* menu
閉じる

観光観光

2016.09.08

異国情緒漂う北野異人館街
世界旅行が楽しめる必須エリア

writer : 磯本歌見

北野異人館街
みなと・神戸に来たら外せない観光スポットといえば、北野異人館街。異国情緒豊かなこのエリアは、こぢんまりとしていますが、いながらにして世界旅行を楽しめる特別な場所。そんな北野異人館街のおすすめコースを紹介しましょう。

まずは北野観光案内所でマップをゲット!

シティループ
北野観光案内所
北野異人館街
萌黄の館
北野坂を上って、シティループの停留所「北野異人館」がある「北野通り」まで来たら、そこはもう「北野異人館街」。まずはもう一つ上のブロックにある「北野観光案内所」に行きましょう。ここにはマップもありますし、スタッフの方が持ち時間を聞いて、丁寧にルートの紹介をしてくれます。かなり急な坂道の多い北野町。アップダウンを繰り返すよりは省エネで効率的に回りましょう。
このブロックでは、異人館街のシンボルともいえる「風見鶏の館」と2016年秋から放送予定の神戸を舞台にしたNHK朝ドラのロケ地「萌黄の館」をゆっくり散策。「萌黄の館」は2階テラスからの眺めも人気です。こちら2つの異人館は、どちらも国の有形重要文化財に指定されており、中に入らなくても外観を撮影することができます。

隠れた見どころ「北野天満神社」

北野天満神社
叶い鯉
境内からの眺め
北野異人館街で隠れた見どころスポットといえば「北野天満神社」。福原遷都に際して、平清盛の命を受けて、新しい都の鬼門鎮護のために京都・北野天満宮を勧請して社殿を造営した1180年が始まりと伝わっています。以後、この界隈を「北野」と呼ぶようになった由来の神社です。
長い石段を上って社殿のある境内までいくと、神戸の街や港が一望でき、風見鶏の館を見下ろせます。鯉に水をかけ祈願すると願いが叶うといわれる「叶い鯉」も外せません。

異人館のパワースポットは外せない!

オランダ坂
うろこの家
カリドンの猪
山手八番館
阿形の一対の「狛犬」
オランダ坂という異国情緒あふれる急な坂をのぼって一番高台のエリアへ。こちらには、異人館三大パワースポットがあります。まずは、神戸で最初に公開された代表的な異人館「うろこの家」へ。ここには、鼻を撫でると幸運に恵まれるジンクスが古くから伝えられているカリドンの猪(愛称ポルチェリーノ)がいます。また、すぐそばの「山手八番館」には、女性は向かって右側に、男性は左側に座って願いをかけると叶うという「サターンの椅子」があります。そして「坂の上の異人館」は旧中国領事館。どちらも口を開いた阿形の一対の「狛犬」はパワースポットと言われ、間を通り抜けると愛情に恵まれるといわれています。

参加型異人館へもぜひ!

神戸トリックアート不思議な領事館
面白い写真撮影
トリックアート
坂の上の異人館から坂を下って北野通りへ。ここには「神戸トリックアート不思議な領事館」という異人館では珍しいアミューズメントスポットがあります。見て、触って、遊ぶ参加型のアート館で、ヨーロッパでだまし絵として生まれたトリックアートを展示しています。神戸オリジナルシリーズやアドベンチャーワールドなど6コーナーに分かれていて、面白い写真撮影を楽しめるます。館内に常駐するスタッフが、写真撮影をしてくれるので一人でも安心です。

ヨーロッパを感じるならこの通りで

北野通りの異人館
ベンの家
最後に立ち寄りたいのが北野通りの異人館。最も古い異人館の一つ「ベンの家」、異人館グッズや神戸アイテムが並ぶ「コーベニア」、フランスの香り漂う「洋館長屋(仏蘭西館)」、異国情緒あふれるコロニアル様式の「英国館」が並んでいます。
これでぐるっとほぼ一周しました。帰りは、シティループの停留所もあるので次の目的地まで利用するのもよし、歩いて北野坂を下るのもよし。2016年秋のNHK朝ドラのロケ地にもなっているこの界隈、大ブレイク間違いなしですね。

スマートポイント

  • 異人館街では、共通入館券を販売している。販売所により入館できる館が異なるが、かなりお得になる共通券もあるのでぜひ活用しよう。
  • 電鉄各社や旅行会社など、異人館数館の入場券が含まれているものもあり。詳しくはJR西日本などに問い合わせてみよう。
  • かなりアップダウンが激しいので、ヒールのない靴で回るのがおすすめ。

ライターのおすすめ

衣装をつけて記念撮影できる、自分だけの香水を作れるなど、異人館ごとにいろんな工夫がなされていて、一日ゆっくり過ごすことができます。神戸の港を古からずっと見守り続けてきた「北野天満神社」も私は好きです。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+