* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.07.07

創業235年の「神宗」本店で
お土産選びとカフェタイム

writer : 並河智子

神宗外観
1781(天明元)年、大阪の靭に海産物問屋として創業した「神宗(かんそう)」。看板商品の塩昆布をはじめ、商品に使用する昆布は北海道の白口浜で採れる天然の真昆布のみ。うまみ調味料や食品添加物は使用せず、醤油や砂糖、清酒など日本の伝統素材だけを用い、ダシをひいて直火釜で炊きあげます。自然の旨みを生かした、安心で上品な味わいの商品がそろっています。
塩昆布
その本店が、淀屋橋駅から徒歩すぐの淀屋橋センタービル内にあります。梅田からも近く、ビジネス街という土地柄もあって、贈答用に、自宅用にと商品を求めるお客さんが後を絶ちません。商品は百貨店に入る常設店でも購入できますが、この本店にはカフェがあり、商品をじっくり試食できたり、軽食メニューを楽しめるのが特長です。

江戸時代の大坂の文化を感じる店内

江戸の商屋のよう
江戸末期の商家を再現したという店内は、現代からタイムトリップしたかのような雰囲気で、大坂町人文化の風情を再現しているのだそう。もちろん商品の購入だけでも、カフェの利用だけでも可能です。じっくり商品を選んだあとは、持ち帰りの準備ができるまで、試食をしながらテーブルでゆっくりとくつろげます。

塩昆布の煮汁がコクを生む、煮汁ソフトクリーム

煮汁ソフトクリームセット
カフェのスイーツメニューでぜひ味わって欲しいのが、煮汁ソフトクリームと抹茶ケーキのセット(飲み物付750円)。塩昆布の煮汁をかくし味に加えた、すっきりとした牛乳の味わいがさわやかなソフトクリームです。煮汁のほのかな塩気がコクを生み、添えられた丹波の花豆大納言小豆のほど良い甘さも、ソフトクリームのフレッシュさを引き立てます。

メニューはほかに、おにぎりとお吸い物のセット(450円)や、おぜんざいと焼餅のセット(750円)など。おにぎりは完売してしまうこともある人気商品です。

ほかでは買えない本店限定商品4種

帆立煮
本店でしか買えない、ここだけの限定商品もあります。帆立煮(写真左、1,944円)は、北海道産のほたて干し貝柱を甘辛く炊きあげた佃煮。噛むほどにほたての旨みが広がる一品です。ちりめんとくるみの生姜仕立て(756円)は、6月からの新商品。くるみの油分が、ちりめんと合わさることで、より旨みが引き立つのだそう。くるみ独特の食感がきいた、これまでに食べたことのない佃煮です。
梅昆布
淡い色合いのパッケージが可愛らしい、細切り梅昆布(756円)と細切り柚子昆布(756円)。さわやかな梅と柚子の味わいが、しっとりとした細切りの鰹昆布にマッチ。パッケージは衛生面を熟慮して作られたクリアファイル型。賞味期限が外からも見えやすく、中を出した後は書類入れにも使えます。

卵かけご飯をちょっと贅沢にいただくセット

卵かけごはんセット
珍しいものを選びたいなら、卵かけご飯がおいしい詰め合わせ(648円)なんてのもあります。だし醤油と、昆布の旨みを凝縮したつぶ昆、こな昆を卵とご飯に混ぜて食べれば、絶品の卵かけご飯に。少し変化球の贈り物としてもおすすめです。
箱入り進物
もちろん、箱入りの進物用(1個入り1,512円~)もあります。江戸の情景を描いた、上品かつ大坂の町人文化を感じられる絵柄は、お土産にぴったりです。

スマートポイント

  • 創業200年以上の歴史がある佃煮屋、神宗の本店。商品の購入だけでなく、カフェとして利用することができる。
  • カフェでいただける煮汁ソフトクリームは、塩昆布の煮汁をかくし味に加えた、コクがあり、フレッシュな味わいのソフトクリーム。ここでしか食べられない味。
  • 本店限定の商品や、卵かけごはんがおいしくいただけるセットなど、ちょっとめずらしい商品もあり。贈りたい相手に合わせて、幅広く選べる。

ライターのおすすめ

煮汁ソフトクリームは、ボリュームも大満足でおいしい!付け合せの小豆もたっぷり乗っていて、とてもお値打ちだと思いました。

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

11+