* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.02.27

グルメ都市東京を支える
築地市場内おすすめランチ

writer : 木舩なお

魚がし横町
東京の胃袋を満たすのに無くてはならない、築地の東京卸売市場。朝、場内に一歩足を踏み入れると、ターレットトラックが縦横無尽に往来し、活気あふれる築地の息吹を感じます。実は、築地市場内「魚がし横丁」は、連日行列が絶えない、名店揃いのランチスポット。市場から仕入れる新鮮な海鮮を使ったその味は、なかなかほかでは味わえません。

築地場内の寿司を語るのに外せない名店「寿司大」

日本人のみならず海外からの観光客からの人気も絶大な寿司の名店。なんと言っても早朝からの人の列が話題です。
寿司大看板
おすすめは、おまかせセット4,000円。旬の素材を含めたにぎり9貫、巻物1本、そして好きなネタを1貫選べます(味噌汁付き)。追加でいろいろオーダーもできますし、セットではなく、はじめからお好みで握ってもらうのもオススメです。築地でお得にランチを楽しめるでしょう。
寿司大おまかせセット
寿司大おすすめ

築地ならでは!?一品料理に日本酒というランチの楽しみ方も

注文したのは、甘ダレが少しかかった子持ちヤリイカ。やわらかな口あたりは、溶けてしまいそうなほど!ふんわり美味しい逸品でした。お好きな方は、ぜひ日本酒とごいっしょに。「寿司大」は、江戸前寿司らしい少し酢の効いたシャリと活きの良いネタとのバランスも良く、行列の理由が十分感じられるお寿司屋さんでした。築地の名店、ぜひランチに足を運んでみてください。
寿司大一品料理

ランチタイムの築地市場内お寿司屋で外せない「大和(だいわ)寿司」

こちらもいつも行列が絶えない名店「大和寿司」。ここのお寿司だけを目当てに、場内を訪れる方も少なくありません。定員は10名ですが、隣り合わせで2店鋪あります。とにかく早起きして並びましょう。
大和寿司看板

大きめで新鮮なネタは食べ応えじゅうぶん!

看板メニューは、おまかせにぎり3,780円。まぐろは築地ならではの活きの良さ。ふわふわの穴子も江戸前の絶品。たっぷり盛られたウニも甘みがあり、口の中でとろけます。控えめの酢飯が、ネタの旨みをぐいぐいと引き立たせていました。鮮度、大きさ、お値段ともに大満足!こちらも一度は行くべき名店でしょう。この日のおすすめは、神津島で釣れたまぐろ。その日のおすすめを握ってもらうのもお楽しみです。早朝もよいし、ランチもおすすめです!
大和寿司おまかせにぎり
大和寿司まぐろ

お寿司だけじゃない、築地市場内の海鮮ランチ

天麩羅「天房(てんふさ)」は、築地市場の6号館にあります。鮮度の良い築地の魚介を、胡麻油をブレンドした油で揚げていて、上品な香りが漂っています。
天房看板

ネタが新鮮だからこそ!軽く揚げられた天ぷらが美味

イチ押しは天丼1,200円。プラス100円でしじみ汁も付けられます。この日のネタは海老、芝えび、きす、ヤリイカ、目光、ししとうでした。
海老はもちろんのこと、目光も絶品!ふわふわとした白身が、口の中でとろけていきます。築地ならではの新鮮なネタの天麩羅は、程よい甘辛のタレと相まって、お寿司とはまた違う海鮮のおいしさが楽しめるランチメニューです。
天丼

築地市場内は海鮮以外のランチも要チェック!

8号館にある「鳥藤」のメニューは、名物親子丼をはじめ親子丼とカレーがのった親子カレーや築地場内店限定の鳥めし、アジアンテイストのシンガポールチキンライスやキーマカレーなど、魅力的なランチメニューが盛りだくさん!ランチタイムの行列もうなずけます。
看板
調理風景

築地の老舗!100年以上の歴史を持つ鶏肉専門店の親子丼

今回は看板メニュー親子丼800円をオーダー。親子丼は醤油味以外に塩味もあります。この日の鶏肉は大山鶏。蒸気の抜ける特殊な蓋を使って仕上げる親子丼はふわふわ。最後にもう一度、溶き玉子をかけまわせば、半熟状のトロトロ親子丼の完成です。程よく甘みのあるだし汁とともにご飯と混ぜて食べれば、地鶏のうまみとふわとろ卵が相まって、絶妙の美味しさでした。
親子丼

スマートポイント

  • なんと深夜2時位から並ぶ方もいるという寿司大。午後3時迄の入店を見込んで、列の人数を調整しています。団体が入ると午前6時に当日分終了となることも。列の状況を教えてくれるので、微妙な時は電話しましょう。
  • おもての行列を考えると躊躇しそうになりますが、ランチタイムでも遠慮なく、お酒を注文してみてください。美味しい寿司にはうまい酒が良く合います。寿司にコップ酒で、楽しんでみてはいかがでしょう?
  • 鳥藤には、店頭の照り焼きなどの持ち帰り商品のほかに「お土産の逸品」があります。濃厚水炊きセットは前日迄に予約が必要ですが、ぜひお土産に持って帰りたい逸品です。

ライターのおすすめ

グルメ都市東京の象徴とも言える築地市場内。そこで飲食店を構える方たちは本当に粋で、素敵でした。どんなに混雑していても、変わらぬ笑顔と明るい接客。それが、お客さんを「並んででも入りたい!」気持ちにさせるのかもしれません。行列店が並ぶ築地市場内は、何度でも足を運びたくなる場所でした。

木舩なお

東京都出身。ホテル関係の仕事を経て、ヨーロッパの食品輸入商社に勤務し20年たらず。趣味のドライブや旅行、料理を通して楽しい記事をお届けしたいと思います。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+