* menu
閉じる

グルメグルメ

2015.12.21

風情あふれる隅田川沿いで
味わう粋な江戸グルメ!

writer : 西宮めぐみ

どじょう鍋
東京・浅草グルメで必ず挙げられるどじょう鍋。良質なタンパク質とビタミンが豊富などじょうは、疲労回復のスタミナ食として江戸時代から庶民に愛されてきました。江戸時代「大川」と呼ばれていた吾妻橋辺りの隅田川沿いには、東京と名の変わった今もなお“江戸の美味”で人々の舌を喜ばせてくれる名店があります。スカイツリーや浅草観光と共に、江戸の美味を楽しみつつ旅の疲れを吹き飛ばしましょう!

老舗のどじょう料理店はオープンキッチン!

ひら井
ひら井の店内
「ひら井」の創業は1903(明治36)年。清潔感あふれる落ち着いた店内には、テーブル席、小あがり、カウンターとあって、用途に合わせて食事が楽しめます。調理場でひとり手際よく調理するご主人の姿も粋で良い風情です。

まな板でぴちぴち跳ねる活きの良さ

使うどじょうは全て国内の天然物。注文が入ってからさばかれ、鍋に並ぶ姿はつやつや。見るからに美味しそう!割り下はほどよい甘みですっきりした醤油ベース。各卓のコンロでぐつぐつ煮るうちに出汁のきいた割り下とどじょうの良い香りが。うーん、堪りません!
どじょう鍋

じっくり焼いた風味とギュッと詰まった旨みのくりから焼き

くりから焼き
どじょう料理は、どじょうを丸ごと使う「丸鍋」(2,170円)、背開きにして骨と内臓を抜いてゴボウと煮る「ぬき鍋」(2,280円)、開いたどじょうを卵でとじる「柳川鍋」(2,280円)のほか天ぷらなど。開いたどじょうを串に刺して香ばしく焼いた「くりから焼き」(1,250円)は、この店オリジナル。カリッとした食感とコクが後をひきます。そのほか、旬の一品料理もどうぞ!
アサヒビール本社

浅草から吾妻橋を渡って行くのがオススメ

最寄りは本所吾妻橋駅ですが、浅草駅から吾妻橋を渡って行っても6~7分程度。吾妻橋から見えるアサヒビール本社ビル&モニュメント&スカイツリーのそろい踏みは絶好の東京風景。思い出の1枚を、ぜひ。

のれんの向こうには江戸の味わいとおもてなし「駒形どぜう」

「駒形どぜう」は1801年創業。TVのグルメ番組でもよく紹介される200余年の歴史を誇る老舗です。江戸時代の商家造りの建物を入ると江戸情緒いっぱいの入れ込み座敷がお出迎え。
駒形どぜう
店内

江戸時代にタイムスリップ!中庭を眺めながら舌鼓

かな板と呼ばれる板においた鍋を、座布団に座ってつつけばすっかり江戸っ子気分!地階、2階、3階はそれぞれ椅子席や堀こたつ式テーブルの小部屋になっているので、座敷が苦手な方も安心ですよ。
どぜうなべ

江戸から変わらぬ美味さの鍋は甘味噌仕立て

この店のおすすめは、厳選したどじょうに独自の下ごしらえをし、浅い鉄鍋に並べ、炭火の上でこまめに割り下をさしながらたっぷりとネギをのせていただく「どぜうなべ」、開いて骨や頭を取り除いた「どぜうさきなべ」、さきなべを卵でとじた「柳川なべ」(すべて1,750円)のほか、唐揚げや蒲焼なども。冬季限定の「なまずなべ」(2,000円)も醤油だれでじっくり煮込んだ江戸っ子好みの味に仕上げられています。

隅田川を挟んで、東に「ひら井」、西に「駒形どぜう」

「ひら井」と「駒形どぜう」は隅田川を挟んだ徒歩圏内にあります。「ひら井」から吾妻橋を渡り、隅田川沿いを南へ下ると15分ほどで江戸通りに面した「駒形どぜう」に到着。途中、川沿いに雰囲気の良いカフェや「浅草むぎとろ」など風情あるお店もあるので、グルメツアーも良いですね。

スマートポイント

  • 「ひら井」で一目ぼれしたのがカウンター席。活きの良いどじょうを鮮やかな手際でさばいては美味しそうな料理に仕上げていくご主人の仕事ぶりに惚れ惚れ。旅先でひとりフラリとカウンターでどじょう鍋、なんて粋ですね~。
  • 河治和香さんの小説「どぜう屋助七」の舞台は「駒形どぜう」。江戸~明治の激動の中、店の暖簾を守ろうと奮闘する主人の物語で、「全編を覆うどぜう鍋の匂いが堪らない」との書評も。食べる前に読む?読んでから食べる?
  • どじょうは魚類の中で最もカルシウムを多く含むとも言われていて、なんと7匹で1日分のカルシウムが摂取できてしまうそう!鉄分も豊富で、実は女性に嬉しいヘルシー食材です。

ライターのおすすめ

「食べ慣れないのでちょっと不安」という方には「柳川鍋」がオススメ。開いて骨と内臓を取ってある上、ささがきゴボウと一緒に卵でとじてあるので味わいもマイルド。初めての方やお子様でも食べやすいですよ!

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

3+