* menu
閉じる

通天閣

新世界を見下ろす通天閣の展望台
100年の歴史をもつ観光スポット

writer:編集部(2016.01.07)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

1912(大正元)年、新世界が開かれた時に初代通天閣が誕生。パリのエッフェル塔をモチーフに建てられたこの美しいタワーを中心にルナパークやショッピングモールは多くの人で賑わった。1943年火災に遭い、翌年解体されたが、地元の有志らの寄付によって1956(昭和31)年に再建。塔頂部の天気予報サイン、ビリケン堂の再建、広告塔としてのネオンが開始され、大阪のランドマークの一つとして100年以上人々に親しまれている。

Point1

ぐるっと360度ガラス張りの展望台から見る大阪

エレベーターで5階に上がると、地上87.5メートルの展望台がある。360度ぐるりと大阪の街並みを眺めることができ、すぐ隣りの天王寺動物園の動物の姿、高速道路を走る車、電車、そして道行く人。大阪らしい雑多な風景がよく見える。遠くには、天保山の観覧車や大阪ドーム、大阪城、阿倍野のハルカスタワー、梅田周辺のビル群といった、大阪の主要なスポットも見えて、距離感がよくわかる。

Point2

ビリケンさんの足の裏をさわってご利益を願う

展望台に鎮座する幸運の神様「ビリケンさん」は、1912年の開業当初から庶民的な神様として慕われている通天閣の守り神。足の裏を撫でるとご利益があるといわれていることから訪れる人が絶えず、足の裏がすり減ってしまい、通天閣100周年に合わせて3代目が新調された。

Point3

鮮やかな大天井画は圧巻

2015年、初代通天閣にあったエントランス吹き抜け大天井の天井画が復刻された。現在もある化粧品会社の天井広告で、当時の下絵とモノクロ写真を元に新進の日本画家によって新たに原画が描かれた。3羽のクジャクと、牡丹や椿が華麗に描かれた天井画は、今見てもモダンなデザインだ。夜間のライトアップも美しい。

スポット詳細

アクセス

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0