* menu
閉じる

お土産お土産

2016.05.10

気軽で上品な手土産和菓子
北新地「森乃お菓子」

writer : 並河智子

森乃お菓子
大阪・梅田から地下道で直結、歩いて10分ほどの北新地。大通りから一本入ったビルの1階、女将が顔をのぞかせる間口があるだけの小さな店が「森乃お菓子」です。16時半の開店とともに、仕事帰りのOLやサラリーマンが家族へのお土産に、お持たせ用にとひっきりなしにやってきます。
おはぎ
毎日、豊中にある本店「森のおはぎ」から運ばれてくるおはぎが主な商品。「いろんな味が食べられる大きさにしたかった。私もですが、女性はそういうの好きでしょう?」と女将。ころんとした大きさと、桜のピンクや、抹茶の緑など色合いも美しく、見るだけで心が和むようなおはぎたち。ほうじ茶、くるみ、ずんだ、塩うぐいす、鳴門金時など四季のものを含めるとその味は20種類以上。「森乃お菓子」では、季節に応じた4種類の詰め合わせが2パターン用意されています。

おはぎといえば…定番の2種

大納言雑穀もちと深炒きなこ雑穀もち
「素材の味がするお菓子」が店のコンセプト。食感、味、香り…それぞれの材料の味がしっかり伝わるよう、女将が研究を重ねた味わいです。大納言雑穀もち(右)は、甘すぎず、小豆の香りがベストな状態になるように餡を炊きあげました。

深炒きなこ雑穀もち(左)は、その餡をベースに、甘みを調整したものが入っています。同じ餡といえど、まったく同じものを使うのではなく、食べた時のバランスを考えて一手間を加えているのです。深炒りのきなこを使うことで香ばしく、きなこ独特のほろ苦さもしっかり感じるおはぎです。

季節を感じる、春の限定品2種

花桜よもぎもちと抹茶きなこ雑穀もち
さらに魅力的なのは季節限定の品。夏はずんだに焼きとうもろこし、秋は焼き栗と鳴門金時、冬は焼きみそに黒豆と、おはぎとは思えないラインナップの中から、春限定の2種をご紹介します。花桜よもぎもち(左)は小豆餡と桜餡の2層。ふんわりと桜の香りがした後に、よもぎの味わいが口の中に広がります。抹茶きなこ雑穀もち(右)は、京都宇治のお茶屋さんの抹茶をたっぷり使った一品。鮮やかな色を出すために、一般的な黄色いきなこではなく、うぐいす色の青きなことブレンドしています。

ふんわり、とろけるような新食感のわらび餅

新地わらび宇治抹茶
新地わらび深炒きなこ
おはぎに負けず劣らず人気なのが新地わらび。わらび餅が大好物だという女将の、「こんなわらび餅が食べたい!」という理想を追求した結果が、このとろ~んととろける柔らかい食感。わらび粉や砂糖の配合と練り方がそのキモなのだそう。味は深炒きなこ(8個入り480円)と宇治抹茶(8個入り560円)の2種類。すでにそれぞれの粉がたっぷりかかった状態で箱に入っていますが、香りを感じられるようにと、さらに小分けのきなこと抹茶の小袋が入っています。

かわいいパッケージも魅力

かわいいパッケージ
お土産におすすめしたい理由はもうひとつ、それは「パッケージがかわいい!」から。手提げ袋のイラストは、陶芸作家やアーティストとして活躍する鹿児島睦さんの提供。商品の箱などは、芸大出身の女将が自分でデザインしたものだそうです。

日持ちがするお菓子なら、遠方の方へのお土産にも

日持ちするお菓子
おはぎとわらび餅の消費期限は、どちらもお買い上げ日から翌日まで。それだとお土産には難しい…という人には、かりんとうや最中など、日持ちするお菓子もあります。中でも人気なのは木の実のおこし(980円)。アーモンド、カシューナッツ、クルミや黒豆が入ったおこしは、ウイスキーやブランデーのお共にと作られた「おつまみ菓子」です。香ばしい大人向けのお味で、本店にはない「森乃お菓子」限定商品。甘いものが好きな方にも、お酒の好きな方にも喜ばれるのがいいですね。

スマートポイント

  • 豊中にある本店「森のおはぎ」から、毎日手作りの変わりおはぎが運ばれる。店は大阪駅から徒歩圏内で、取り置きもできるので、事前に予約しておけば確実に購入できる。
  • 素材の味がしっかり伝わる、素朴な味のおはぎ。大納言やきなこの定番品のほか、季節ごとの限定品も魅力。森乃お菓子では、4種入りの詰め合わせが2パターン購入できる。
  • 日持ちがするものが良ければ、かりんとうや最中などもある。ナッツがたっぷり入った木の実おこしは隠れた名物商品で、「あのおこしのお店?」と言われることもあるそうだ。

ライターのおすすめ

どれも控えめな容量で手頃な価格なので、全種類買ってまんべんなく味わいたくなります。女将は気さくで話しやすい方。取材の日もいろんなお客さんがやってきては、一言二言楽しそうに会話をかわして帰られていました。

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

25+