* menu
閉じる

グルメグルメ

2016.08.31

浅草のご当地ビールは英国風
雷門から徒歩8分の隠れ家パブ

writer : ハタレイコ

ご当地ビールやクラフトビール
ご当地ビールやクラフトビールの流行の波を受け、グルメも大注目のマイクロブリュワリー。小規模の醸造所です。その多くは飲食スペースを併設し、出来上がったビールをそのまま楽しめるよう工夫されています。そんな自家醸造ビールを提供するお店が東京にも増えていますが、浅草にある「カンピオンエール ブリティッシュパブ&ブリュワリー」は、本場英国風のエールと本格的パブ料理が楽しめるお店です。

浅草寺とかっぱ橋道具街のちょうど中間、アクセス抜群

最寄駅は田原町か、つくばエクスプレスの浅草駅。大通りから入った静かなところにグリーンの背景に赤い文字の「CAMPION ALE」の看板。こちらが、ブリティッシュパブ&ブリュワリー「カンピオンエール」です。「浅草地ビール」の文字も目立ちます。
外観

ブリティッシュスタイルのエールはじっくり味わって!

店内に入るとガラス張りの醸造スペース。ここでビールを仕込むそう。カウンターの後ろには醸造タンク。カンピオンエールのビールは英国で長い歴史のあるエール(上面発酵)タイプ。こだわりの英国産モルトとホップの香りを活かすため、あまり冷やさず供されます。キンキンに冷やして喉越しを楽しむ、というのではなく、じっくりビールの旨みを味わうことができます。
ガラス張りの醸造スペース

その時々のビールが楽しめるのも嬉しい

自家醸造ビールのメニューは常時3〜5種類。季節によって作るビールを変えているそう。この日は、伝統的な英国ペールエールのBITTER(ビター)、苦味が特徴のIPA(インディアンペールエール)、小麦麦芽を使ったWHEAT(ウィート)に、特別醸造ビールが提供されていました。タンクから直接つながるタップから注がれるビールは、味も風味も抜群!
醸造タンク

オーダー時にお金を払うキャッシュオン形式

好みのビールを選んだら、サイズをチョイス。UK1/2Pint(パイント)600円、UK2/3Pint 750円、UK1Pint 1,000円。UK1Pintが568mlですから、1/2Pintは300ml弱ということになります。たった300ml?と思ったあなた、泡がほとんどなくしっかりとした味わいのエールは300mlでも思った以上の飲みごたえ。いろいろな味を楽しみたい人は、1/2Pintをおすすめします。
季節ごとに変わるビール

ぜひ食べて欲しい「フィッシュアンドチップス」!

そんな英国風のエールを飲みながら食べたいのは、なんといってもイギリスの国民的グルメ、フィッシュアンドチップス! 自家醸造ビールを衣に混ぜて、フライにした舌平目(カレイ)は大きくてボリューミー。モルトビネガーをかけてタルタルソースとグリンピースを潰したマッシーピースを添えれば、イギリスのパブにいる気分!?
バラエティ豊かなフードメニュー

食べ応えのあるバラエティ豊かなフードメニュー

他にも「ステーキとチーズのパイ」はボリューム満点。また、フライドカマンベールには、クランベリーソースが添えられています。定番のフライドポテトやオニオンリングスなど、パブ風グルメが勢ぞろいしています。
ステーキとチーズのパイ
フライドカマンベール
オニオンリングス

東京観光の合間にサクッと地ビールを楽しめます!

平日は夕方17時から、土日祝日は、12時からオープン。チャージはなく、ニコニコ現金払いなので、気軽に1杯が楽しめます。ここ東京・浅草でしか飲めない、自家醸造ビールを観光の合間に軽く楽しんでみてはいかがでしょうか?
店内

スマートポイント

  • フィッシュアンドチップスのフィッシュは+500円で魚1尾追加可能(Lサイズ)。人数分オーダーしてくださいね!
  • 1階は、テーブル席が1つとハイテーブル、2階はゆったりとしたテーブル席。サクッと飲みたい時、ゆっくりしたい時、状況に応じて選べます。
  • ファミリーにも嬉しい、お子様OK。ソフトドリンクもあるので安心です。

ライターのおすすめ

自家醸造ビールは美味しい! 醸造したそのままのビールが飲めるので、味わいも香りも生き生きとしています。私の好みはフルーティーで甘い香りのWHEATですが、男性陣は苦味のあるIPAなどがお好みのようですよ。

ハタレイコ

九州出身、食いしん坊部屋。美味しい食べ物とお酒が欠かせない性分のPRコーディネーター。日本の伝統文化に興味があり、少しずつ歴史ある街の散策を始めている。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0