* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.08.27

京に流れる巴里時間の中で食す
フレンチ仕上げのベトナム料理

writer : 山田涼子

343 views

哲学の道から疎水沿いに西へ。初夏には蛍が飛び交うことで知られる橋のたもとに、緑に囲まれた白壁の一軒家レストランがあります。いただけるのは、フレンチ仕様のベトナム料理。フランス料理出身のシェフが約20年前にベトナム料理に出合い、すっかり虜に。かつてベトナムがフランス領だったことから共通点を見い出し、何度も現地に足を運んで「ベトナムフレンチ」というジャンルを確立させました。以前は、御幸町通四条上ルに店を構えていましたが、2014年春に現在の北白川へ移転。閑静な住宅街の中にあって、上品な巴里の趣をまとったベトナムの香りが色濃く感じられるお店です。

シェフは野菜ソムリエ!京野菜は西賀茂から

サラダ
「京野菜で彩るベトナム料理」と謳うだけあって、スアンが多くの人から愛される理由は、その新鮮かつ濃厚な野菜たちを自由自在にアレンジしたヘルシーメニューにあります。たとえば、サラダ。蓮の実や茎を散らした定番の逸品は、色鮮やかな季節の野菜がたっぷりと楽しめます。
バインセオ
加えて、バインセオ(ベトナム風お好み焼き)はレタスだけでなく、紫蘇やパクチーと一緒に巻いていただくなど。日保ちのしにくい葉物を多く取り入れているのも、シェフ自ら収穫に訪れる農園があるからこそ。
生春巻き
そして何より人気が高い生春巻き!シャキシャキのもやしの食感とニラの風味、さらには特製の白味噌から作るオリジナルのタレ!このタレだけでもビールが呑めるほどの味わいで、あまりの好評ぶりから商品化されたほどです。

京都だけでなく全国からファンが集う味

スアンの料理
スアンの料理は、プロデューサーでもあるフォン氏の生まれ故郷・ベトナム南部の味がベースです。同じベトナムでも、日本同様、北部と南部では随分と調理法には違いがあるのだそう。南部料理は、甘酸っぱい味付けのものが多く、全体的にマイルドで、日本人の口に合うのが特徴。また、新鮮な食材が手に入りやすい土地柄から、生野菜が好まれています。ベトナムには冷蔵庫がない家庭も多く、新鮮な素材を鮮度の高いうちにいただくのが基本。ゆえに、ここスアンでもベトナムスタイルに則って、素材の新鮮さを最大限に活かした料理がいただけるのです。
フォー
ランチならお得な「XUAN北白川ミニコース」(1,852円+税)、ディナーはいろんな種類の料理が楽しめる「アオザイコース」(3,500円+税)がおすすめ!米粉麺を使ったフォーは必須メニューです。

仕入れはもちろん、最新事情を知るための旅

スアンの名物は料理だけではありません。マダムの仕入れに同行する特別ツアーは、2年先までキャンセル待ちの状態!宿から食事からすべておまかせで、お土産代さえ握り締めて行けば、通常のツアーでは行けないようなお店や工場見学ができるとあって、募集をかければ口コミだけであっという間に満員御礼に。現地との太いパイプがあるからこそできる特別ツアー。旅先での土産話も料理のスパイスになること間違いありません。
店内

料理だけでなくアオザイや雑貨も最高級レベル

アオザイ
少なくとも年に2~3回は現地へ行くマダムは、サービスのプロフェッショナルであると同時に、オーダーメイドのアオザイを提案する会社「リンホア」の社長でもあります。着物をアオザイにリメイクしたり、現地から上質な生地を仕入れてアオザイをつくったり。最近では、宝塚歌劇団のベトナムを舞台にした作品で衣装協力もされました。
雑貨
また、自ら買い付けた雑貨はどれもかわいくて上品で、あっという間に売り切れてしまうことも。マダムが帰国するタイミングを狙って訪れるリピーターも少なくありません。手作り1点ものが大好きで、その目利きのセンスはさすが!
マダムが買い付けた雑貨

スマートポイント

  • 週末ともなると常に満席!ゆえに、予約は必須です。営業日でも、仕入れた野菜がなくなればクローズすることもあるので、当日であっても事前に電話確認を。
  • 近くには提携駐車場もあり(3,000円以上利用で1時間無料/7,000円以上利用で2時間無料)。銀閣寺付近のエリアはなかなか車を停められる場所がないため、できれば交通機関を利用するのが吉。
  • 中2階には、バチャン焼の器やかごバッグ、蓮をモチーフとしたアクセサリーなど、ベトナム雑貨も豊富に揃う。どれもお手頃価格なので、旅の想い出や土産用に買うのもおすすめ。

ライターのおすすめ

バーバーバーやサイゴン、ラルーといった現地で愛されているビールはもちろん、ベトナム産ワインも揃っています。また、食後のベトナムコーヒーは必須オーダー!練乳を入れるベトナムスタイルで味わって。

山田涼子

本に埋もれて暮らす本の虫。好物は、美酒&美食ならジャンル問わず。睡眠より、映画・ドラマ・アニメの消化を優先。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索