* menu
閉じる

アクティビティアクティビティ

2016.04.20

官公庁で大人の社会科見学!
無料のツアーで日本を知ろう

writer : くばのり

国会議事堂正面

画像提供:参議院事務局

これぞ日本の中枢!最高裁、行政官庁、国会議事堂などを一気に見て回りましょう。それだけで、ちょっぴり賢くなった気分になるかも!?官公庁のいくつかでは、観光客や一般市民に向けて歴史に触れる資料館や、無料見学ツアーを開催しています。せっかく東京に来たのなら、普段はテレビで見るだけの場所へ潜入してみてはいかがでしょうか。

桜田門から虎ノ門まで散策!歴史的な資料を見てみよう

有楽町線「桜田門」駅で下車し、桜田門の交差を南下し銀座線の「虎ノ門」駅へ。その約1kmの間には警視庁から始まり、様々な行政官庁が集まっています。建物や歴史資料を見学できる施設もあり、楽しみながら勉強することができます。
警視庁内
警視庁見学

刑罰について学び、裁判の傍聴ができる貴重な場所

ドラマでよく見かける警視庁。前日までに申し込みをすれば、本部を見学することができます。向かいの赤レンガ造りの建物が法務省。建物内には資料室があり、刑罰の歴史などについて学ぶことができます。その先には、東京地裁と高裁が同じビルに入っています。厳重な荷物検査を終えれば、どなたでも傍聴することが可能。入り口の守衛ボックスにある開廷表を見て、ルールに従って傍聴されてみてはいかがでしょう。
法務省

農水省の食堂で国産食材の料理を食べてみよう

地裁の隣にある農林水産省には、一般にも開放されている食堂「手しごとや 咲くら」があります。こちらのお店では和食を中心に、それぞれのメニューに食料自給率が記されており、国産食材へのこだわりに触れることができます。その他、そば・うどんの「日豊庵」、テイクアウト専門の「おむすび権米衛」などもあり、様々な日本の“食”や“文化”が体験できます。
農林水産省
食堂の料理
他にも、この通りには総務省、財務省、外務省、経済産業省、文部科学省のビルが。それらを見ながら「虎ノ門」駅を目指しましょう。

国会議事堂の内部へ潜入してみよう

虎ノ門駅から溜池山王までは、地下鉄銀座線で移動。「溜池山王」駅で下車し、国会議事堂方面へと向かいましょう。総理官邸を右手に見ながら国会議事堂へ。専用窓口で国会議事堂見学の受付をしています。見学はおよそ1時間ほど。普段入ることのできない議事堂内を係の人が案内してくれます。
国会議事堂

ここでしか買えないお土産コーナーも

参観は平日の9時から16時まで、1時間ごとに行なっています。開始時間の20分前に受付をすると参観がスムーズに。見学ツアーの最後には、観光客向けのお土産コーナーもあります。よそでは買えないアイテムも多いので、お土産にひとついかがでしょうか。
中央広間
参議院議事堂

画像提供:参議院事務局

最高裁にもある見学ツアー

国会の隣には国会図書館、その向かいには最高裁判所があります。最高裁には国会と同じく見学会があります。こちらは東京地裁とは異なり、傍聴できるものではなく、大法廷などを見学するツアーです。水曜日以外の平日に開催されています。事前に申し込みをして、滅多に見ることのできない荘厳な内部に潜入しちゃいましょう。見学ツアーは15時35分より35分間で実施されていますので、他の官公庁を見学した後でも参加しやすいツアーです。ただし、参加人数が限られるうえに人気のツアーですので、早めに予約されることをオススメします。
最高裁判所外観
最高裁判所

スマートポイント

  • 文部科学省内にある「情報広場」では、子供から大人まで懐かしいと思うアイテムが多数展示されています。イベントが開催されていることもあるので要チェックです。
  • 国会議事堂前にある国会前庭庭園は都会の中のオアシス。実は皆さんが大好きなあの刑事ドラマのロケ地だったりします。
  • 「溜池山王」駅は、「国会議事堂」駅と地下で繋がっています。雨天時は地下から2番出口を目指すと国会議事堂前に出られます。

ライターのおすすめ

桜田門から虎ノ門までの散策、そして溜池山王での国会議事堂周りの見学は、ゆっくり半日の観光プランです。桜田門側の議事堂前は銀杏並木が続いていたり、国会前庭庭園には桜を始めとするお花が咲いていたりと、季節ごとの景色を楽しむことができます。

くばのり

福岡出身。ディズニーを愛する上京して4年目の女子大生。人気店へは並んででも行きたい!休日は友人達と食べ歩きやお買い物へ繰り出しています。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+