* menu
閉じる

お土産お土産

2016.12.13

ニッポンの素晴らしさを再発見
青山スクエアで逸品をゲット!

writer : 西宮めぐみ

青山スクエア内観
「伝統工芸 青山スクエア」は、全国各地の伝統的工芸品が集められた日本唯一のギャラリー&ショップ。織物や染色品、陶磁器や漆器など常時3500種類が展示・販売されています。実は手頃な価格の品やイマドキなデザインの品などもあって、お土産ショッピングにもおすすめ!さらに、期間限定の特別展や、匠の技が見られる実演コーナーなどショッピング以外のお楽しみも盛りだくさんなのです。

東京を代表するオシャレな街・青山で伝統と匠の技に触れる

地下鉄「青山一丁目駅」から歩くこと約5分。赤坂郵便局とカナダ大使館の中間くらいに「伝統工芸 青山スクエア」はあります。東京のオシャレタウン青山らしく洗練デザインのエントランス。扉の向こうには日本各地から集められた伝統的工芸品の数々が並んでいます。
伝統工芸 青山スクエア入り口

多種多様な工芸品の中から自分好みを選ぶ楽しさ

「日本にはこんなに色々な工芸品があるんだ!」目の前にズラリと並ぶ品々に驚かれる方も多いかもしれません。塗り椀ひとつとっても、作られた地域や用途によって形も風合いも全く違いますし、実際に手に取ると違いがさらに実感できます。様々な品を比べて、より「好き」と思える品を選べるのも、全国の品が集まる青山スクエアならではですね。
多種多様な工芸品

めったに見られないような貴重な工芸品で目の保養を

貴重な工芸品や作家の名品などを間近に見ることができるのも、青山スクエアの大きな魅力の一つ。明るい照明にゆったり配置されていて、繊細な細工や色合いの美しさをしっかり堪能できます。
明るい照明にゆったり配置された工芸品や作家の名品
貴重な工芸品

日常使いの逸品は手頃なお土産にもおすすめ!

陳列された商品は、一部を除いて実際に手に取ってみることができます。毎日使う品なら、デザインだけでなく使い勝手の良い物、自分の手に合う物を選びたいですよね。きれいな和紙製品やハンカチ、手頃な小物類などもいろいろあって、お土産にもおすすめです。
手頃な小物類

特別展や実演コーナーも要チェック!

期間限定で開催される特別展では、展示・販売だけでなく制作体験や工芸士さんのトークショーなどが行われることも。匠の技を間近に見られる実演コーナーも人気です。スケジュールなど詳細は青山スクエアのHPで。

さりげないディスプレイにも伝統工芸の魅力が

店内中央の柱に配された美しい切り絵のような色とりどりのパネルは伊勢型紙。和紙を加工した型地紙を彫刻刀で丹念に掘り抜いたもので、友禅や浴衣、小紋などの柄や文様を着物の生地に染める際に用います。
隣の面には色合いの違う板のパネルがずらり。伝統的工芸品に使われる主な木材の見本で、微妙な色合いや質感の違いに日本の工芸品の繊細さが窺えます。
美しい切り絵のような色とりどりのパネル

地図やジャンルで工芸品を検索可能!デジタルサイネージ

入口のすぐ横に設置されたタッチパネル式のデジタルビジョンは、全国の工芸品を調べたり動画を見たりできるデジタルサイネージ。店内で出会った気になる工芸品をレッツリサーチ
タッチパネル式のデジタルビジョン

ショッピング+αで心も充実の東京旅行を!

伝統工芸には、実際に見て、触って気づく魅力がたくさんあります。青山スクエアの明るくオープンな雰囲気の中、「きれい!」「素敵!」から始めてみては?そして伝統的工芸品の魅力に触れ、日本の素晴らしさを感じたら、東京旅行もより心豊かに楽しめそうですね。
※商品を手に取る際は傷つけぬよう十分ご配慮ください。
青山スクエア

スマートポイント

  • ショッピング金額の5%のポイント還元が受けられる「友の会」。入会時にカード発行手数料500円を支払えば、年会費は無料。有効期限もなし。金額次第では一度でお得になるので、ショッピング前に入会を検討してみて。
  • 店内中央やエントランス脇のディスプレイスペースの季節展示にもご注目。斬新なアイデアや洗練されたデザインに、伝統的工芸品のイメージがガラッと変わってしまうかも?!
  • 毎月第2火曜日の13時~16時に開かれる「工芸品クリニック」では、事前予約制で塗り物や焼き物の修理や保存の仕方などの相談ができます。相談はなんと無料!(修理の場合は費用がかかります。)

ライターのおすすめ

入口やレジの横に置かれている「全国工芸品マップ」。経済産業大臣指定の伝統的工芸品215品目がイラストで産地ごとに描かれた日本地図で、どこにどん工芸品があるか一目瞭然。無料とは思えないスグレモノで、おすすめです。

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0