* menu
閉じる

季節特集季節特集

2017.10.16

恵比寿ガーデンプレイスで
ビールを満喫!恵比寿麦酒祭り

writer : 原智子

秋の人気イベント・恵比寿麦酒祭り
恵比寿ガーデンプレイスは100年以上前にビール工場が建てられた場所で、いわば“ヱビスビール発祥の地”。この歴史的な場所で2009年から開催されているのが「恵比寿麦酒祭り」。2017年で9回目を迎えた「恵比寿麦酒祭り」はいまや秋の風物詩。ビール好きなら誰もがここでおいしいヱビスビールを飲んでみたいものですね。第9回は「大人の街の麦酒祭り」をテーマに、恵比寿ガーデンプレイスの各エリアでさまざまな催しが行われました。本場のビヤフェスティバルの雰囲気が味わえる人気イベントを紹介します!

広い会場をめぐり、大人も子どももフェスを満喫しよう

恵比寿ガーデンプレイスは、サッポロビール本社棟のほかにレストランや映画館など多くの商業施設が並び、「都市景観100選」にも選ばれているデザイン性の高いエリアです。「恵比寿麦酒祭り」ではおもに5つのエリアを展開し、大人から子どもまで楽しめるように多くの催しが行われています。さっそく、それぞれのイベントをめぐってみましょう。
2017年のエリアMAP

※画像は2017年のエリアMAPです。

メイン会場は熱気あふれる「恵比寿ビヤホール」

メイン会場の「恵比寿ビヤホール」は開放感あふれる野外ですが、アーチ状の透明な屋根でおおわれているので急な雨でも安心。ホールに並ぶ長テーブルでは、所々で乾杯が繰り広げられて熱気ムンムン!
メイン会場の「恵比寿ビヤホール」
オーダーを受けるラウンドスタッフも大忙しでした。ここでは5種のヱビスビールに加え、ふだん缶ビールでしか飲めない「ヱビス 華みやび」を樽生で味わうことができます。
ヱビス 華みやび
今回は、お歳暮限定の「ヱビス 和のつむぎ」を一足早くいただきました。国産麦芽のうまみが広がるまろやかな味わいで、これは贅沢な贈り物ですね。苦みの奥にあるコクが最高でした!
お歳暮限定の「ヱビス 和のつむぎ」
みんなで乾杯~~!
サービス女子
料理は定番メニューの他に、旨みがギュッと詰まった「金華さばのスモーク」、とってもクリーミーな「殻付き蒸し牡蠣」など、素材の味を大切にした「日本の旬」が味わえます。どれもビールが進みますよ!ビヤフェスティバルらしく外国人のお客さんもいて本場に負けないムードですが、女性一人で飲んでいる方やファミリーも多く、ビギナーでも安心して楽しめます。
クリーミーな「殻付き蒸し牡蠣」
旨みがギュッと詰まった「金華さばのスモーク」

恵比寿ガーデンプレイスの人気店が出店する「フードコート」

恵比寿ガーデンプレイスの人気飲食店が自慢の料理を提供していた「フードコート」。ビストロ石川亭・醤油ワンタン麺 かげおか・バーチョ ディ ジュリエッタ・味の牛たん喜助・俺のBakery&Caféの5店が出店していました。日ごろ気になっていた料理を、気軽に味わうチャンスですよね!仲間と各店の看板メニューを買ってシェアするグループもたくさんいましたよ。このエリアだけは持ち込み可能なので、恵比寿三越で買った惣菜を広げて一杯!なんてこともできます。
フードコート
牛タン焼き

牛タン焼き(味の牛タン喜助)

厚焼きたまごサンドイッチ

厚焼きたまごサンドイッチ(俺のBakery&Café)

初登場!芝生の上でグランピングもできる「サッポロ広場」

サッポロビール本社棟の脇にある「サッポロ広場」は、柔らかな芝生の広がる会場です。都会の喧噪を忘れる丘の上は、さわやかな風が吹き抜けて気分最高。最近話題のキャンプスタイル・グランピングも楽しめて、夜はゆったり大人の気分を演出してくれます。
サッポロビール本社棟の脇にある「サッポロ広場」
音楽を聴きながら
ここでは、ネットオリジナルビールの「空模様シリーズ(流れる雲のヴァイツェン・陽ざしのピルスナー・月夜のデュンケル)」を飲むことができました。
ネットオリジナルビールの「空模様シリーズ」
そして、この日のために開発された「青空のエール」が飲めるのもここ。“ビヤフェスに合うビールを創ろう”というテーマで醸造されたビールは広場で飲むと最高!芝生に座って楽団の音楽を聞きながら、ほろ酔い気分でのんびりしました。
青空のエール

おいしさの秘密がわかる「ヱビスビール記念館」

1890年の誕生から今も愛され続けるヱビスビールの歴史が、貴重な資料や映像で学べるミュージアムです。ヱビスビールのおいしさのすべてと、もっと楽しく味わうための秘密を学べます。「恵比寿麦酒祭り」開催中は、テイスティングサロンでお歳暮限定「ヱビス 和のつむぎ」の樽生を先行試飲できました。大正時代に酒屋店頭の宣伝に使われた巨大ヱビスビール瓶との記念撮影や、ヱビスクイズツアーなども開催されていました。
ヱビスビール記念館
色んなイベントが開催されている館内

子どもたちの笑顔はじける「レモンパーク」

小さな子どもが遊んだり学べたりする楽しいスペース。「レモン学校」でレモンを使った実験をしたり、「こどもパーク」でドリンクのオリジナルラベルを作ったりと盛りだくさんでした。レモン忍者のキャラクター「レモンじゃ」と記念撮影して、「レモントレイン」でコースを走れば、子どもたちは大喜び!
レモンパーク
レモントレイン

スマートポイント

  • 「ヱビスビール記念館」(定休日・臨時休館日あり)は無料で自由見学できて、テイスティングサロンで有料試飲ができます。予約をすれば、ガイドの説明が聞けて試飲付きの「ヱビスツアー」も有料で楽しめます。
  • 恵比寿エリアでは「恵比寿麦酒祭り」を含む期間に「恵比寿の料理人が考えるヱビスビールに合う逸品グランプリ」を開催するほど、地域全体でおいしい飲み物や食べ物を味わえるように盛り上げています。
  • 「恵比寿麦酒祭り」で販売された生ビールの売上金相当額は、サッポロホールディングス㈱から東北・九州復興のために寄付されています。あなたの飲んだ一杯も、きっと誰かの役に立っているでしょう。

ライターのおすすめ

広い会場でさまざまなイベントが行われているので、入り口で配布されるパンフレットをチェックして「どこで、何を、飲んで、食べようか」と作戦を立てると、麦酒祭りを満喫できますよ。限定品もお見逃しなく!

原智子

長野県出身、東京都在住。タウン誌副編集長を経てフリーライターに。趣味は旅行(名所旧跡めぐり)・天体観測・カーリングプレー・サッカー観戦。美しい星空も、美味しい食べ物も、人との出会いも、大切な一期一会。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0