* menu
閉じる

パイナガマビーチ

市街地から一番近い
徒歩で行けるビーチ

writer:編集部(2016.02.29)

写真1
  • 写真1
  • 写真2
  • 写真3
  • 写真4
  • 写真5

宮古島の数あるビーチの中で市街地より一番近いパイナガマビーチ。近隣の宿泊施設や飲食店やお土産品店などが立ち並ぶ繁華街から、徒歩5〜15分ほどの場所にある。周囲には住宅街があり、島民の憩いの場としてよく利用されている。夏は海水浴を楽しむ観光客で賑わう。

Point1

パイナガマビーチの由来

パイナガマとは、宮古島の方言で「パイ」は南を意味し、「ナガマ」は
長(ナガ)い浜(ハマ)が訛った言葉から、その名前がついたと言われて
いる。かつては美しく長い砂浜があったが、現在は港湾開発により、そのほとんどが埋め立てられている。わずかに残っている砂浜のある場所が現在のパイナガマビーチとして観光客や市民に利用されている。

Point2

観光客や地元の人も多く利用する

夏場はクラゲの侵入防止ネットが張られるので、安心してマリンレジャーを楽しむことができる。海水浴を楽しむのに最適のビーチ。東屋があり、休憩をしに来る地元の人も多く利用する。また夕日の沈む美しい景色が見られるスポットとしても人気がある。

Point3

遊歩道があり散歩にも最適

パイナガマビーチの隣には南国の植物に囲まれた遊歩道があり散歩に最適。心地よい海風が吹き抜け、歩いているととても気持ちが良い。一番奥まで行くと海が見渡せる東屋があり、パイナガマビーチや平良港が一望できる。椅子とテーブルがあるので休憩にも利用できる。

スポット詳細

アクセス

沖縄観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0