* menu
閉じる

大阪城公園

自然と歴史の大阪城公園
押さえておきたい見どころ案内

writer:編集部(2016.01.12)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

都会の中心部にありながら、歴史や自然に触れ合える大阪城公園。梅や桜は府内でも指折りの名所だ。散歩やジョギング・バードウォッチングをする地元の人も多く見かけられる。
本丸・二の丸を中心とした城郭一帯は国の特別史跡、または登録有形文化財の天守閣のほか重要文化財の古建造物も点在し、歴史が好きな観光客にとっても魅力的な公園だ。広大な敷地は最寄り駅も一つや二つではない。好みに応じた見どころを逃さないように観光しよう。

Point1

鳥がさえずる都会のオアシス「大阪城公園」

大阪市民の憩いの場所「大阪城公園」。100ヘクタールを超える広大な園内は、四季折々の風景があり、人も野鳥も安らぐ都会のオアシスとなっている。実際に園内では、バードウオッチングを楽しむ人を見かけることが多いのだ。山野に比べて狭い範囲に野鳥が集まるため、全国でも有数の観測地だという。鳥のさえずりに耳を傾けてみよう。

Point2

大阪城を彩る四季の風景

大阪城公園で有名なのが梅と桜。公園の東側に梅林があり、かぐわしい梅の香りが初春を告げる。桜は園内に3000本あり、特に西の丸庭園と天守閣を囲む本丸あたりが美しい。さくらまつりや夜桜ライトアップも行われる。他にも、桃園やアジサイ園・イチョウ並木と四季折々の見どころがある。雪化粧した冬の大阪城も魅力だが、近年は積もることが少なくなった。

Point3

大阪城公園最大の見どころは「石垣」

大阪城は、地上に見えているだけでも50万個以上の石が使われているという。桜門付近にある表面積が城中第一の「蛸石」をはじめ、推定重量50トンを超える巨石も多い。全て徳川時代のもので1620年から約10年かけて築かれた。築城技術の進歩が著しい時代であり、各所で積み方の異なる石垣が見られるのも見どころのひとつ。重要文化財に指定された門や櫓も13棟ある。
城好きの心をくすぐる建築技術と歴史物語がある城なのだ。

(写真提供:© (公財)大阪観光局)

スポット詳細

アクセス

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0