* menu
閉じる

お土産お土産

2017.09.01

大阪国際空港で買える定番土産
空港で買えば荷物もらくらく

writer : 磯本歌見

旅行に来てうっかりお土産を買いそびれたとか、数が足りなかったってこと、よくありますよね。そんなときでも大丈夫。大阪国際空港内には関西を代表するお土産がばっちり揃っていますよ。なかには、ここならではのものも。ここでは、ぜひ買って帰りたい逸品、買い忘れたらここに行こうなど、お土産エトセトラを紹介します。

「スカイプラザ」で買い物三昧

スカイプラザ
スカイプラザ2
北ターミナル2階出発ロビーにあるお土産店「スカイプラザ」は、空港内最大規模の土産物店。兵庫県と大阪府の県境をまたいでたつ空港の立地にふさわしく、神戸や大阪土産を中心に、京都土産も並んでいます。
お土産ベスト5
 店の北側には、人気商品ベスト5が紹介されていますよ。2017年8月の人気NO1は、点天ひとくち餃子(30個入り)1,429円、以下、第2位・千鳥屋宗家みたらし小餅12個入670円、24個入1,340円、第3位・聖護院八ッ橋本店 聖 祭菓(抹茶詰合せ)10個入 540円、第4位・大阪たこ焼きたこぼん12個入り972円、第5位・五感ええもんちぃ3個入345円、6個入650円など、そして今話題の忖度まんじゅう9個入り680円。すべて税込み。どれをとっても聞いて納得の土産ばかりですね。このなかから選ぶのも一つです。

スカイプラザおすすめ3選

「スカイプラザ」の人気商品から、空港に近い大阪・兵庫発の3商品をご紹介。まずは大阪北浜五感の「ええもんちぃ」(写真・6個入650円など)です。
ええもんちぃ
マドレーヌ新
国産の米粉と小麦粉、風味豊かな発酵バターを使ったマドレーヌに国産大粒の黒豆入り。仕上げに米飴を使い、しっとりした食感と深い味わいが自慢です。神戸プリン
神戸プリン
続いて、トーラクの「神戸プリン」(写真・4個入1,080円など)。モンドセレクション最高金賞5年連続受賞の商品で、なめらかな口どけ、優しい甘さ、コクありで後味爽やか柑橘系という独特の味わいです。
焼きティラミス
焼きティラミス
最後に、芦屋発・C3(シーキューブ)の「焼きティラミス」(写真・4個入680円など)。北海道マスカルポーネチーズをたっぷり使って焼き上げた生地、一つひとつにエスプレッソのコーヒーシロップが染み込み、天面にはココアパウダーをトッピング。大変丁寧に作られた味わい深いお菓子です。

マスコットキャラクター「そらやん」も人気

そらやん
大阪国際空港のマスコットキャラクター「そらやん」も知る人ぞ知る人気キャラです。
クッキー
そらやんグッズ
2014年、大阪国際空港75周年を記念して誕生した「そらやん」は、空港とまちのみんなを笑顔いっぱいにするために、いつも笑顔やん!よろしくやん!みんなの応援で空を飛べるかもしれんやん!と語尾に「やん」が付くのが特徴です。クッキーなどのお菓子、ストラップ、クリアファイル、ソックスなど「そらやん」グッズも揃っています。なかでも人気は、ぬいぐるみだそうです。
現在は改修工事中なので、イベントは開催していませんが、例年の恒例イベントでは、「そらやん」も登場し、コアな固定ファンが会いに来ていたそうです。

551蓬莱はやっぱり根強い人気

551
豚まんとシュウマイ
「あるとき~~ないとき~~」でおなじみ「551の蓬莱」は、コンスタントな人気でいつも行列ができています。南ターミナル1階の「点心蓬莱カフェ」の一角にお土産コーナーがあります。土産用商品は、豚まん、しゅうまい、焼餃子、エビしゅうまい、551ちまき3種で、焼餃子以外は蒸したての通常商品とチルド(冷蔵)商品があります。豚まんは2・4・6・10個入、しゅうまいは6・10個入、焼餃子は10・15個入り、エビしゅうまいは12・20個入りのなかから選べます。セット
豚まん(4個)としゅうまい(10個)とエビしゅうまい(20個)の空港セット(写真・2,330円)もあります。

関西といえば伊勢の「赤福」と京都の「おたべ」

赤福売り場
赤福
伊勢の名物「赤福」は、約300年前に生まれた三重県の銘菓ですが、三重県には空港がないため、関西の玄関口、大阪国際空港でも買うことができます。もっちりとしたお餅の上に上品なこし餡をのせた赤福は幅広い世代に愛され続けています。全国のお土産の中でも「赤福」は上位に挙げられる名品。夏期は消費期限が製造日含め2日間と短く、販売エリアも東海・関西エリアのみなので、手に入るときに買っておきましょう。こちらでは、ANAの出発口前の「ANA FESTA」他で買うことができます。
おたべ売り場
おたべの陳列
おたべの陳列2
おたべ表紙
京都銘菓粒あん入り生八つ橋「おたべ」もゲットしたい逸品の一つ。通常の「おたべ」の半分、5個入り食べ切りサイズの「こたべ」もおすすめ。季節限定のパッケージにも心惹かれます。こちらは夏バージョンで、季節ごとにデザインが変わります。「おたべ」は、JAL出発口近くの「BLUE SKY」他で手に入ります。

スマートポイント

  • 「スカイプラザ」では、不定期で催事があり、空港内に常時置いていないお菓子などのお土産を期間限定で販売することもある。HPで案内しているので要チェック!
  • 「551蓬莱」には、蒸したての通常商品にも、チルド(冷蔵)にも対応するオリジナル保冷/保温バッグを販売している(大200円・小150円)。また、チルド商品には保冷剤(3時間)が付いている。
  • 「そらやん」は大阪国際空港、「カンクン」は関西国際空港のマスコットキャラクター。「カンクン&そらやん」公式ツイッターページがあるので、ゆるキャラファンはチェックすべし!

ライターのおすすめ

旅行に行かずとも、訪れたくなるお土産売り場。スイーツ好きな私は、デパ地下並み、いやデパ地下以上の品揃えに胸がキュンキュンします! 「そらやん」は今回初対面。妙にかわいい「そらやん」にも胸キュン!

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

8+