* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.10.04

梅田とは違う雰囲気の中津で
北乃の愛情いっぱい家庭料理を

writer : 松田きこ

ハモの湯引き
初めて行った場所で、地元の人が行きつけにしている店に出会うと、その土地と深く関われたようで旅の思い出が深くなる。梅田から歩いて10分ほどの中津エリアは、オフィスや店、そして住居が混在する下町だ。飲食店は、個人が営む小さな店が多く、梅田の喧騒はどこへやら、一人静かに飲める店も多く、「北乃」もそんな店の一つだ。
厚揚げ
カウンターと奥に座敷があるだけの小さな店が、かつては板前さんが3人もいる高級割烹だったと聞いて、ちょっとびっくり。日が暮れるとぽつりぽつりと一人客が訪れる。夜のメニューは定食が700円~、お任せ2,000円~と、とってもリーズナブル。カウンターに座って、お任せをオーダーするとその日の料理がすっと出てくる。その数、なんと6品!前菜、造りに続いて出された厚揚げは、まるごと1枚が一人分。そのボリュームに少々驚きながらもビールが進む味だ。

シンプルな家庭料理にほっとする

野菜炒め
続いて野菜炒めが登場。たっぷりのベーコンとニラがおいしい。この時点で少しおなかがふくれてきた。
イワシの煮付け
続いて出てきたのは、イワシの煮付け。身がほろりとほどけて、旨みもたっぷり。出される料理それぞれがメインになるような味とボリュームで、初めて来た人は驚く。

お母さんの愛情いっぱいのメニュー

シジミの味噌汁
すでにおなかはいっぱいだ。ごはんはギブアップしたが、マスターが「体にいいからシジミをどうぞ」と、大きなお椀にたっぷりシジミの味噌汁を出してくれた。おなかはいっぱいだけど、おいしくて完食。
割烹時代からのオーナー
料理を作ってくれるのは、あたたかい眼差しの「お母さん」。割烹時代からのオーナーで、当時は大阪の北新地でクラブも経営していたそうだ。その腕は確かで、一見家庭料理風ながら、本格的な料理が次々に登場する。「単身赴任のお客さんが多いから栄養バランスがとれるように」と毎日のメニューを考えるやさしい人。
マスター
仕入れと配膳を担当するマスターは、ひょんなことからこの店を手伝うことになって、早15年。たしかな目利きと舌で、お母さんをサポートする。

グループ利用は奥の座敷でわいわいと

玉子豆腐の揚げ出し
奥の座敷で食べる予約制のコース料理は2500円から。この値段でいいのかな、と思うようなメニューが次々に出てきて、コストパフォーマンスの良さに絶句してしまう。幹事の時に北乃のコースを選ぶと、仲間に驚かれること間違いなしだ。2,500円でハモの湯引きが出てくるなんて、驚きのメニュー設定なのだ。玉子豆腐の揚げ出しも上品な味。
賀茂なすの田楽
賀茂なすの田楽は定番人気。
鯛のアラ煮
シメに出された鯛のアラ煮に大満足。

女性の一人客もリラックスして飲めるカウンター

お酒が並ぶ棚
ボトルキープした焼酎を飲みながら、天気のことや野球のことなど、何気ない会話をぽつりぽつり…。常連さんが多いが、ふらっと入っても気遣いはいらない店だ。
北乃外観

スマートポイント

  • 梅田でおしゃれな店もいいけれど、旅の移動に疲れた日は、こんな家庭的な店もオツなもの。お任せであたたかい家庭料理が順番に目の前に出てくるので、何が出てくるかワクワク感があるのだ。
  • ランチタイムの定食が近くで働くビジネスマンやOLさんに大人気。売り切れてしまうこともあるので、食べたい時は早めに行こう。
  • 夏はハモ鍋、冬は野菜たっぷりの各種鍋など、奥の掘りごたつ式の座敷で食べる宴会メニューもおいしい。10人くらいまでならOK。早めに予約しておこう。

ライターのおすすめ

初めて訪れた人は皆、コストパフォーマンスの高さに驚く。「もしかして、原価計算まちがってる…?」と心配した経営コンサルタントがいたとか。泥酔するほど飲む人はいないし、客筋がいいのも安心できる店。

松田きこ

おいしいものを食べるのも作るのも大好き、お酒はもっと好き。取材の旅先で酒蔵や温泉を訪ねるのが趣味です。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0