* menu
閉じる

季節特集季節特集

まだ間に合う!新年の幸運祈願
東京の超有名&人気神社で初詣

writer : 西宮めぐみ

2017.01.17

明治神宮
新しい年を迎えたら、やはり行きたい初詣。お参りし損なっちゃった!という方もご安心ください。大小様々な神社がある東京で、特に有名で人気のある神社をご紹介します。お正月三が日はもちろん、成人式過ぎても大勢の参拝者で賑わう2社ですが、それもきっとご利益があるからこそ!笑う門には福来る。行列も“東京旅行の思い出”として楽しみながら、新年の幸運をしっかりお願いしちゃいましょう!

初詣の参拝者数、日本一!!明治神宮

初詣の大混雑もすでにお正月の風物詩?!三が日にはなんと300万人以上が毎年訪れるそう。最寄りのJR「原宿駅」には臨時改札口も開設されるほど!
初詣の大混雑

東京の真ん中に広がる「永遠の森」に守られた神の宮

明治天皇とその皇后である昭憲皇太后を祀る明治神宮。社殿を擁する森は“永遠”を目指し緻密に作られた人工森。70万㎡の広さにうっそうと木々が繁り、東京のど真ん中とは思えない森厳さに満ちています。原宿駅から社殿に至る南参道にある大鳥居(二の鳥居)は、木造の明神鳥居としては日本最大!樹齢1500年のヒノキはくぐるだけでご利益がありそう。
上空から見た永遠の森
大鳥居(二の鳥居)

一大ブームとなった「清正井(きよまさのいど)」

秀吉の重臣で虎退治でも有名な加藤清正が掘ったと伝わる「清正井」は、明治神宮の御苑内にあります。一時は「仕事運アップのパワースポット」として整理券を配るほど人気に。新年にあたって、都会には貴重な湧水の井戸の清らかな水をめでてみては?
清正井(きよまさのいど)

いろんな発見も楽しんで参拝を120%満喫しよう!

参道を歩いていると、神社でよく見る杉ではなく椎や樫、楠が多いのに気づきます。100年先を想定し、関東ローム層で育ちにくい杉は控え選び抜いた木々を植えたのだそう。まさに先人たちの先見の賜物!と思うと、清々しさもいっそうです。
参道

そして参道脇にワイン樽を発見!

日本酒なら分かりますが、なぜワイン?実は、日本の近代化を進め西洋の優れた文化を積極的に取り入れた明治天皇は、ワインも大変好まれたそう(奉納日本酒樽も向かい側にちゃんとあります)。こんな発見があるのも明治神宮参拝の楽しみの一つ。願い事をするだけじゃなく、ぜひいろいろ楽しんでみてください!

縁結びの神社として大人気!東京大神宮

伊勢神宮の東京遥拝殿であり、「東京のお伊勢さま」と呼ばれる東京大神宮。今では「縁結びの神社」として人気絶大!というのも、祀られている天照皇大神は伊勢神宮の内宮の御祭神であると共に太陽の女神、そして造化三神は万物のムスビの働きを司る神。その上、日本の神前結婚式の創始の神社だそう。連日多くの女性で賑わうのも納得です。
東京大神宮

かわいいお守りは恋愛力・出会い力をアップしてくれるかも!

当然、初詣は大賑わい。逆に言えば、少し時期を外した頃が狙い目。参拝はもちろん、縁結びのお守りや恋みくじ、願い文など「良縁」や「恋愛」の授与品がいっぱいあって新しい年に期待がふくらみます。周辺には手頃なグルメも多いので初詣デートにもおすすめ!
東京大神宮の初詣の様子
ご紹介した2社は東京屈指の人気神社だけに、お正月を過ぎても混んでいる場合も。そんな時でも神様への感謝と敬意を忘れずに、マナーを守って気持ちよく参拝しましょう!

スマートポイント

  • 開運木鈴「こだま」は明治神宮ならではの特別な授与品。風雨などによって倒れてしまった鎮守の森の御神木から作られるため、数量限定。木肌の色や木目、音色も一つ一つ違います。ラッキーにも出会えたら、ぜひゲットして。
  • 東京大神宮では、お正月三が日には「東京のお伊勢さま」らしく伊勢名物の「赤福」が参拝者にふるまわれます。他にも寒さに嬉しい樽酒やお汁粉も。大混雑必至ですが、来年のお正月にいかがでしょう?
  • 明治神宮、東京大神宮に日枝神社、靖國神社、大國魂神社を加えた5社は、高い格式を有する東京の神社の代表として「東京五社」と呼ばれています。新年を祝って東京五社巡りも良いですね。

ライターのおすすめ

明治神宮で時間に余裕あったら、ぜひ文化館宝物展示室へ。1月29日(日)までの「明治神宮名宝展」では、明治天皇がお召しになった装束や洋服、調度品を展示。美しく貴重な“本物”で眼にも福が来ますよ!

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索