* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.05.11

工房併設のチョコレート専門店
大阪城からすぐ「エクチュア」

writer : 並河智子

四季を表現するチョコレート
日本の気候や風土に合わせた「四季を表現するチョコレート」をコンセプトにしたチョコレート専門店「エクチュア」。大阪は谷町にある、古民家を改装した「カフェ からほり蔵 本店」が有名ですが、その4店舗目としてオープンしたのがこのお店。チョコレートをもっと身近に感じてもらえるようにと、外から覗くことができるガラス張りの工房を併設しました。店が入るのは昨年4月にオープンしたショッピングモール「もりのみやキューズモールBASE」。地下鉄中央線の森ノ宮駅から歩いて3分。道路を挟んで隣には大阪城があり、観光のついでにも立ち寄りやすいスポットです。
独創的なプラリネ
独創的なプラリネのほか、エクレアやソフトクリームなど、本店にはないここだけの限定商品も。この店に来たら、これだけは!という商品をご紹介します。

濃厚なのにさっぱり食べられる、チョコレートソフトクリーム

ベルギー産のクーベルチョコレートソフトクリーム
これからの季節にイチオシなのが、プレミアムソフトクリーム(500円)。チョコ、バニラ、ミックスの3種類がありますが、専門店ならではの味なら、ぜひチョコが入ったものをチョイスして。ベルギー産のクーベルチョコレートをふんだんに使い、濃厚ながらさっぱり食べられるソフトクリームです。ビターな味わいのチョコレート生地のコーンとも相性抜群。
お店の目の前は人工芝が敷かれた開放的な広場で、たくさんのベンチがあり、青空の下で食べるソフトクリームは、なおいっそうおいしく感じます。”

見た目にもときめく、エクチュアのプラリネ5選

カラフルな色合いのハート型チョコレート
ハートの形と、カラフルな色合いがかわいらしいシリーズ。黄色い方がレモン風味のミルクチョコガナッシュを包んだ「シトロン」(324円、以下すべて同価格)。きみどり色は季節限定の「柚子」。口に入れるとふわっと柚子の風味が広がり、チョコとの相性の良さにびっくりします。
煎茶、ソルト、ミエル、大人な味わいのチョコレート
左は、ホワイトチョコに煎茶を練り込んだ、夏季限定の「煎茶」。中央は室戸の塩を使って作る「ソルト」。チョコの甘さと塩のしょっぱさが絶妙にマッチし、滑らかな舌触りとともに口の中でとろけます。30種類超の塩を集めて試作をしたという、エクチュアの代名詞のひとつとも言える一品。右は「ミエル」。はちみつとラム酒を使ったビターチョコレートで、大人な味わいです。

まるまる1本生チョコ、贅沢な味わいのポンテナーク

棒状の生チョコに、マシュマロ、オレンジピール、アーモンドが入っているポンテナーク
ポンテナーク(1,944円)は、もりのみやキューズモールBASE店だけの限定商品。棒状の生チョコに、マシュマロ、オレンジピール、アーモンドが入っています。濃厚なチョコレートの味わいのなかに、マシュマロの少しもっちりとした食感を感じ、オレンジとアーモンドの風味が広がり…少しずつカットして味わう、贅沢な一品です。

外から見ても楽しめる、工房&グッズの展示

めずらしい機械がある工房の様子
店の外からは工房の様子を見ることができます。材料をブレンドしたり、コーティングをする機械など、普段は目にすることができないものばかり。ここで作られた商品たちが店頭に並びます。
ヨーロッパで使用されていたアンティークの型、チョコレートメーカーのミニチュアカー
うっかり見逃してしまいそうな、工房横の外から見える角のスペースにも注目! ヨーロッパで使われていたアンティークの型や、チョコレートメーカーのミニチュアカーなど、チョコレートにまつわる珍しいものたちが並べられています。「このスペースだけは、完全に僕の趣味なんです」と話すのは、エクチュア代表の植松さん。

おいしいチョコレートを味わうのはもちろんのこと、他の楽しみ方もできるのがうれしいですね。

スマートポイント

  • 大阪を代表するチョコレート専門店の一つ「エクチュア」の4号店として昨年4月にオープンした。目の前が大阪城公園なので、観光の合間に立ち寄りやすい。
  • 気候がいいときにおすすめなのは、チョコソフトクリーム。ベルギー産のクーベルチュールを使用し、濃厚な味わいながらさっぱり食べられる。店の前のベンチに座って、空の下で食べられるのがいい。
  • ポンテナークは、口どけ滑らかな生チョコをぞんぶんに味わえる贅沢な一品。ポンテナークをはじめ、本店にはない限定商品が全部で4種類あるので要チェックだ。

ライターのおすすめ

昨年のGWは、1日1000本売れた日もあったというのも納得のソフトクリーム。このGW期間中は、数量限定でミルクチョコ×ビターチョコのソフトクリームが登場するそうです。食べてみたい!

並河智子

人を知ること、街を知ること、新たな出会いがおもしろいなぁとライター仕事を満喫中。

スポット詳細

関西観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+