* menu
閉じる

お土産お土産

2015.12.27

400年間、 京を支えるお台所
錦市場でお散歩&お土産探し

writer : 鈴木ナナ

京都市中京区のほぼ中央、東西約390メートルに渡ってお店がひしめき合っている「錦市場」。道幅はなんと3.25メートル~5メートルという、ちょっとすれ違うだけでも肩がぶつかってしまいそうな狭い細道に、京都ならではの商品を扱うお店がなんと約130店舗。元々は京都御所へ魚を納めるお店が集まった場所だったらしく、2015年には400年という節目を迎えました。そんな錦市場の歴史を感じながら、観光がてらにぎやかなこの通りをそぞろ歩いてみるのはいかがでしょうか?

京都のあらゆる食材が一堂に集結

京都の旬の食材を仕入れるならここしかありません。京都の数々の料亭や割烹、旅館の料理人さんがここで食材を仕入れ、またご近所の方のスーパー代わりでもある錦市場。

京料理の食文化を感じることができ、鱧や笹かれいなど鮮魚を扱う店から京野菜、京漬物、豆腐や湯葉、さらには干物や乾物類などなど、豊かな品ぞろえ。見るだけでも楽しめるので、観光で訪れて独自の雰囲気を味わってみるだけでもおススメです。

食材だけじゃない京都文化にも触れよう

錦市場に集まるのは食材だけではありません。450年以上もの伝統を受け継ぎ、多くの料理人が愛してやまない「有次」は包丁や料理道具の専門店。今では外国人の観光客がお土産にこぞって包丁を買い求め、目の前で行われる仕上げの研ぎや名前の刻印に、みんな目を輝かせて出来上がりを今か今かと待ちわびます。

京焼の美しさを手に取って味わって

京都文化のひとつに京焼があります。京都と言えば「清水焼」が有名ですが、昔は「八坂焼」「粟田口焼」「押小路焼」と、それぞれに京都各地の名称がつけられ、○○焼と称していました。京焼はその総称で、清水焼は京焼の一種です。それがいつのころからか「清水焼」だけが名称として残り、京焼とは「清水焼」を指すようになったのだそう。そんな「京焼・清水焼」をお土産として購入する人も多く、ここ錦市場でも色とりどりの京焼を見ることができます。こちら「陶葊(とうあん)」では、清水焼を使った喫茶コーナーも併設。

「陶工房 器土合爍(きどあいらく)」では、ろくろを回している姿も見学できます。お値段もとってもリーズナブルです。

可愛い雑貨に目移りしまくり

市場というと鮮魚や乾物ばかりで、女子にはあまり馴染めなさそうなイメージがあるかもしれません。ところが、女子のハートをわしづかみにする雑貨も多いのが錦市場。「招き猫の手」では、京都の伝統織物・丹後ちりめんを使った和雑貨が大人気。ラッキーアイテムをモチーフにしているものが多いので、お土産ついでに幸運も手に入れちゃいましょう。

「ころころこ」ではキュートな缶に詰められたカラフルなラムネや飴が、女子の心をくすぐります。

アジアン雑貨好きなら「プラウデコ」がおススメ。和モダンな雰囲気とスタイリッシュな雑貨が魅力です。バッグや食器、置物やガラス細工などなど、一歩お店に入ると市場の中ということを忘れそう。

頭上にも見どころあり

右にも左にもお店があるため、あちこち目移りして忙しいはず。とても一度では観光しきれないかもしれません。でも錦市場を横切る形で通りが交差する五つの辻では、上を見上げてみてください。実はそこにステンドグラスで描かれた天井画が。

五つの辻では全部図柄が違うので、見比べるのも面白いはず。京都の食文化の伝統が四季に合わせて描かれています。

見どころ盛りだくさんの錦市場を十分に堪能するには、下を向いている暇はありません。時間に余裕があるなら何度でも足を運んで。時間がないなら、「今日はお土産狙い」とポイントを絞って歩くのが正解。錦市場は、誰でも何度でも楽しめる観光スポットなのです。

スマートポイント

  • 錦市場の皆さんでつぶやいているツイッター。お店のおススメや混み具合などがリアルタイムでわかる。
    HP : https://twitter.com/nisiki__ichiba/lists/nishiki
  • ワンオーダーすれば、錦市場で買ったお惣菜をきちんと盛り付けて出してくれる京町家がある!落ち着いて食べるならここ。
    HP : http://nishikiagaru.jp/
  • 錦市場共同駐車場がめちゃ安い!「京都錦市場商店街振興組合共同駐車場」1時間500円!この界隈はかなり高いのでこれは爆安。バイクも自転車も安く止められます。

ライターのおすすめ

高倉通寄りにある「おちゃのこさいさい」では自分の好きなように調合できるマイ七味がおススメ!自分好みの味が作れちゃいます。

鈴木ナナ

人間観察、食べ歩き、酒場めぐり、映画、旅が好き。魑魅魍魎の住む京都で、毎日よそもんの観光気分。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0