* menu
閉じる

グルメグルメ

2017.12.19

鳥料理 玉ひでは親子丼の元祖
日本橋で老舗の味を噛みしめる

writer : 玉置美景

日本橋の老舗 鳥料理「玉ひで」
長寿と学問の小網神社や安産祈願の水天宮などが立ち並ぶ日本橋人形町には親子丼発祥のお店「鳥料理 玉ひで」があるのです。
宝暦十年(1760年)から続く老舗でありながら、ランチタイムの「親子丼」は1,500円というお手頃価格です。トロトロの卵と歯ごたえしっかり目の鶏肉(軍鶏)は相性ばつぐん! 人形町の歴史が詰まった伝統の味わいと、江戸情緒を噛みしめてみてはいかがでしょうか。

ランチタイムの「鳥料理 玉ひで」前はUターンポイントつきの行列が!

谷崎潤一郎生誕の地や西郷隆盛の住居跡から徒歩数分の所にある「鳥料理 玉ひで」。親子丼発祥のお店としてあまりにも有名です。
ランチタイムは毎日、長い行列ができています。近隣に観光スポットが多いこともあり「東京に来たらぜひ食べて帰りたい」と並ぶ観光客の方が多いのだとか。取材の日も、雨模様にも関わらずお昼前には数十メートルもの行列ができていました!
玉ひで外観
ランチタイムの長い行列

割り下と卵が入り交じるトロ~リ感の中、歯ごたえしっかりの軍鶏を噛みしめる

「鳥料理 玉ひで」一番のオススメはやっぱり定番の「親子丼」。
五代目女将・とくさんが考案した元祖の親子丼の味を守りつつ、八代目当主・耕之亮さんが「軍鶏の美味しさを広めたい」と作り上げてきた味わいです。卵が固まるか固まらないか…… の境目を捉えた卵とじの舌触り、そして噛みしめるたびにコクがジワジワにじみ出るお肉の存在感が圧巻です。
定番の「親子丼」。

コラーゲンや鉄分、ローカロリーなど親子丼のバリエーションも豊富です

手羽・もも・むね肉入りの「“ざんまい”親子丼」は、定番の「親子丼」に熟成手羽肉を加えたもの。人形町の歴史巡りをしてちょっと代謝アップしたタイミングで、コラーゲンをたっぷり摂取してしまいましょう。
フォアグラのような白レバをプラスした「親子丼」
「白レバ親子丼」はフォアグラのような白レバをプラスした「親子丼」です。鉄分豊富なのが嬉しいですね。
「白レバ親子丼」
「極親子丼」は炙った熟成軍鶏のささみ入り。食べごたえがあって高タンパク&ローカロリーなのが魅力的です。
炙った熟成軍鶏のささみ入り「極親子丼」

シンプル素材を煮込んだスープがじんわりとお腹に吸収されるのです

「親子丼」にさりげなく添えられたスープの優しい塩味が、歩き回った後の身体に染み渡ります。
このスープの材料はなんと、鶏肉と昆布と塩だけ! 化学調味料とは明らかに異なる自然な濃厚さは、上質な素材を組み合わせてコトコトと煮込んだこだわりの賜物だったのです。
上質な素材を組み合わせてコトコトと煮込んだスープ

日本橋に来たからには料亭気分で「親子丼」を食べるのも乙なもの

コース料理を食べるなら、料亭のような個室でゆったりしてみてはいかがでしょうか。
ランチなら「親子昼膳」なら「親子丼」に軍鶏時雨煮やコラーゲンスープがついて3,300円です。
「親子丼」に軍鶏時雨煮やコラーゲンスープがついた「親子昼膳」
夜の「鳥料理[軍鶏]~華(膳)~」は「親子丼」に時雨煮、コラーゲンスープ、珍味盛り合わせ、ムネも肉レア和えなどがついて6,800 円。スタッフの粋な和服姿も江戸気分を盛り上げます。
「鳥料理[軍鶏]~華(膳)~」

「鳥料理 玉ひで」には持ち運びしやすいお土産もしっかりと揃っています

「鳥料理 玉ひで」監修のお土産も購入可能です。「軍鶏めしの素」「軍鶏カレー」「軍鶏鍋」を使うと、自宅でも本格的な鳥料理を楽しめます。イチオシは950円の「玉ひでの七味」。和胡椒と黒七味がピリッときいていて、家庭料理の味をぐっと引き立ててくれるのです。
お土産におすすめ「軍鶏めしの素」「軍鶏カレー」「軍鶏鍋」

スマートポイント

  • 「親子丼」に添えられたスープは500円でおかわり可能。素材の旨味が凝縮されたスープに魅せられて、おかわりするお客様も多いのだとか。
  • 「親子丼」を食べる時に出されるスプーンが朱塗りなのは「口紅が食器につくのを気にしないで食べられるように」との心配り。スプーンの縁が薄いもの食べやすさアップのポイントです。
  • 店内のあちこちにある鶏アートがあるのは鳥料理のお店ならでは。さりげなく飾られた逸品をさがしてみるのも楽しいですよ。

ライターのおすすめ

「お昼に並ばないで食べるコツってありますか?」と八代目店主・山田耕之亮さんにダイレクトにお聞きしたところ「13:00~13:15に来ると比較的、並ばずに入れますよ」という耳寄り情報をご提供いただきました!

玉置美景

秋田県出身。ペット、グルメ、人物取材などを得意とするフリーライターとして活動中。
猫の書籍を何冊か上梓している。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

1+