* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.04.15

体の中から元気になれる
旨いカレーならプラーナへ

writer : 磯本歌見

インドの北から南まで、はたまた家庭料理からレストランの料理まで、なんでもおまかせのインドカレー専門店プラーナ。インドから直輸入したものと日本のもの、独自の配合で調合したミックススパイスを使ったカレーはまさに絶品!

木の温もりを感じる空間

カウンター
プラーナ店内
カウンターに奈良の杉の一枚板を使うなど、木の温もりあふれる空間でこだわりのインドカレーを皆さんに楽しんでいただきたいと、店主の泉尾毅志さんが、菖蒲池駅前にこの店をオープンしたのが、2011年。以来、奈良のカレー屋さんといえばプラーナと言われる名店がこちらです。

独自で調合したミックススパイスがミソ

瓶に入ったスパイス
「~~~マサラ」というスパイス名はよく聞きますが、「マサラ」とは、「混ぜる」という意味の言葉。例えば「チキンマサラ」は、チキンにいろいろなスパイスを混ぜたもの。インドでは、煮物はもちろん、炒め物、蒸し物などすべての料理にスパイスを使うそう。泉尾さんもインドから直輸入したものと日本のものを独自の配合で調合したミックススパイスを使ってインドカレーを作っています。
泉尾さんは「素材の味を生かしたカレーを作りたい。スパイスはあくまでも香りづけ」と言います。素材にはこだわり、肉は国産中心、ラムは北海道産、玉ねぎは淡路産、野菜は奈良県産を中心に使っています。

ビリヤニって?

全5種類から選べるカレー、野菜が主役の本日の一品、黒雑穀米のごはん&チャパティ、カチャンバルにデザートが付いた「プラーナセット」(1,620円)も捨てがたいのですが、取材日は「ビリヤニセット」(2,160円)をいただきました。ビリヤニは、結婚式などインドの晴れの日にいただく料理のこと。大きい鍋で作った料理を分け合っていただくそうです。このセットは、釜で炊くご飯なので、この店では予約のみで対応しています。

人気のビリヤニセットをいざ!

前菜的な三品
チキンの炊き込みご飯
チキンフレッシュカリー
ご飯を混ぜている様子
デザート
まずは、スープなど前菜的な三品と、春巻が運ばれます。そのあと、大きな鍋で炊いたチキンの炊き込みご飯が登場。カレーはチキンフレッシュカリーなどレギュラー6種類と本日のまかせカリーの中から選ぶことができます。初心者なので、すべてのカレーの基本になっているという「チキンフレッシュカリー」をセレクト。鶏肉、トマト、タマネギ、ニンニク、ショウガ、塩とスパイスだけを使って作ったシンプルなカレーですが、旨い!豊かな風味が絶品です。ご飯にこのカレーをかけたり、スープやヨーグルトをかけたり、いろいろなバリエーションを楽しめるのもうれしいですね。

体を整えるカレー

プラーナ外観
店名「プラーナ」は、サンスクリット語で「呼吸、エネルギー」の意。こちらのカレーには店名通りエネルギーをいただけます。「ここのカレーを食べて元気が出た」という常連客も多く、不調だったのに、週1回野菜のカレーを食べに来て体が復調したという人も。「スパイスは漢方の一種ですから胃腸に働きかけます」と泉尾さん。豊かな味わいと体に働きかける滋味豊かなカレー、一度食べに行ってみませんか。

スマートポイント

  • 人気の「ビリヤニセット」は、2人以上で3日前までに要予約。2~6人用対応にする。
  • カレーに合うドリンクメニューも豊富。インドビールもそろっているし、マンゴーラッシーやチャイは女子に人気。一緒にいただこう。
  • チキンとエビから選べ、乳製品が入った「お子様カリー」700円もあるので、ファミリーでの利用も可能だ。

ライターのおすすめ

本当にカレーを食べて元気になりました。ビリヤニセットは、いろいろなバリエーションが楽しめるのがいいです。もちろん普通のカレーセットでも十分満足しますよ。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0