* menu
閉じる

新世界

歴史ある庶民の街を観光するなら
天王寺から新世界へ

writer:編集部(2015.12.27)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

1903(明治36)年の第5回内国勧業博覧会の跡地を利用して1912(大正元)年に開かれた新世界。遊園地「ルナパーク」があり、初代通天閣を中心に、パリの市街地を模した街並みにショッピングモールが作られた最先端のスポットとして観光客で賑わった。遊園地が閉園した後、芝居小屋や映画館、飲食店が集まって今につながる。鉄道各線が集結するターミナル天王寺から近く、市営地下鉄や南海電鉄、阪堺電鉄の路面電車が通る便利なエリアだ。

Point1

エンタメ度抜群の大衆演劇に観光客もハマる

大衆演劇場「浪速クラブ」の前には役者の名前が書かれた幟とスタンド花がずらり。平日でも客席はぎっしり満員でその熱気に圧倒される。芝居あり、殺陣あり、歌と踊りありの舞台の華やかさに魅せられ、常連客のおひねりに驚き、あっというまに時間がすぎる。毎月劇団が替わり、1ヵ月通し公演でも演目は毎日違うため、地元の常連客も多い。ご贔屓の劇団を追いかけて遠方から来るお客さんもいるなど裾野は広く、大衆演劇の奥深さと楽しさを知る体験型観光にぴったりだ。

Point2

新世界名物スマートボールは大人の遊び

昭和初期に大人気となったパチンコの一種スマートボールは、点数が描かれた穴を狙ってボールをはじき、持ち球を増やしていくゲーム。遊技場「スマートボールニュースター」は大阪で唯一のスマートボールができる場所。最終の持ち球に応じて、お菓子などの景品がもらえるので、案外本気で遊んでしまうのだ。18歳以下は入店できないのでご注意を。

Point3

石でできたルーレットのおみくじをやってみよう

新世界稲荷神社は、通天閣から北へ約50mのところにある小さな神社。通天閣ができたのと同じ1012年に建てられ、商売繁盛の神様として信仰を集めている。境内にあるおみくじは石でできたルーレット形で、円盤を回して出た数字を横の表に照らし合わせて運勢を占う珍しいもの。若いカップルや観光客がたくさんお参りに来ている。

スポット詳細

アクセス

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0