* menu
閉じる

季節特集季節特集

2016.12.14

新しい年をおいしくスタート!
ホテルで優雅におせちはいかが

writer : Naomi

おせちが楽しめるレストラン
年末年始を旅行先で過ごすことも増えた近頃。元日から外食チェーン店はオープンしていて便利ではありますが、きちんとした「おせち」を提供するお店は少なく、なかなかお正月らしい気分を満喫するのは難しいとお嘆きの方もいらっしゃるのでは? でも、さすが観光都市東京!おいしいおせちを提供しているレストランもあるんです。お正月を東京で過ごす方のために、おせちが楽しめるレストラン2軒をご紹介します!

絶景と共に楽しむ【元日おせち朝食】が大人気!

東京の東に位置する錦糸町は、国際線空港やターミナル駅のアクセスも良く、浅草や銀座など人気の観光地も近いとあって大人気。その錦糸町にある東武ホテルレバント東京の最上階からの展望が自慢、わずか1.5km先にそびえる東京スカイツリーを眺めながら上質な日本料理が楽しめるのが「スカイツリー(R)ビューレストラン&バー簾(れん)」です。
スカイツリー(R)ビューレストラン&バー簾(れん)

実力派ホテル自慢のおせちを堪能しましょう!

素材を大切にし、はしり、旬、名残りを献立に取り入れ、器との彩りの美しさを考えた季節感あるお料理を信条に掲げる調理長の下、腕利きの料理人が作るおせち料理は目にも華やか。和洋のおせち料理に加え、サラダやフルーツなどがビュッフェ形式でいただけます。プロが仕上げたおせちを頂けるなんて贅沢の極み!おせちだけでなくお出汁のきいたお雑煮も頂けるのが嬉しいですね。
腕利きの料理人
目にも華やかなおせち料理

人気の秘密はこの絶景。残席わずかのため、ご予約はお早めに!

元旦おせち朝食は6時30分〜と8時30分〜の二部制。2017年、レストラン簾から見える日の出は6:48a.m.頃とのこと。一部の6:30a.m.からの予約が取れれば、絶景の日の出が見られるかもしれません!初日の出を見ながら美味しいおせち、良い年になる予感でいっぱいです。二部でももちろん、清々しい元旦のスカイツリーを眺めながらの朝食が堪能できますよ。
(ご予約時には、満席となっている可能性がございます。予めご了承ください。
初日の出

コンセプトは「気軽に食べに行くおせち」!

創業118年、ミシュランにも掲載された「ホテル龍名館お茶の水本店」はおせちを取り巻く環境の変化に注目し、2015年からおせちのビュッフェをスタート。
気軽にというコンセプトもうけ、今では新年を都内で過ごすツーリストだけでなく、都内に残る若い人や子離れしたご夫婦など、様々な年代の方から毎年楽しみ!と大好評だそう。
栗きんとん

本格的な伝統の味をたくさんいただきましょう!

来年は平成29年にちなんで、なんと29品目のおせち料理が用意されるそう。
紅白の布が敷かれたビュッフェ台には数の子や黒豆、伊達巻などの伝統的なお正月料理が並びます。クワイやレンコンなどの縁起物の食材は和食の職人が12日間かけて仕込むというから驚き!プロの手の込んだおせち、是非食べてみたいですね!
伝統的なお正月料理
プロの手の込んだおせち

これがなくっちゃ!賑やかに毎年恒例のお楽しみ!

ホテル龍名館お茶の水本店では、元日に宿泊者以外も参加可能な「餅つき大会」を開催しています。つきたてのお餅はきな粉や餡子、海苔に大根やお雑煮として振る舞われます。古き良きお正月の賑やかさや、温かさが感じられるイベントを旅先で味わえるのは嬉しいですね!
餅つき

スマートポイント

  • どちらのホテルも宿泊しなくても、おせちビュッフェを楽しむことができます。ただし完全予約制。早めに年末年始の予定を決めましょう!
  • おせちを食べたら、是非初詣へ。東武ホテルレバント東京の近くには、東の宰府「東宰府天満宮」又の名を「亀戸宰府天満宮」といわれた亀戸天神社があります。
  • ホテル龍名館お茶の水本店からは神田祭りで有名な神田明神や学問の神様、湯島天神が徒歩圏内です。

ライターのおすすめ

おせち料理、いつかは手作りしてみたいと思ってはいるのですが、なかなか難しいですよね。手作り出来るようになるその日まで、プロの料理人さんのおせちで目も味も勉強させて頂きたいと思います!

Naomi

東京都出身
天真爛漫自由奔放をモットーに、10代の頃よりモデルや俳優として活動。
パーフォーマーとして以外にもエステティシャンやネイリストの技も学びつつ、30代、今だから、これからだから出来るアレコレをもっと楽しめるオトナを目指して毎日好奇心旺盛に謳歌中。旅と食がともかく大好物!

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0