* menu
閉じる

あべのハルカス

パノラマの絶景が広がる
高さ日本一のランドマーク

writer:編集部(2015.12.27)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

2014年春にオープンした、日本一の高さを誇る超高層複合ビル、あべのハルカス。あべのハルカス近鉄本店のほか、美術館やレストラン、ホテルなどが入っており、立体都市と称されている。最上階には展望台「ハルカス300」があり、関西一円を見渡せる360度のパノラマビューは圧巻。JR・地下鉄天王寺駅、近鉄阿部野橋駅から徒歩すぐで、天王寺動物園や通天閣にも近く便利なロケーションということもあり、大阪観光の新たな拠点となっている。

Point1

高さ約300mからの絶景が広がる、ハルカス300

展望台「ハルカス300」に行くには16階でチケットの購入が必要。足元までガラス張りになった回廊からは大阪市内はもちろん、天気がよければ淡路島や関西国際空港が見えることも。昼間はもちろん、街が赤く染まる夕暮れ時や宝石がちりばめられたような夜景もまた格別。

Point2

夜景とコラボした光のショーなどイベントに注目

「ハルカス300」の60階では、夜景とコラボした3Dプロジェクションマッピング「CITY LIGHT FANTASIA by NAKED」を期間限定で上映。ほかにも58階の床面に映像を投影する「ハルカス300 光と音のshow」を開催するなど、さまざまなイベントを実施している。またバックヤードツアーも定期的に開催し、巨大ビルの裏側をのぞくことも可能。「ハルカス300」のキャラクター「あべのべあ」と記念撮影ができるグリーティングも人気だ。

Point3

美術館やホテル、百貨店など多彩な施設が満載

「ハルカス300」で絶景を楽しんだ後は、44店ものレストランが並ぶ「あべのハルカスダイニング」や「大阪マリオット都ホテル」で眺望を楽しみながら食事を。あべのハルカス美術館やあべのハルカス近鉄本店で、アート鑑賞やショッピングを楽しむのもおすすめだ。あべのハルカス近鉄本店ではここでしか買えない限定商品も充実しているので、お土産探しに困ることはない。

スポット詳細

アクセス

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+