に参拝する巡礼文化が生まれました。

【和歌山】青岸渡寺、金剛宝寺(紀三井寺)、粉河寺・【大阪】施福寺、葛井寺、総持寺、勝尾寺・【奈良】南法華寺(壷阪寺)、岡寺、長谷寺、興福寺(南円堂)・【京都】三室戸寺、上醍醐 准胝堂(醍醐寺)、今熊野観音寺、清水寺、六波羅蜜寺、六角堂 頂法寺、革堂 行願寺、善峯寺、穴太寺、成相寺、松尾寺・【滋賀】正法寺(岩間寺)、石山寺、三井寺、宝厳寺、長命寺、観音正寺・【兵庫】中山寺、播州清水寺、一乗寺、書写山 園教寺・【岐阜】華厳寺

西国三十三所とは以上の寺院で、総巡礼路は約1000kmになります。
第16番札所の清水寺

第16番札所の清水寺

スイーツ巡礼が楽しい!

その近くにある名物のお菓子
各札所やその近くにある名物のお菓子を食べ歩く「スイーツ巡礼」も盛り上がりを見せています。各札所が認定したスイーツは現在100種類以上。和菓子はもちろん、おしゃれな洋菓子までラインナップも豊富。まだまだこれからも増える予定です。西国三十三所草創1300年のHPをチェックして、参拝後のスイーツも楽しみにでかければ、心もお腹も満たされることまちがいなしです。
各札所が認定したスイーツ
和菓子
草創1300年記念事業説明会での試食会
草創1300年記念事業説明会での試食会も、大盛況でした。

特別な御朱印をいただきに行こう

西国三十三所草創1300年記念の「特別印」

(特別印の一例)

各札所では、通常の各寺院の御朱印とは別に、西国三十三所草創1300年記念の「特別印」を期間限定(2017年1月〜2020年事業終了日)で授与しています。各寺院が独自に作成したオリジナル印には、境内やゆかりの人物などがデザインされ、それぞれの魅力が表現されています。
また、毎月1回1札所で特別な法要「月参り巡礼」が行われており、法要日限定の特別な御朱印も授与しています。
子どもや若者世代向けのかわいい御朱印帳も制作。漫画家CLAMPさんデザインの御朱印帳も10月に発売予定です。

空間と時間を楽しむ巡礼

アメリカ人僧侶ジェシー・ラフィーバーさん
アメリカ人僧侶ジェシー・ラフィーバーさんが、SNSで発信している西国三十三所巡礼の旅にも注目です。現在ハーバード大学の大学院生で、長期休暇を利用して来日し巡礼を行っているジェシーさん。巡礼とは、空間と1300年という長い歴史を楽しめる旅のようなものだと話します。SNSでは、ご利益もロマンもあふれる観音巡礼の魅力が紹介されています。
Facebookページ

スマートポイント

  • 西国三十三所は、京都、大阪、兵庫、奈良、滋賀、和歌山、岐阜にわたっていますが、どこから巡礼を始めてもOK。行きやすいところから少しずつ回ってみましょう。
  • 草創1300年を記念した事業が目白押し! 期間限定で特別な御朱印をいただけたり、いろいろな寺院で特別拝観が行われ、普段は見られない秘仏や宝物などが見られるチャンス。HPをチェックしてぜひ訪れたい。
  • 観音巡礼というテーマを持った旅も味わい深い。日本独自の観音信仰の歴史と文化を感じながら、由緒ある寺院をめぐり、季節の花々を楽しみ、各地の美味しいものを堪能できます。

ライターのおすすめ

2017年7月行われた1300年事業総合説明会では、美味しいスイーツがずらりと並びました。スイーツ巡礼もぜひぜひお楽しみに!ご利益めぐりはもちろん、風光明媚な寺院が多く気持ちの良い散策が楽しめます。

砂野加代子

エディター&ライター。学生時代から生活の中心はほぼ京都。近頃つくづく「大人の京都は楽しいなぁ〜」と思う。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+