* menu
閉じる

お土産お土産

2015.12.21

山田屋の人形焼に息づく
下町っ子の心意気

writer : 西宮めぐみ

1046 views

山田屋の人形焼
かわいいタヌキの中に詰まっているのは、創業60余年の老舗のこだわり。山田屋の人形焼は、「おいしいものを、安くたっぷり」という下町の気風、美味しいものに目がない江戸っ子の舌に育まれた逸品です。ほかにも江戸時代から受け継がれてきた技術で美しい紋様を刻んだ江戸切子、文化人も虜にした天神詣の銘菓などなど。風情あふれる東京土産がいっぱいです。

生地には元卵問屋ならではの高級卵!

昭和26年の創業以来、毎朝、店先で焼き上げられる山田屋の人形焼。一口かじれば、しっとりした生地の甘~い香りと共に、みずみずしいこし餡が口中に広がります。この生地の風味と食感を生み出しているのが、上質なハチミツと清流・久慈川の近くで育つ新鮮な奥久慈卵。実は山田屋の始まりは卵問屋。卵かけごはん専用とも言われる高級ブランド卵を厳選して使うこだわりも納得です。そしてさらりと溶けるこし餡は、大吟醸のように削った北海道産小豆と極上のザラメをアルカリイオン水で炊いたもの。まさに極上の味わいです。
本所七不思議
山田屋

タヌキの形は江戸の不思議話から

かわいらしいタヌキの形も錦糸町ならでは。これは、錦糸町を舞台にたぬきが活躍する、江戸伝承話「本所七不思議」の一つ「おいてけぼり」からきているんだそうです。さらに包み紙にもご注目!漫画家で江戸文化研究家の宮尾しげを氏による「本所七不思議」の図柄です。
タヌキの形

安心・安全のこだわり

保存料・添加物を一切使っていないので、小さい子供からご年配まで幅広く楽しめる下町銘菓。作った日を含めて4日は美味しくいただけるので、お土産物にもオススメです!

オリジナルの江戸切子をお土産に

錦糸町駅徒歩6分の「すみだ江戸切子館」は、歴史から現代作家の作品まで江戸切子の全てが楽しめる墨田区認定の工房ショップ。
yamadayanoningyouyaki
オリジナルの江戸切子
江戸時代後期に生まれた江戸切子は、直線的なデザインの多い薩摩切子に対し、花鳥風月など柔らかな曲線を多用しているのが特徴です。

「船橋屋」のくず餅は江戸の頃から人気のお土産

隣駅の「亀戸」に足を延ばせば、1805年創業の老舗、元祖くず餅で知られる「船橋屋」があります。湯で練った小麦澱粉をせいろで蒸し、黒蜜きな粉をかけていただく江戸のくず餅は、葛粉で作る関西の葛餅とはまた違う美味しさ。ほかにも、あんみつやみつ豆、きな粉なども人気。
江戸のくず餅

昭和9年創業の発酵食品専門店

昭和初期から続く「佐野みそ」のズラリと並ぶ大樽の味噌は、なんと60種類!味噌を熟知した”噌ムリエ”さんのアドバイスで明日からのお味噌汁が楽しみになるはず。漬物や乾物、調味料などこだわりの品々もご一緒に。

独自の食感で行列のできるマシュマロ店

2008年オープンの「洋菓子処ましゅまろ亭」の手絞りの生マシュマロは、独特のふあっふあの食感が大人気。自然由来の素材にこだわり、卵白も使わないので卵アレルギーのお子様にも安心です。
手絞りの生マシュマロ
「洋菓子処ましゅまろ亭」の生マシュマロ

スマートポイント

  • 山田屋の人形焼きをトコトン楽しむ3days!
    ・当日=焼き立てのふっくらした柔らかさを楽しむ
    ・2日目=餡の水分が全体に行き渡った一体感を楽しむ
    ・3日目=軽くトーストして香ばしさを楽しむ
  • 山田屋の包み紙から名著誕生秘話!直木賞作家・宮部みゆきさんはそこに描かれた物語をヒントに「本所深川ふしぎ草紙」を書き吉川栄治文学新人賞受賞に。ミステリー好きへのお土産にぴったりです。
  • 錦糸町の駅から見えるスカイツリーは、歩いて20分ほどの距離。道もほぼ真っ直ぐで分かりやすく、途中に江戸切子館もあるので、ぜひ歩いてみて。

ライターのおすすめ

「ずっしり重たく、しっとり」で人気の乳糖製菓『下町バームクーヘン』。錦糸町駅北口から徒歩3分の本社工場では「切落し」など直売ならではの品を格安で提供。気軽に食べられて旅のおやつにオススメです。

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索