* menu
閉じる

観光観光

2016.09.06

神戸の風景も料理も堪能
大人も子どもも楽しいumie

writer : 磯本歌見

神戸ハーバーランドumie
神戸ハーバーランドumieは、【「海・街・人」ここにしかない、きらめき】をコンセプトとした、神戸ハーバーランドの核となる大型商業施設。「umie NORTH MALL」、「umie SOUTH MALL」、「umie MOSAIC」。これら3施設が一体となるumieは、買い物だけで終わるような施設ではなく、想い出作りができるスポットです。

モザイク大観覧車は外せない!

モザイク大観覧車
夜のモザイク大観覧車
観覧車からの眺め
神戸ハーバーランドのシンボルといえば「モザイク大観覧車」。360度の眺望が自慢で、神戸の海も山も見渡せる昼、そして夜景の美しさを堪能できる夜、どちらもおすすめ。                         高さ約50m、32台のゴンドラが回る「モザイク大観覧車」は、神戸の復興を願って1995年に設置されました。一周約11分の空中散歩を楽しめる観覧車は、今や神戸を代表するデートスポットとなっています。
【モザイク大観覧車】
10:00~22:00(土曜・祝前日は~23:00)、3歳以上800円(ドキンズハートカフェゴンドラは900円)

ショッピングも堪能できる

umie内観
umie NORTH MALL
umieの建物は6階建て。ユニクロやトイザらスなど、品揃え豊富な20の大型専門店が並ぶ「umie NORTH MALL」と、ファッション、トレンドなど感度の高い約100の小型専門店の集積「umie SOUTH MALL」、神戸グルメや世界の料理を楽しめるほか、特徴ある約80の店舗がそろう「umie MOZAIC」。目的や趣向に応じて多彩にショッピングを楽しめるのもumieの魅力です。

モザイクで食と景色を楽しむ

神戸港を一望できる建物「umie MOZAIC」の一番の特長は、非日常を提供する場所であるということ。だから、想い出を作れるようなスペースがいっぱいあります。ロケーションの美しいテラス席を設けている飲食店も多く、食を楽しみながら景色も楽しめる、そんなお店で食事するのもおすすめです。3階の「トニーローマ」からは、神戸ポートタワーがすぐ近くに見えます。

特徴ある店舗もいろいろ

神戸初出店、もしくはここならではのお土産が買えるなど、特徴あるお店を紹介しましょう。
カルビープラス
カルビープラスの商品
【カルビープラス】
カルビーのおいしいたのしいを体感できるお店。umie店限定のしょうゆ味のかたあげポテトチップス「神戸ケトルチップスしょうゆ味」(580円)や、パッケージがumie店限定の「じゃがりこ8種詰め合わせ」(864円)などを販売しています。(モザイク2階)
ランドリー
【ランドリー】
TシャツをメインにベーシックなITEMに遊び心をプラスした多彩な商品を販売するお店。神戸の風景をモチーフにしたTシャツ(3,200円~)やデニムバッグ(2,000円~)はお土産に最適。(モザイク2階)
STREAMER COFFEE COMPANY
【STREAMER COFFEE COMPANY】
神戸初上陸の、アメリカ西海岸をイメージしたコーヒースタンド。世界最高レベルのラテアート、コーヒーを提供する。ストリーマラテ(570円)。(モザイク1階)

大型イベントも魅力

umieでは、モザイク海側の高浜岸壁で、夏・冬に大掛かりなイベントを開催しています。
スプラッシュファンタジア
【スプラッシュファンタジア】
水と光と音楽が一体となった体感型エンターテイメント。水柱が約60mの上空まで立ち上がる10分間のショー。2016年は、8月12日~23日(通年はお盆から約2週間)19:10~、20:00~、20:50。入場無料
イルミネーションアイスマリーナ
【イルミネーションアイスマリーナ】
期間限定アイススケートリンク。カラフルなスポットライトを浴びながら、すべることができる。
そのほか、シーズンイベントや専門店イベント、テナント主体のイベントも開催していますのでHPでチェックしてから行くのもおすすめです。

スマートポイント

  • umieカードの会員になると、買い物でポイントがたまるだけでなく、駐車料金が1時間無料になるなど、特典がいっぱい。(年会費無料・発行手数料100円)
  • LINEのお友達になると、いち早くイベント情報やお友だち特典を受けることができる。
  • 「ママ&ベビー」の会員になれば、子連れに優しいサービスがいっぱい。会員キーホルダーを見せると特典が受けられる店舗もある。

ライターのおすすめ

神戸のシンボル、モザイク大観覧車にはぜひ乗ってほしいですね。神戸の海も山も一望できます。「こうべっこ」がまず観光客を連れて行くと喜ばれるスポットの一つです。

磯本歌見

関西最西端・忠臣蔵の故郷「赤穂」に住みながら、フットワークの軽さを活かして京阪神・奈良まで取材へ。仏像ガールでご朱印女子。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

2+