* menu
閉じる

観光観光

2019.09.25

都内屈指の夜景スポット西新宿
デートの締めくくりにいかが?

writer : 西宮めぐみ

都庁からの夜景

写真・東京都提供

「新宿副都心」とも呼ばれる西新宿エリアは、さまざまな高層ビルが林立する、都内でも屈指の夜景スポット。その中でも今回ご紹介する東京都庁と住友新宿ビルは、どちらもふと思い立って行くことができる、お手軽さが嬉しいオススメのスポット。同じビル内に夜景が楽しめるレストランもあるので、「天気も良いし、今夜はきれいな夜景が見られそう!」なんて時、デートコースにさりげなく入れてみてはいかがでしょう?

日本の首都・東京の都庁から眺める高さ202mの絶景

西新宿の高層ビル群の中でもひときわ目を引く東京都庁。お目当ての展望室は第一庁舎の45階、展望室専用エレベーターで昇ります。地上202mの高さからの眺望はまさに絶景!しかも入室無料!「眺望を楽しみながら東京や都政に対する理解と関心を深めていただく場」という役割を担っています。
東京都庁外観

©(公財)東京観光財団

東西南北ぐるりと東京のパノラマを堪能

東京都庁の展望室は北展望室と南展望室に分かれていて、東西南北の眺望が楽しめるのが大きな特長です。北東方面を見れば東京スカイツリー、南東方面なら東京タワー、南西方面には東京オペラシティ、そして北西方面には天気の良い日には富士山が!朝9時30分から一部を除いて夜11時まで開いているので、爽やかな朝の景色から煌びやかな夜景まで様々な東京の顔を堪能できますよ。
南東方面の眺め

写真・東京都提供

北西の眺め

写真・東京都提供

レストランでゆったり楽しむのもオススメ!

第一本庁舎北展望室にあるレストラン「Good View Tokyo」では、アジアのリゾートホテルのラウンジをイメージしたインテリアの中、美味しい料理と共に絶景が楽しめます。ディナーなら「夜景確約席」のネット予約が可能。アフタヌーンティーセットをオーダーして、陽の傾きと共に刻々と変化する景色を眺める優雅なティータイムも良いですね!デート、女子会、ファミリーそれぞれに楽しめるスーパービューレストランです。
Good View Tokyo内観

“空に浮かぶグルメ街”にある新宿住友ビル展望ロビー

地上52階、白い三角形ののっぽビル。新宿住友ビルは「サンカクビル」の愛称で親しまれている新宿高層ビル群の草分け的存在です。48階~52階には、レストランやカフェ、バーやパブなど様々な店が立ち並ぶ「空に浮かぶグルメ街」。そして51階フロアの一角には、迫力の夜景が楽しめる無料の展望ロビーがあります。
新宿住友ビル外観

高さ200m、180度の開けた眺望を堪能

三角形の一角なので、南西方面の東京都庁から北西方面の中野・高円寺まで、ほぼ180度にわたって眺望が楽しめます。天気の良い時には富士山もくっきり見えるそう!夜は、夜景を堪能できるよう、室内の照明が暗めに設定される嬉しい配慮も。比較的空いているので、デートの待合わせ場所に利用しても素敵ですね。
南西方面(都庁方面)の夜景

見てから食べる?食べてから見る?

デートだったら、やはり夜景もゆったりと楽しみたいもの。48階~52階のレストラン街にはリーズナブルな値段で楽しめるお店がたくさんあります。また、大きな窓やカップルシートなど、夜景をより満喫できるように工夫を施した店も。軽く展望ロビーでおしゃべりを楽しんだ後、レストランでゆったりとロマンティックな夜景を楽しむもよし、食事の余韻と共に静かなロビーからきらめく夜景をしっとり楽しむもよし。楽しみかたは、あなた次第。ぜひ素敵なデートに活用してみてください。

※こちらは、公開日が2016年2月13日の記事となります。更新日は、ページ上部にてご確認いただけます。

スマートポイント

  • 都庁展望室の閉室等の情報はツイッターで確認できます。気軽に行けるだけに「出かけてみたら閉まってた!」なんてことにならないように。備えあれば憂いなしです。 https://twitter.com/tocho_tenbou
  • 西新宿から富士山を望むのに最適なのは「気温が低くて見通しがきく12月~2月の晴天日」だそう。朝起きて良いお天気だったから、富士山を眺めに朝デート。なんていうのも素敵かも。
  • 西新宿の夜景はオフィスビルが多いというのが特徴。そのため、多くの企業が休みとなる週末や祝日より、平日の方が光が多くてキレイな夜景が楽しめます。

ライターのおすすめ

西新宿には他にも、新宿野村ビルや新宿センタービルに、レストランフロアの一角に無料で利用できる展望ロビーがあります。それぞれ見え方も違うので、夜景巡りツアーをしてみるのも面白いですね!

西宮めぐみ

東京都出身。その土地の味を通して、その地の魅力や文化に触れるのも、旅の醍醐味!レストラン広報時代に鍛えられた胃袋ありがとう。一人旅好き。

スポット詳細

東京観光モデルコース

記事検索

ツアー検索

0